2006年03月03日

◆流石メール様から500円入金4

→流石めーるから500円入金がありました。
今回の入金で合計2,500円の獲得となりました。

→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング

→管理人の収入経過のページ かも?


もちろん、配信数が多く深夜を除き満遍なく配信されているのですが、最近はクリックの売り切れが早くなってる感じがします。そのため時間が取れない人は大量のメールを破棄しなくてはなりませんが、メールごとにクリック総数が分かるので、それをもとに売り切れていそうなメールはクリックすることなく破棄することになります。

面白いのは、クリック数4500ぐらいのメールは売り切れてるのに、クリック数2500のメールが生き残っていることがあることです。4500が売り切れてるなら、2500はメールURLをクリックしなくても売り切れてるにきまってるだろ!という人が多いんだとおもいます。(笑)

→流石めーるに登録してみる

企業が運営しているサイトで、クリック限定数のない広告メールがあります。(いつまでにクリックしなければポイント加算されないという期限はあります。)
このタイプの広告メールで「紹介者からの継続報酬を加算」するところはあまりありません。ということで、継続報酬のあるところ、特に自力でも稼げるところはオススメのサイトになります。最近紹介したポイントベンチャーは特におすすめです。

→ポイントアドベンチャー
・・メールクリックとサイト内の「宝探し」(毎日)。宝探しは、なかなか当たりがでなくなりました。そのかわり当たると、10円とか15円とかの高ポイントになりました。メールクリックで自力でも稼げるうえに、クリック限定数もありません。
しかも、紹介報酬が10%です。

→Get Money
・・継続的にポイントを獲得しないとポイントが無効になりますが、配信メール(10P=1円)のクリックを忘れなければ問題ありません。ここは、一定の条件(無料会員登録など)で2週間「確率2分の1の倍々カードゲーム」に挑戦できます。しかも、はずれた場合でもポイント没収されないため、かなり良心的というか太っ腹な運営企業ということができます。あと、カード作ったり、なんらかの都合でお金を借りたいとき、ここのサイト経由で申し込めば本人にポイントが還元されるんです。しかも、提供企業数も多いのも特徴です。積極的に使えば、リードメールよりも稼げるサイトということができます。当サイトの広告メール分野の稼ぎTOPになる日も近いかもしれません。


→Point in
メールはほぼ毎日配信されますが、主にサイト訪問でコツコツ稼げるサイトです。
メール内の「本日の番号」をつかって「メールポイント」を獲得できます。そのほかに、通常ポイント、クリックポイント、ゲームポイントがあります。

→まんぷく島
改めてとりあげたいサイトです。メールクリックとサイト閲覧で「どすこい」というポイント(1p=1円相当)を貯めていきます。現在、サイト閲覧だけで、かなりポイントが稼げる状態です。TOPページのサイト閲覧(3ポイント)、個人の部屋のサイト閲覧(2〜3ポイント)、毎日のお稽古訪問(1ポイント)、これにメールのクリックポイントが3〜4ポイント加わります。
紹介者からの継続報酬ポイントもあるのですが、サイト閲覧やメールクリックのポイントは除外されています。無料登録などのサービス利用についてのみ紹介者からのポイントがつきます。


→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング


2006年02月21日

◆「WEB 4 ad」様より1,ooo円入金あり。(2/20)4

※このブログももっと積極的に使っていこうということで、サイトに登録したり、入金があったりしたもののなかからピックアップしていく使い方もしていこうと思います。

今回は→Web4 ad.com
今回の入金で合計2,000円の獲得となりました。

→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング

→管理人の収入経過のページ かも?


このサイトはリードメール(継続紹介報酬付きの広告メール)の中でも老舗といえるサイトです。最近もたくさんのリードメールがでてきていますが、それと比較してもかなり高い評価を与えてよいサイトです。

【メール配信数が多い(単価は1通0.25円以上)】・・確かにメール配信数がもっと多いサイトもありますが、実はクリックの売り切れも早いのです。その点、ここは、登録者層や広告プランの関係からなのか、クリックが割と残っています。(※時間指定や性別・年齢指定の配信ができるサイトです。そういう事情もクリック数が割と長持ちする理由なのかもしれません。)

【多層窓OK】・・これはあまり大きな声でいいたくないんです(笑)。多層窓OKとは一つのメールの閲覧秒数が終了しないうちに、次のメールを別画面で開いて閲覧できることです。多層は広告主にとっては不利益になる行為ともいえるため、以前は多層OKだったサイトでも多層閲覧ができなくなってきています。※別画面で開く方法としては、右クリックでメニューから選択したり、キーボードのctrl のボタンを押しながらクリックするという方法があります。

【紹介制度・最低支払額】・・1次20%、最低支払額1、000円です。
管理人の現在の1次紹介者数は10人以下レベルです。

→Web4 ad.comに登録してみる

★クリック売り切れが気持ち(?)長持ちしてくれるサイト

最近登録したサイトでは、
→西成広告電信(単価0.25円以上 換金100円から)です。広告プランが変わったのか、以前よりは取れるようになりました。

それ以外では、老舗のリードメール
→Positive Clickです。
メールがクリック限定付きのものか、そうでないか分かるように配信してくれます。
クリック限定付きは、流石に恐ろしく売り切れが早いです。それ以外は1日1回のチェックでもOKです。

このサイトには「私の子供やひ孫」(紹介者)が結構いるのですが、配信数自体は減ってきているのがちょっと残念です。他が増えすぎたのでまあ仕方ないというところです。


→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング


2006年02月17日

◆FBI、ねずみ講の疑いの12dailyPro.com(オートサーフ)を調査へ1

最近、いわゆる小遣い系サイトのブログまでも投資系のオートサーフが上位にきていました。
→人気blogランキング(アフィリエイト・お小遣い稼ぎ)へ


それでまあ、資金の増え具合が半端じゃないことから、(意識していたかもしれないけれど)リスクも省みず無謀な投資に走ってしまった人も多いようです。

競馬の馬券を買うつもりぐらいな気持ちで投資していた人はどれほどいたでしょうか。競馬の馬券は当たれば「超高利回り」ですが、外れたらゼロになる という感覚です。つまり、ゼロになることもカナリの確率で起こることも考えて投資の額を決めていたかどうかです。運用成績などに関係なく「超ハイリターン」を約束することに対し、どれだけ稼げるかということだけでなく、超ハイリスクの認識をもってやっていたかどうかです。(海外の金融期間を経由するのももちろんリスクの一つです。)

表面上は「何らかの投資」で超高利回りを確保しているとうたっていますが、実際にどうなのかはわかりません。(日本でも、現役の国会議員の信用をもとに年利6%確保するとして資金を集め、実際は投資などしていなかった というオレンジ共済事件もありました。通常はこういうのはウソなのが多いのですが、この事件は実際に関与していたため議員の逮捕にまでなりました。)

