済々黌−鳴門戦でルールの盲点をつく1点というのを記事で読んで、マンガのドカベンで描かれたエピソード(巻数は忘れたが、土井垣監督時代の明訓ー白新戦)と同じじゃんと思ったのだが、あとからスポーツ紙を読んだら、済々黌の監督はドカベンを読んでて、いつか実際に使ってやろうと練習してたんだと・・・。ほんとかね?

ただし、これは、「1死1・3塁」で「打者はライナー(※)を打ち」、しかも、3塁ランナーは、飛球を捕られたあと(飛球が捕られた時点で2アウト)から、「飛び出した1塁ランナー」が「1塁に帰塁する前にタッチされてアウトになる」までの、「その間に本塁へ到達する」状況が必要で、ふつうはライナーになったとたん、3塁ランナーはとっさに体が塁に戻ろうとしてしまうのだが、そんなことをしていたらまず2アウトから3アウトの間にホームになんか到達できない。
(ちなみに「※」はライナーでなく、ただのフライの場合だと、通常走者が「飛び出し」という状況にはならないと思われる)
この「   」の条件が、すべて成立する必要があり、この中で一番ありえないのが、「その間(=2アウトから3アウトの間)に本塁へ到達する」ことであり、となれば、これは故意か3塁走者のボーンヘッドでしか成立しないわけだ。つまり練習してたからこそできたプレイといえば、それはそのはずなんですね。

ドカベンは後者だったんですね(3塁ランナーが岩鬼ってとこが説得力があるのです)。それが0-0の延長10回、白新の不知火投手にまったく歯が立たない明訓がどうやって勝つのか?という展開で、これがまさかの決勝点になり、当の明訓ナインも「なんで1点入ったんだろ・・・?」みたいな感じで、読者も解説を読んでもいまいちよくわからないこともあり、それで結構ドカベンファンには印象的なプレイとなっているのです。

ウィキペディアで調べたら、去年の甲子園の選抜でも同じことがあったらしいです。