つまり、運営者は「始めは実際に本当に超高利回り金を払い戻しして信用させ」、それによって投資会員を増やし、あとは、いかに「ピーク」のときに「ばっくれるか」のタイミングを計っているといってもいいでしょう。(注;資金の一部は、上手くいけば儲けも大きい商品先物のようなもので運用していた可能性もあるが、いずれにせよ運用に失敗したときはやることは同じ。騙しでないという前提でいうと、資金運用者の超ハイリスクの資金運用が上手くいくことを祈りつづけなければならないシステムだということです。もちろん宝くじなんかを大量に購入するよりは遥かに資金を増やせる確率が高いという見方もあるでしょう。)

ギャンブルでもそうですが、「いかに投資の途中で潮時を察知して資金を引き上げるか」は結構精神的に難しいのです。今回であれば、とりあえずそこそこ、いやかなり利益がでた段階でも「さらに再投資」してしまうわけです。つまり、投資で儲けを味わった人が、再度の投資をしないというのは、本当は損をしているわけではないのに損をしているかのような感覚になるわけです。

次のようなニュースを目にしました。
FBI、ねずみ講の疑いの12dailyPro.com(オートサーフ)を調査へ


米連邦捜査局(FBI)は、違法商法「ポンジー・スキーム」(ねずみ講)の疑いが掛けられ、現在大半の運営を閉鎖しているインターネットマーケティング企業12dailyPro.comに対する調査を開始したと明らかにした。

 米ノースカロライナ州シャーロットにあるFBI事務所は2月15付で、12dailyProに対する「審査(アセスメント)」を発表するプレスリリースを発行した。それによれば、FBIはノースカロライナ州西部地区検事局と共同で、「本件についてさらなる連邦捜査が必要かどうか判断すべく」取り組んでいるという。

 The Wall Street Journalは先週、12dailyProがFBIや米証券取引委員会(SEC)など複数の州ならびに連邦機関の捜査を受けていると報じた。ただしFBI自身が関与を公式に認めたのは15日付のプレスリリースが初めてだった。

 この件の被害額は不明だが、12dailyProの運営企業担当弁護士は先日、同社が利用しているオンライン決済サービスStormPayによって凍結された金額は3000万〜3500万ドルに上ると示唆した。昨年春に立ち上げられ、最近まで急成長を遂げていた12dailyProに金を預けた顧客数は数万人と見られている。

 12dailyProサイトは、インターネット上に急浮上した数ある「オートサーフ」と呼ばれるWebサイトの中でも最大級の規模を誇っていた。Auto.ExchangeTrade.comやvegasurf.comといったオートサーフサイト同様、12dailyProでは、成長目覚ましいインターネット広告という合法的トレンドに便乗し、広告表示に合意する会員に高い報酬を保証した。

 12dailyProの場合、「会員」に対し、一連の広告を閲覧するだけで、12日間でメンバーシップ料金の44%の利益を約束した。これに批判的な向きは、この利率を合法ビジネスで実際に保証するのはほぼ不可能だとしている。会員は1回につき最高6000ドルまで投資可能で、同サイトへの広告掲載も可能だった。

 「ポンジー・スキーム」の名は、20世紀初頭米国に登場した悪名高きイタリア系移民の詐欺者、チャールズ・ポンジーに由来する。投資家に法外な利益を約束しながら、支払いを事業による収入ではなく、新たな投資家から得た資金で充当するという手法だ。

 12dailyProは、キャリス・ジョンソンという名前の女性が経営しており、同サイトは同じくジョンソン氏が経営するノースカロライナ州に登記されているLifeClicksという企業を通じて運営されていた。

 同氏は弁護団を通じ、12dailyPro会員への支払いが不能になったのはStormPayとの商事紛争のせいだとしている。ジョンソン氏は、過去に自身のサイトで12dailyProを合法ビジネスとして説明している。一方StormPay幹部陣は、12dailyProに詐欺の疑いがかけられたことを受け、支払いを凍結したと語っている。


→人気blogランキング(アフィリエイト・お小遣い稼ぎ)へ


(3月3日追加)やっぱり(というか)投資はしてなかったのか。
→米SEC、オートサーフ商法を摘発 世界で30万人被害


米証券取引委員会(SEC)は27日(現地時間)、いわゆる「オートサーフ」商法の大手業者『12dailypro.com』を、証券取引法違反で摘発したと発表した。インターネットを見るだけで高配当を得られるとうたっていたが、実際は新会員の出資金を現会員への配当に回す手口で、実態がなかったという。世界の30万人以上から5000万ドル以上を集めており、日本人も被害を受けたとみられる。

 同業者は1口6ドル、最大1000口で会員を募集。全員に毎日12ヵ所のウェブサイトを閲覧するよう指示し、その結果、集まった広告収入を分配するとうたっていた。わずか12日間で投資額の44%の配当を保証。全自動ソフトでサイトを巡回するだけなので、「オートサーフ」などと呼ばれ、会員を増やしていた。

 しかし、SECによると、会員への配当のほとんどが、新規会員の出資金でまかなわれていた。このため、詐欺的行為や無登録での証券業務に当たるとして摘発に踏み切った。業者は違法性を認めなかったものの、募集の停止、資産の凍結、管財人の管理下に入ることに同意した。

 日本でも多数のウェブサイトがオートサーフの仕組みや経験談を紹介しているため、かかわった人が少なくないとみられる。SECは、類似業者への注意を呼びかけた。





2006年02月15日

◆電脳卸〜リンク楽々自動作成ツール『D tool』3

前回はブログショップの話でした。そのなかでブログショップの核になるサイトといっていいのが電脳卸ということでした。電脳卸はサイトデザイン等の問題がありましたが、改善を重ね使えるようになってきたという話でした。

今日の話は電脳卸を更に楽チンにつかえる(無料)ツールの話です。
まずは、次の広告(↓)を見てください。

バイオミニブロック

■価格:3,675円(税込み)
■お届け:1週間以内
■この商品の説明

熱帯魚・観賞魚ファンに吉報!水槽の中に入れるだけ!バイオパワーでお魚イキイキ!!化学物質は一切なし!水質浄化の善玉菌EBBが大活躍!!かわいい魚たちの為なら水交換の苦労もかまわない!でも、従来の濾過対..
>> もっと詳しくはこちら
by D-tool


これは
d-tool
というコード自動作成ツールで作ったものです。キーワードとログインID,販売店IDを入力するだけで、あとはコピーして貼り付ければいいだけです。(デザインもいくつか選べ、もっとシンプルなものを選ぶこともできます。

これだけの簡単さならブログではなく、普通のホームページでもページをどんどん作成していけます。

電脳卸登録はこちら↓

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


★参考・アマゾンについてのコード自動作成ツールもあります。
たとえば、
G tool



→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング


2006年02月13日

◆ブログショップで小遣い稼ぎ3

アフィリエイトでショップを作る場合、ブログを利用する方法があります。

アフィリエイトについては、以前私の本サイトに解説を書いたことがありました。
「どうすればアフィリエイトで稼げるか?儲けられるか?」といったよくありがちな視点とはちょっと違う見方です。

アフィリエイトを行う個人は「物やサービスを売る企業とはやや違う立場にいる」ということです。もちろん、企業と同じ考えで、更には同じ立場にたって「とにかく売り上げや儲けが優先」と考えて頑張ることも否定しているわけではありません。しかし、個人で稼いで稼ぎが大きいから企業(法人)にしましたという方は「別の人種」(笑)なのです。本業にせずに副業でも稼げるというのがアフィリエイトが本来持っているいいところなのですから。


アフィリエイトは儲からない といういいかたも正しいのかもしれませんが一つの見方に過ぎないのです。

別の見方としては「アフィリエイトは損しない」というのがあります。いわゆる「初期費用」がネット接続代程度で「ビジネス」を始められるわけです。
損をしないということは、いい換えると「負けない」ということです。アフィリエイトを始めて儲からないといってやめた場合でも、負けた(=金銭的な意味で損した)のではありません。

★面倒くさい?

とはいっても、一部の人が取り組んでいるようにショッピングモールのような本格的なサイトを作るのも「面倒」です(笑)。「損をしない」といっても、つぎ込む労力と時間を考えると結果が出ない場合は割りに合わないと感じるのももっともです。

さて、以前と比べ、ネットの世界にも変化がみられるようになって来ました。
いわゆる「ブログの普及」です。ご存知のように、ブログとは日記形式のホームページのことです。

ブログの利点はいろいろありますが、
・簡単にページが自動的に作られる ということがいえます。

つまりSEO対策等も含め「面倒な部分」がこれを使用することにより大幅に省くことができるということなのです。

★ブログでショップ

ブログでショップ作りというのは、本格的に取り組むのでないかぎり「既存のレイアウト」の中から良さそうなものを選んでおこなうことになります。(面倒は少ないとはいえ、最初だけは、デザインの選択など決めていかなければならないことも結構あります。)

実は、ブログでショップっていうのは、(私の考えですが)すでにどのように運営していくかは決まっています。必死に楽天やヤフーのような総合ショップに近づこうと頑張るのは今日の日記の趣旨と異なります。

よさそうな商品アイテムを自分で選び、自分のペースで毎日少しづつ追加していくのです。どんな分野のどんな商品を選んだらよいかは残念ながら自分で決めていくしかありません。(一般には美容健康分野の商品の還元率は高いとはいえます。)

珍しい商品、あまり大手のサイトや近くの実際の店舗には置いていない商品を選び、商品説明を参考に紹介していきます。実はアフィリエイトに参加してきている企業自体の数は物凄い伸びを見せています。それに伴って提供する商品数も増えてきています。

★実践

テーマを決めて(あるいは特にテーマは決めなくても)「TVショッピング」のような感じで良さそうなものを紹介していくわけですが、実際の準備について話します。(細かい話ではないです。)

まず、ブログを借りなくてはなりません。中にはアフィリエイトを含めた商用利用が不可のブログもあります。商用利用が可能なブログの例は、たとえば、今私がここで使っているライブドアブログや、FC2ブログシーサーブログなどがあります。

有料になりますがホームページもつくれて、さらにブログも一人3個も持てる
ロリポップを借りることもオススメです。ブログではアマゾンの商品リンクもサイドバーに簡単に設定できます。私も借りていますが、初期費用を除けば6ヶ月間の使用料金がわずか1500円で済みます。(ただし、1日のアクセス数が何千にもなるようなサイトは厳しいかもしれません。)

⇒参考(安い費用で借りられるレンタルサーバーの広告)

次に商品をどこから選ぶかです。一つは「楽天アフィリエイト」です。ただし、報酬が楽天ポイントなので、代わりにA8経由で楽天市場リンクを作って現金報酬をもらう方法があります。(報酬はすべて1%)。ヤフーショッピングは商品画像は使用できませんがテキストリンクなら行うことができます。(報酬は現在3%)。ヤフーのアフィリエイトはバリューコマースで扱っています。⇒参考

実はこの記事を書くときに想定していたのは、大手の有名な代理店ではありませんでした。ということで、いろいろな分野の企業が参加していて商品リンクも使え、ユニーク商品もあり「ブログでショップ」の核になるようなサイトが次にあげるサイトです。

⇒電脳卸
⇒スマイル通販

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
スマイル通販オンラインショッピングモール・アフィリエイト参加者大募集♪


この2つの代理店はそれぞれの「総合ショッピングモール」をもっています。
また2tierという「(わずかですが)紹介した人にもマージンがいく」という仕組みを採用しています。商才のある方の登録も期待したいものですが、今日の話は、ブログでショップは面倒があまりないので他人に期待しすぎるのでなく(笑)自分が動いて稼ぎましょうという話です。

それ以外では「ビッダーズ」のアフィリエイトプログラムがあります。楽天のプログラムと違ってポイントを現金化することもできます。高い還元率のショップや商品も結構あり、リンク機能も充実しています。
アフィリエイトはビッダーズ!

メインは「電脳卸」でいいでしょう。ここは登録だけは早めにしていましたが、サイト自体が大手に比べて貧弱でした。何回かのシステム変更や一部の企業の努力もあり、やっとそれなりに使えるサイトになったといえます。

実はブログでショップという形は、私も始めたばかりです。
断言はできませんが、いいショップは次々と紹介したくなるような商品を準備してくれるということができます。自分の目で見て、自分の感性で選んでいけばいいのですが、割合簡単に「いいショップ」を見つける方法があります。それは、積極的に販売店にメールで情報を送ってきてくれるところです。参考にしてみてください。

★(その他)
ひとつのキーワードに対し、一緒にどんな単語と組み合わせて検索されているかわかります。たとえば「たまごっち」で入力すると「たまごっち」と組み合わせて「タウン」や「パスワード」と組み合わせて検索されているのがわかります。ブログショップでは「タイトル」が重要になりますので商品を取り上げるときにチェックし、さりげなくキーワードをいれるといった使い方もできるでしょう。地味だけど差をつけるツールといえます。
キーワードアドバイスツールプラスアクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録


→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング


2006年02月12日

◆ポイントアドベンチャーに登録してみよう5

前回紹介したように、ダブルクリックやキャンパラと運営が同じということで
期待したポイントアドベンチャー。
現在のところポイント獲得は配信メールのクリックとサイト内の宝探しがほとんどです。(無料登録などをすればポイントはさらにつくことになります。)

たとえば、2月11日のポイント獲得状況を見てみます。(ポイント獲得履歴をコピー)

2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 ポータブルDVDプレイヤーが398円で買えちゃうキャンペーン 宝探しポイント加算 3ポイント
2006/02/11 スクラッチ☆マスター 宝探しポイント加算 5ポイント
2006/02/11 MASTERS 宝探しポイント加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 10ポイント
2006/02/11 クリックポイント キャンペーン加算 5ポイント

計63p、つまり1日6.3円もいただけたことになります。
もちろん、サイトができて間もないうちは「ポイントを多めにして会員を増やす」という事情もあるでしょうが、それにしても稼げるサイトであることは間違いなさそうです。

→ポイントアドベンチャーに登録する

→最新アフィリエイト・小遣い稼ぎランキング



2006年02月08日

◆ポイントアドベンチャーに登録4

このブログもちょっとまあ活用を考えていかねばとおもいます。

今日は、『(株)プラコム』が運営するポイントアドベンチャーというサイトを紹介。

プラコムは あのダブルクリックやキャンペーンパラダイスを運営している会社。
参加している人は分かると思うけど、ポイントプログラムでは稼ぎ度数はトップレベル。
クリックだけでも相当稼げるし、無料登録も利用すればもっと凄い。
→登録する(長期で〜)

この2つの違いは、
ダブルクリックは 企画が多く楽しめながら稼げる。
キャンペーンパラダイスは、手間が少なく稼げる といったところ。

もちろん、この2つのサイトもオススメだが、もう一つ登録したいのが

→ポイントアドベンチャー

最大の特徴はサイト内の説明を引用させてもらうと。
「あなたの紹介でお友達が会員登録すると、紹介してくださったあなたに○○ポイントプレゼント致します。と、ここまではよくある話。

ポイントアドベンチャーでは、なななんと!なんとなんと!
そのお友達会員がその後ポイントをゲットするたびに、獲得ポイントの10%があなたにも加算されます!
期間は無期限!そのお友達会員が退会するまで永久にその権利は消えません。
どんどんお友達に紹介して、さらにポイントをゲットしてください。」

★評価
..継続紹介ポイントを導入している点は魅力だが、無料クリックによるポイント獲得
がWclickやキャンパラに比べ、やや弱いとはいえます。とはいえWclickやキャンパラ自体が良すぎているのを考えるとオススメサイトといってよいと思います。
(現在)毎日挑戦できる企画としては「宝くじアドベンチャー」があります。
ポイント付きアイテムは一人1日5個までというシステムになっています。

★プラコムが運営しているポイントサイトに
紹介制度を採用していない→なにわ家ドリームというのもあります。

ポイントは「まいど」と呼び、10まいど=1円のレートです。

・・本サイトは基本的に大阪発の情報サイトということで、サイト内では一部を除き「方言」を使ってご案内させていただいております。あらかじめご了承ください。

ということです。


→人気のblog(アフィリエイト・お小遣い稼ぎ)へ






2005年11月04日

◆買い!の「ノートパソコン」 11月14日まで無償グレイドアップも!5

安くて良い「ノートパソコン」の紹介。オススメの一つは私も購入したHP(ヒューレイドパッカード製)のシリーズです。私自身は電器店で実物を見て買いました。
アマゾンのノートパソコンの売り上げでもHP製は上位に顔を出してきているようです。⇒(参考)売れてるノートパソコン アマゾン


私はちょうどPCモデルチェンジの時期に約8万円で買ったのですが、最初は10万円以下ではやはり画像がきれいな機種は厳しいかなと見歩いていたら、画像がきれいなPCがありました。それがHP(ヒューレイドパッカード)のノートパソコンです。

HDD40GB・メモリー256MB・無線LAN・USB2.0×3 パッテリー稼動時間約3.5時間 ほか。(メモリーは有償で増設してもらいました。)ただし、DVDは見るだけで、作成はできません。

⇒この機種の系列です

操作説明がほとんどないので、はじめてPCを買う人などにはHPパソコンの解説本
⇒「できるHPパソコン Windows XP 対応」 をすすめます。

それ以外に、マウスやノートパソコン用クーラーもオススメです。
⇒「化学式ノートPCクーラー 折りたたみA4 BK」
⇒マウス


★HPのサイトでは「各種キャンペーン」が行われていたり、オプションも豊富です。たとえば今なら(11月14日まで)、メモリー増設256MB⇒512MBがついているものもあります。⇒⇒hpのノートブックPC お買い得キャンペーン情報!!

・・キャンペーンがなくてもオススメですが、(現在やっている)このキャンペーン品は「正に買い」だとおもいます。私もコレをみていたら、確実にコッチで買っていると思います。

メモリー増設(256MB⇒512MB)、しかも、なんとDVDドライブ(つまりDVDが焼ける)で、

89880円





2005年09月10日

◆ノートパソコン買った!

最近買ったノートパソコンから書いてます。メインのデスクトップ型が調子が悪く、HDDで音が鳴って、場合によってはウインドウが強制終了される状態です。

自分のサイトを見ると、メインマシンと比べて「色が結構見づらい」ところがありますね。・・9月から各社の新型マシーンが店頭に並ぶので、旧型のマシーンはかなり値下げしているものもありました。大手メーカーのノートで10万円を切っているものもありました。2005年春モデルでも16〜17万円で売っていた機種で、12万〜14万程度で売っていました。パソコン買うならモデルチェンジ時が狙い目なんですね。

12万円程度まで値下げされた機種を、さらに値引き交渉(といっても・・今の時期ならもう少し安くならないですか?という感じで・・笑)しましたが、「限界まで下げているのでこれ以上は無理」といわれました(笑)。

私が買ったのは、Hp(ヒューレッドパッカード)製の機種(79800円 14インチワイド 1.30Ghz,メモリー増設512MB・40GB・無線LAN・バッテリー約3.5時間)です。officeがインストールされていない機種で、office付きのモデルは1万円ほど高くなっていました。

基本性能はDVDを焼けない(DVDを見ることは可能)、HDD容量がやや小さいといったこと以外は、大手メーカー15万円クラスと比べても遜色ありません。ただ、このクラスは画像がイマイチきれいではなく、画質重視の私としては、「やはり10万円ではキツイかな?」と思っていたら、きれいな画像の機種がありました。

⇒この機種の系列です

⇒売れてるノートパソコン アマゾン

★HPのサイトでは「各種キャンペーン」が行われていたり、オプションも豊富です。たとえば今なら(11月15日まで)、メモリー増設256MB⇒512MBがついているものもあります。⇒⇒hpのノートブックPC お買い得キャンペーン情報!!

・・ノートパソコンでホームページ作りをしている人もいるでしょうが、やっぱりデスクトップのほうが快適ですね。

いずれは・・・デスクトップのほうも買い換えたいですね。

2005年08月12日

◆アドセンス電子決済始まる

しばらく、報酬をためていたアドセンス。支払い保留を解除しました。
で、見ると電子決済(つまり銀行振り込み)ができるようになってました。



で、今、私のパソコンがボロボロなんです。かなりやばくて、いつ完全停止してもおかしくありません。(つまりHP更新もやばいかもです。)

5年間も酷使してきたので当たり前ですが・・(家電のように10年持つかなとおもっていたんですが、パソコンの場合、5年持てばいいほうだということです。)

やばい箇所はいろいろですが、やはりHDD(ハードデスク)がやばいです。
修理というか交換するとしたら、それだけでもカナリの費用がかかるようです。

今は、デスクトップ1台だけなので、とりあえず、安いノート型を新しく買おうかなとおもいます。

アドセンスの報酬はパソコン代になりそうです。

2005年08月02日

◆ダメなパターン

今日はHp運営の「失敗談」について。

先日、アフィリエイトサイトをヤフーに登録申請しようとしたんですが、今年の3月で無料推薦が終了していました。

『2005年4月1日より、商用(営利)目的のサイトの推薦方法は、ビジネスエクスプレスのみとなりました。なお、無料での推薦(スタンダード)は2005年3月31日をもって終了いたしました。(2005年4月1日)』

今はビジネスエクスプレスという形で「審査料」5万2500円かかるようになっていました。登録料ではないので、申請しても必ずしも登録されるわけではありません。また、但し書きに、アフィリエイトサイトは、よっぽどじゃないと審査に通りにくいようなことも書かれていました。独自のコンテンツであることが必要なようです。


『アフィリエイトプログラムのみのサイトなどは独自のコンテンツであるとはみなされません。独自のコンテンツであるかどうかはYahoo! JAPANの裁量によって判断するものとします。 』

まあ、世の中、動いていているということです。


因みに「アフィリエイトサイト」を含めネット関連については、行動力というか、早いもの勝ちみたいなところがあります。質と量というのがありますが、現在は質に力をいれていて、本も出している方も、初期のころは、「SEOスパム的なこと」は当たり前のように行っていました。言葉は悪いですが、よくもまあ、似たようなサイトを次々とつくるもんだなあと言う感じでした。 スピードが勝負ですから、内容は貧弱ですが、とりあえず検索に引っかかるように、いろいろ言葉をちりばめていたんです。


でもこれも、ある意味「企業的な発想?」ともいえるのです。コンビニで行われている、売れない商品をどんどん入れ替えしていくという「統計とデータに基づく方法」です。小遣い系サイトでも、そんな作戦をとっていた人もいます。最低限の技術は必要ですが、同じテーマで、あるいはちょっと違うテーマで沢山のサイトを作るんです。

内容がほとんど同じでも、レイアウトをちょっと変えたり、タイトルを変えるとSEO検索対策になります。

そのなかで、反応が良いものを中心に「レイアウトを工夫していく、内容を充実させていく、質を高めていく」という作戦です。
反応のないものは、あまり手をくわえずそのまま放っておくわけです。


さて、ヤフーの副収入カテゴリーが廃止になったようです。そして、あらたに「アフィリエイター」というカテゴリーができたようです。(このカテゴリーは無料推薦が可能です。)

「長期で稼げ!小遣い&副収入」は、たしか、サイト開始当初にヤフーにも申請した覚えがありますが、それ以降、申請せずに今にいたっています。

というのも、「もう少し、サイトを充実させてから・・」と思っているうち、他のサイト製作なんどで、そのままになってしまっています。行動は素早くってことですね。

アフィリエイトのリニュー等もありますが、今、アフィリエイトがメインではない「お役立ち情報サイト」を作りたいという気持ちがあります。
(この分野は、ヤフー登録されやすい?と思いますので試してみる方はいいかもしれません。)

どんなサイトかというと、「伊東家の食卓」のような内容のサイトです。

鍋の底におわん型の皿を逆さにしていれると鍋が吹きこぼれない 

とか、

冷凍マグロは4%の塩水に浸したサラシに巻き、ラップをかけて24時間冷蔵庫に入れると、水っぽさが消え、生マグロに近い状態になる

とかいった情報です。

ポイントは、沢山ある中から、いかに質の高い情報を集められるかですね。
SEO対策を意識して「なんでもかんでも詰込むと、たいして使えない情報でいっぱいになってしまうところが難しいといえます。

一部のサイトであるようですが、あるある大辞典であつかうような、ダイエットや美容に関係するものはアフィリエイトとも相性はいいようです。

サイトを作りたいというのは、TVや本で見たときは覚えているんだけど、結構忘れていたりするからです。つまり、自分で情報を整理したり、見返してみたりするようなものを作りたいからです。




2005年07月11日

◆報酬1000ドル突破

このブログは、久々の更新です。
グーグルの規定がいろいろ変わったようで、そのなかで、(ずいぶん前だけど)総報酬ならオープンしてもいいようになりました。

グーグルの報酬は現在USドルによる外貨小切手による支払いでして、しばらく報酬をためていました。1日何十クリックもない中、1年1ケ月弱で報酬が
1000ドルを突破しました。

今、円安がちょっと進んでいるので、日本円で11万円ぐらいになるとおもいます。

報酬ストックを解除して小切手を送ってもらうか、更に貯めていくか悩むところです。

2005年06月04日

インターナショナルマネーオーダー

GOA(ガールズオンエア)の運営企業が変更になり、旧運営企業から、貯まっている報酬金額が「インターナショナル ポスタル マネーオーダー」で送られてきました。

こんなのがあるとは知らなかったんですが、なんと郵便局で簡単に換金できるうえに、なんと!!手数料もかからないそうです。(外貨小切手なら銀行換金手数料が数千円かかります。)

一見すると、小切手のように見える券が郵送されてきました。今の為替レートを107円で計算すると、24000円超になります。

月曜日にさっそく郵便局に換金にいってきます。

(追加)近くの郵便局へ。やはり見たことがないのか、(若い)従業員数人が必死でマニュアルらしきものをアチコチから引っ張り出して、ちょっとの間、調べていました。(笑)
券が本物かどうかもチェックしたんでしょう。

そんで、換金自体はすぐにしてもらえました。

2005年06月03日

年間電気代 約3300円

最近、seasaaでブログを解説したんやけど、使い勝手が結構いいし、同一IDで複数のブログが作れるんで、このブログも乗り換えようかとも思ってます。

自分に知識がない面もありますが、例えば、seasaaでは、グーグルアドセンスも簡単にブログにつけられます。

つい先日、電器屋にいってきました。まあ、何を買うのでもなく、ながめてきました。

で、今日のタイトルですが、これは冷蔵庫の電気代の話です。一番電気代が安い省エネタイプでどのくらいなのか探しまくったら、年間約3300円、月にして、なんと276円!!というのもありました。年間電気代9千円程度のものはあったけど、さすがに1万円を超えるものはもう見あたりませんでした。
冷蔵庫の省エネ化は凄まじいものがあります。

あと、私が気になっている(笑)プラズマTV・・すぐ買いたいほど(笑)安くなってました。
日立の55型で、90万円代で売っていたモデルがナント!50万円、ソニーの61型で180万円で売っていたのが100万円切ってました。

もっと安くなれ〜(笑)

拙者のTV(29型)、最近、画面の色が緑がかってますから(笑)。とくにスイッチをいれてしばらくは・・。 でも壊れないんですよね。しぶとい(笑)

2005年05月14日

メールが・・

リードメールが、猛たまり・・笑  まずい

貯まっている間、いつものように(笑)DVDなどみていたりするんですが、
DVD関連のアフィリエイトのページをつくりました。

⇒コチラ

この分野は、よほどアクセスがないと、ショップと比べ、売り上げ(というか報酬)は厳しい一方で、需要はある分野です。(将来的には、月の報酬が数万円レベルまでいければ恩の字です。)本当は、「長期で稼げ!」の本体のサイトのアクセス数をあげ、このページにもアクセスを流せればいいのですが、まずは、検索からの訪問者が中心となるでしょう。

これと関連して、映画、ドラマ、音楽というテーマでブログを作る予定です。
すでにあるブログでもちょくちょく書いていたんですが、このテーマだけを新規のブログに引っ越す予定です。

次は、既存ページの りにゅーだ・!

そんで、リードメールがさらに貯まっていく。(笑)
時々、クリックするんやけど、追いつかへん。



2005年05月07日

とんでもないことが・・(笑)

今日の日記は曖昧な形で書いてみようとおもいます。
先日の日記で(ギャンブル)KTについて書きました。

ギャンブルについては確率論として「大数の法則」というのがあります。たとえば、コインを投げたとき表が出るか裏が出るかの確率は試行を多数繰り返すと2分の1に近づいていきます。

ギャンブルは、宝くじも含め、結局損するから、やらないほうがいい。

おそらく、(一般的には)これは正しい とおもいます。

しかし、大数の法則によって損するようになっているという人がいたなら、その見方はちょっと違うと思うのです。学者の方が唱える理論には、その理論を支える前提があるのです。様々な条件が一定であるという前提です。(そして、さらに条件ごとに理論を複雑にしていきます。)

でも、いろいろな条件が全くすべて一定ということなど現実にあるでしょうか?
もちろん、学者の理論が間違いというつもりはありません。
条件の違いが誤差の範囲に納まるとき、やはり理論のとうりになるということができます。

さて、大数の法則を支えるのは、事象にカタヨリがないことです。
正確にいうと、(多分)期待値に偏りがないことです。

具体的に話します。コインを投げたとき、表がでたら掛け金の3倍、裏が出たら掛け金の2倍貰えると決められていたとします。このとき、参加者のごく一部の人がこれを知っているとき(笑)、そのひとは「表に賭けつづけることで必ず儲かる」ことになります。

ただし、このような単純で誰でもわかるような設定は誰もしませんし、有利不利が誰にでもわかるようなものはギャンブルになりえません。


以前書きました。参加者が有利に戦える条件を見極めること。(いってみたものの、この見極めが難しいんですよね。)

さて、

とんでもないことが(笑)・・今日のタイトルです。

競馬において回収率が120%程度でも、プラスになるだけで凄いことですが、なんと今取り組んでいるKTの回収率が凄いことになっているんです。

これはいわば、コインを投げる場合に説明した「表が出たら掛け金の3倍」のようなものです。そして、この方法が知れ渡ると、今までのように利益を生み出していくのは難しくなるかもしれません。(オッズが下がるからです。)

それはどんな方法なのか?残念ながら(勿体つけて。。笑)秘密としておきます。以前日記で書いた方法とは変えています。

それまでの方法で記録をつけていたら、惜しい不的中が数多くあることに気づきました。

この方法が利益を上げている理由は、少ない点数(2点買い)でもかなりの的中率があり、何より払い戻し金が(期待値をかなり越えるほど)大きいからです。

買いかたは「決まっているのか?」というと「ほぼ決まっている」けれど、細かいところは選択して、つまり2点にするために絞っています。(注意 ネットで宣伝を見かけるものとは違います。管理人が独自に試している方法です。)

最近はずっと、まず1R〜5R分をまとめて均等買いしてるんですが、始めて(今日を入れて)10日間ほどプラスでおわりました。(今のところ負けた日はなし。最近は結果を見て6レース以降にも手をだしています。・・ただし、すべて外れても、その日がマイナスにあまりならない程度にやってます。ところで、この結果は、ギャンブルとしてはとんでもないことです。ギャンブルでは確実に毎日プラスというのはとんでもないことなんです。この方法は、統計的には、スランプも想定できるはずなんですが・・今は運がいいだけなのか 笑)

因みに、今日は回収率なんと400%ほどでした。パターンにはまっていたけど絞り方を間違えて「惜しいコンチクショー!(笑)」というのが2Rほどあってですから、かなりの好結果でした。

さらに(掛け金を少々あげつつ)試行錯誤もつづけていきます。もし、仮に上手くいった場合、まぐまぐなどの有料メールマガジンで予想配信なんかの手段も考えています。
(但し、何年先になるかわかりません。笑)

大損したらまた話題として取り上げてみます。(笑)




2005年04月25日

◆大穴企業(笑)

ネットやブロードバンド関係の企業を調べていたら、取り上げてみたい企業がありました。

それは、東証マザーズに上場しているアイシーエフ(4797)という会社です。


創業以来、売り上げも少なく、赤字続きで何やってんのかわからない会社でした。私も(昔のイメージで)みていたんですが、実はこの会社は、会社は同じでも中身や人材は全く入れ替わり、一種のベンチャー企業とでも呼ぶべき会社に変わりはじめていて、正直ビックリしました。

今は29歳の若い社長をもとに、将来性も考えた上で、かつて月の売り上げが500万という会社を、わずか1年ちょっとで、月10億の売り上げが目前の会社にまでなっています。(月次の売り上げを毎月HPで発表しています。4/19発表した2005年3月売り上げは、対前年比1182.6% でした (゜o゜) )

会社業務としては、まずは「ネット広告」関連です。この分野では、マスコミ等で有名なIT企業がありますが、数年後その若手IT企業家として有名になっている可能性があります。広告としては、通常のもののほか、ブロードバンド広告について着々と手をうっている点があげられます。

次に、びっくりしたのは、ここはいわゆるDVD等のコンテンツ事業もおこなっていることです。これは「強み」とともに「弱み」でもあります。

コンテンツは映画等の製作や、あるいは「版権」を購入した場合、
そのコストを回収できるかという問題があります。

実は、この会社には他の大手にない強みをすでに握っています。いわゆる「リサイクル流通のマーケット」をもっていることです。

このへんの事情は、表面的にはよくわからない点があります。たとえばTUTAYAやGEOなどにあるレンタル商品ですが、いったいどこから仕入れるんでしょう?

その問屋的な役割をしているのがアイシーエフのONEWINGという子会社です。コンテンツをもっていて、しかもリサイクル流通もできる企業というのは現在はとても珍しいといえます。(同時にコンテンツ事業のリスクをなくしていることにもなります。) また、業務内容の「コンテンツ+広告」という組み合わせは、これまでありそうでなかった試みだといえます。

まとめますと

ネット広告で売り上げを伸ばしている企業
コンテンツの製作や版権買取を行っている企業
リサイクル流通事業の卸し会社的企業


お金があれば(笑)、まだあまり知られていない今の内に買っておきたい企業です。
(去年の夏、株分割を材料にデイトレなどが市場参加し大きく上下しました。)

⇒アイシーエフ株価(4月25日終値38万5千円)
⇒アイシーエフ ホームページ 社長のIRストリーミングあり

今後は、たとえば、(新旧の)日本のアニメ作品を海外向けに展開していくことも考えているそうです。


<



2005年04月22日

◆打出の小槌

インターネット経済革命 と私が呼んでいるのは、いわゆる今まで一部の人たちだけに恩恵のあった資本主義のマネーゲームの仕組みが一般庶民にも開放されたということです。

資本主義とは(私が考えるには)基本はマネーゲームであり、利益を最優先する考え方です。これ自体はゲームのように楽しくもできるものですが、生活の基本まで資本主義的な考え方を許したことで深刻な問題も発生します。ゲームなら「負け」で済みますが、生活の基本に関わる問題ではそうはいかないからです。

たとえば

「お金がなくてベンツ買えないよ。」というのは笑いにもできますが、
「お金がなくて、子供にミルクも買ってあげられないよ」というのは生活の基本に関わるため深刻なのです。

また「お金が庶民に回りにくい構造」もその特徴でした。

一方で、外貨を稼げるような豊かな国で王制など、資本主義を採用していない国の人が、(経済大国の日本人からみても)いかに経済的に豊かに暮らしているかをTVなどで目にしたことがあるかもしれません。

話はちょっとズレますが、最近、IT企業のドラマでスマップの草なぎさんがでているドラマがあります。彼のドラマは考えらせられるテーマが多く、また主人公が考え方を次第に変えていくところが魅力のドラマがおおいのですが、

今回のIT企業のドラマは、初回と第2回を見ましたが(素人目でみても)ちょっとデキが酷すぎる気がします。(個人的には)キャストもイメージがずれている感じがあり、どうもみていられません。(例 堤社長とか彼の秘書の女性やそこの会社の人たち)

なかで、ネットショップ運営者側が「売り上げが少ないからといって契約を打ち切る」場面がありますが、この「銀行が融資の貸しはがしをしているかのような場面」はこっけいものでした。 

ネットとは個人の商店でも情報発信ができるところがすごいことなので、オモチャ屋の家族も有名ネットショップなんて関係なく「自分でサイトを立ち上げればいいだけであって」、売り上げを伸ばすために工夫は必要でしょうが、別に、担当者に頭を下げてお願いするような話でもなんでもありません。

草なぎさんもドラマの中での能力があれば、自分で会社起こしなよって感じでした。(脚本がまずいということです。)

これからどう展開するかわかりませんが、たとえば、今の旬の話題なら、M&A を仕掛け、企業同士のビジネスの戦いとか提携の摩擦とかをテーマにしたほうがよっぽど面白いドラマになっただろうと思います。
M&Aを行い、相手の会社社長に「明日からあなたの席はありません。」なんて無表情にいうというシーンなんかが、よっぽど「IT企業的な非情さ」ではないかと思います。(注 M&Aがすべて敵対的であるわけではありません。)

さて、今日のテーマとずれてしまいましたが、ネットという手段によって「打出の小槌」とでも呼んでいいような仕組みが使えるようになりました。

その一つは「グーグルのアドセンス」ではないかと思います。

実はもう一つ「期待しているのがあります。」
それは、ギャンブル分野なんですが「競艇」です。ギャンブルについてよく知っているひとが研究に取り組めば「まさしく打出の小槌」になる可能性があります。

私も研究実践中なんですが、たとえば競馬をやっている人なら(多分)わかると思うんですが、

万馬券を2点買いでとる、的中させる ことを考えてください。

競馬の場合、万馬券を取る人のほとんどが点数を沢山買っています。2点買いで取れる人はめったにいませんというか、そういう買い方をふつうしません。

ところが、私は競艇で2点買いで万馬券(というか万舟券)をはじめて2週間程度で2回とっていますし、他の高額舟券もとっています。

これが可能になるのは何故かというと、わずか「6艇」だけで行われるゲームだからです。つまり競馬と違って高額券を少点数で待ち伏せも可能なんです。

私は株式投資もしますが、これは資金を証券会社に預けていますので、滅多にひきだすことがないため「別資金」という意識です。

ところが競艇は今は「ネットから簡単に舟券を買うことができ」、的中した配当金は、すぐに面倒なく引き出すことができます。土日も含め、ほとんど毎日、多くの競艇場でレースが行われています。

ちょっと試行錯誤中ですが、(高配当を2点で当てたため)当然大幅プラスです。(1点100円1つのレースで1点〜3点買いですので利益としてはまだ数万円程度です。)

今やっているのは、朝のうちまとめ買いしておく方法です。すべてのレースが終了するとその日の的中配当金が自動的にイーバンクにまとめて返還されるという仕組みです。
(途中で出金もできます。)

1つの競艇場では1日12Rありますので、2点買いなら200円×12R=2400円分を朝のうちの買っておいて「的中払戻金を待つ」という感じです。

注意;簡単に言っていますが、勧めているわけではありません。競馬のような感覚で手を出せば(恐らく)確実に負けていきます。

上の説明の実際の(儲けの)感覚とはこんな感じです。

またはずれた・・またはずれた・・またはずれた・・・またまたはずれた
そして玉に「やっと的中」がでます。 

わかるようにいいますと、100倍の馬券を1点買いを続け、たとえば76回目に的中したとします。(つまり75回はずれ続ける)
ほとんど外れ続けることになるんですが、プラスにはなります。

競馬ではこの考え方が現実的じゃないのに対し、競艇ではわずか6艇でのレースでレース数が毎日いろいろな場所で多数行われていることで可能になるといえます。舟券の種類はたくさんあり、因みに3連単という舟券(=6艇のうち1着から3着までをすべて的中させると配当金がもらえる)では高配当がガンガンでてます(笑)

4月21日の戸田競艇の例です。

1R 10,000円(的中で100円が1万円)
2R  8,360円
3R 16,980円
4R  3,400円
5R 15,720円
6R 63,360円
7R  4,890円
8R  5,110円
9R 16,080円
10R 15、290円
11R  7,830円
12R 19,660円

すごいですね。^_^;

(追加)ちょっとだけノウハウをばらしますと、現在は1Rにつき
2点買いをしています。ただし、3連単舟券2点ではなく、3連単と3連複(1着〜3着の組み合わせがあっていれば的中)の2点です。
めったに的中しない(笑)3連単 とある程度的中できる3連複をあわせているわけです。

たとえば、4月22日は唐津競艇で12R分を買ったんですが、残念ながら3連単の的中はありませんでしたが、3連複の的中がありました。
2R 2710円 と6R 3440円です。

全部で200円×12R分で2400円投資して、払い戻しが6150円になるので、プラス3750円です。(ただ、長い目でみれば3連単を的中しなければ利益はでていかないのでは?とおもっています。

因みに(結果を後でみたら)今日の2Rは3連単 6→2→4 で48、610円の配当でした。買っていたのが2→6→4という舟券でした。ただ、この舟券の3連複舟券も買っているので、2710円の的中となったわけです。





2005年04月21日

◆ブロードバンド戦略

かつては、世界をまたにかけた仕事・・というと丸紅などの「商社」が思い浮かびました。また世界的な(といっても先進国向けの?)大産業としては、たとえば自動車があります。

先日の「ガイヤの夜明け」では「ブロードバンドの時代」ということでソフトバンクの孫社長を取り上げていました。

中国でもパソコン(インターネット)を使ったデモの呼びかけがあったように世界的にブロードバンドの時代が来るかもしれません。
(アメリカ映画では、高度コンピュータ世界をテーマにしているものがあります。

今日の話は「投資」です。投資というと企業経営者にとっては「M&A」(企業買収)という手段があります。最近TVでライブドアを取り上げていて、あたかもネット時代の先駆者的なイメージをもたれる人もいるかもしれせんが、

ネットの巨人でもあり、M&Aの先駆者でもあるのは、ダイエーを即買いし、ポータル検索サイトのヤフーなどの親会社である「ソフトバンク」です。ライブドアもM&Aなどで売り上げを伸ばしていて、今は年間200億を越えるそうですが、ソフトバンクはグループの売り上げ一兆円以上です。

さて、ブロードバンドというキーワードで、ソフトバンクグループでもあるんですが、「堀江社長とやら言う人も日本で小さくやってるな(笑」と思える会社があります。
それは「エムピーテクノロジーズ」という会社です。ブロードバンド分野で世界をまたにM&Aもかけながら成長している企業です。

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=3734.t&d=t

株価的には(私が)1株買える程度(4/21終値65万1千円)なんですが、ちょっと(長期的に)注目しています。(というか注目し始めました。)株価は上場後200万円越えの時期もありましたが、調整後現在は底値圏(?)で推移しています。

日経4/19

映像配信システム構築のエム・ピー・テクノロジーズ(MPT)は十八日、シンガポールに本社を置くホテル向けの大手高速インターネット回線会社、マジネットを約七十七億円で買収すると発表した。北米でも同業大手を買収済みで、アジアと米州に基盤ができる。今後は回線の管理やシステムを共通化し、同分野で世界標準を狙う。

MPTはホテルに回線やシステムを納入し利用料を取る。また高速回線を活用し、見たいときに初めから映画などを見られるビデオ・オン・デマンド(VOD)のシステムや、無線LAN(構内情報通信網)を使った携帯電話などのサービスも提供する考え。
 MPTは今年に入り、マジネットと同業で、北米・中南米を地盤とする業界上位企業、ゲストテックとゴールデンツリーを買収した。今後は高速回線を運用するために必要なシステムの統一や、顧客の質問に対応するコールセンターの集約などで運用コストを削減、欧州への進出も本格化する考え。

MPTが買収したホテル向け高速ネット回線会社      
社名(本社)  買収額  買収時期  主な営業地域
マジネット(シンガポール)  約77億円  2005/5  アジア・豪州
ゴールデンツリー(アメリカ)  約14億円  2005/3  北・中南米
ゲストテック(カナダ)  約45億円  2005/1  北・中南米

いわゆる、やっと「理想買い(→株価のバブル崩壊 笑)」から「現実買い」の段階にうつってきたといえます。

四季報情報では
【伸 長】マンション事業者やホテル向け映像配信システム拡大し、営業増益。配当性向10%メド。今期開始の連結はカナダ社が半年分上乗せ。売上高33億円、経常2・6億円会社計画だが、上振れか。
【買 収】カナダ子会社が米国会社買収、ホテル向けネットサービス最大手に。上場規則抵触で猶予期間入り問題は東証に申請書提出。サービス多様化と国際展開加速。

MTPのホームページ

⇒MTPの歴史

マジネットの子会社化について・・ MPTグループは、世界のホスピタリティー市場へVODシステム、高速インターネットシステム(HSIA:High Speed Internet Access)、ビジネスセンターソリューションを中心に、ブロードバンドを活用した様々なサービスを展開しております。
今回子会社化するMagiNet社は、アジア、オセアニア、南アフリカ(オーストラリア、タイ、香港、台湾、日本、韓国、ニュージーランド、シンガポール、フィリピン等)地域の高級ホテルへVODシステム(約13万室)、HSIA(約6万室)を提供しており、導入実績ではナンバーワンの企業です。
子会社Guest-Tek Interactive Entertainment Ltd.(CANADA・Calgary)及び孫会社Golden Tree Communications, Inc.(USA・California) がすでに北米・中南米をカバーしており、今回の買収によって、欧州地域を除くエリア全体をカバーすることになります。新たに「MAGINET」のブランドが加わり、この分野におけるMPTグループの知名度は、飛躍的に高まるものと思われます。
今後は、子会社Logiclink, Inc.(USA・California)のビジネスセンターソリューションも含めたグループ各社とのシナジーを最大限発揮し、エリアの拡大を図るとともにブロードバンドを中心とした総合ソリューションを世界に積極的に展開してまいります。

本子会社化に要する約77億円の資金に関しましては、子会社化と同時に発表いたしております「第1回及び第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(転換社債型新株予約権付社債間限定同順位特約付)の発行に関するお知らせ」によるCB発行80億円を充当する予定としております。

今回の転換社債は、メリルリンチ日本証券が全額引き受けることとなっております。当社は今後外国人投資家比率20%を目標としてIR活動を行うこととしており、そのためのIR活動においても同社の支援をいただけることとなっており、これが同社を選択した大きな理由となっております。

また本子会社化は、平成17年5月中旬には完了する予定としております。

尚、本子会社化による当社連結業績への影響につきましては、今期(平成17年7月期)は貸借対照表のみの取り込みとなり、損益計算書に関しては来期からの反映となります。



2005年04月04日

近況報告

管理人の近況報告です。ショップ等のアフィリエイトの新しいページや、古いページのリニューなど、なかなか進んでいません。

売り上げについては、時々変わった現象がみられることがあります。いわゆる「検索エンジン」に拾われて上位表示されるとこれがみられます。

最近では、やたらとe-bank の契約申し込みが多いです。だいたい(いままでの)1年間の申し込み数ぐらいが、わずか半月で達成されました。

原因は、おそらく「ネットバンキング比較のページ」が検索にひろわれたからだろうと思います。

さて、普段何をやっているかといいますと、割りと暇はあるので「パソコン」でリードメールをクリックしたりもしてますが、相変わらず「音楽ライブDVD」を見て時間を過ごしています。DVDソフト関連のページも作りたいとおもっています。

また、あたらしい取り組みをはじめました。副収入関係なんですが、この分野は、ちょっと同じ分野のサイトにまとめられないため、あらためてサイトを作る予定ですが、いわゆる「ギャンブル系」の話です。

最近、イーバンクの口座があると「競艇の即時会員になれて、すぐに舟券の購入ができるようになりました。」・・実は(自称・・笑)プロギャンブラーの私は「確実な副収入源にならないか」といろいろ思考錯誤を繰り返し、やっとある程度の勝ちパターンが固まってきました。

国が認めている「ギャンブル」でコストがかかる(地方)競馬などは廃止のニュースなども聞きますが、競艇(ボート競走)はコストも格段に安く澄むため、開催レース数もおおく、ネットを中心にギャンブルファンが増えてきてるのは確実です。

ギャンブルというと「数学的な確率論」があります。たとえば、カードゲームの「ポーカー」には「カウンティング」という方法があって、出たカードから残りのカードを確率から考えるという技があります。(ポーカーは選手権のような大会もあるようです。)

ギャンブルでは、「ゲームの中で確率的に自分が有利に戦える条件を見つけ出すこと」がまずは重要です。一般には「配当の大きいもの」に(遊びのつもりで)少額賭けるというのが「楽しめるコツ」です。ただ、高額配当は「当てるのが難しい」という面があります。

ただし、競艇は、当てるだけならおそらく簡単でしょう。(ただし、儲かるという意味ではありません。どう利益に結びつけるかが難しいところです。)

レース数(+舟券の種類)が沢山あり、現在は、客(自分)が有利に戦える条件のレースを選んで勝ち逃げ戦法を取っています。1Rにつき200円〜500円程度の投資で遊んでいます。

利益が10万円を越えたら、また日記でとりあげることにします。

この大台をこえてきそうなのが「アドセンス」。データを見ると、はじめてクリック報酬が上がったのが去年の6月10日。1年で大台突破となるかどうか。
日本円での換金の話はどうなったんだろう??????