樹海に住む〜アクアリウムを満喫する〜

アクアリウム歴16年。気がつけば人生の半分以上はアクアリウムをしています。私が飼育してきた生体のことはもちろん、飼ってみたい生体についても詳しく載せています。

こんちには「あいなる」です。

灼熱の夏が続いていますが、皆さん熱中症になっていませんか?体調とよく相談しながら楽しくアクアリウムを楽しみましょう。

豪雨災害に見舞われた被災者の皆様には心よりご冥福をお祈りいたします。

追記:お陰様でフォロワー様900人を超えました。いつもありがとうございます。









25












やってまいりました。
引っ越しシリーーーーーズ!!


悲しい事故がありましたけれど、コリちゃん達が残っていますので、気を取り直して引っ越しを頑張っていきますよ。


以前も引っ越しとレイアウトを記事にしましたが、その時は写真をほとんど撮っていなかったので、今回は頑張りました!バシバシ撮っていたので、引っ越し作業に若干の支障をきたしていましたが。笑

関連記事はこちらです。
【2013年】その1【一大プロジェクト】




引っ越し。

出来ればあまりしたくないものですよね。
水槽があるならば尚更です。

水を運搬する事はとても大変です。重たいですしね。

生体もデリケートな子がいると、神経使いますし。

ですが、2回の引っ越しを経て分かったことがあります。
水槽の引っ越しは生体の引っ越しよりも、その前準備の方が大変だということを感じました。

そして今回も、もちろん相方くんが手伝ってくれています。


では、引っ越しの内容をまとめます。
(     の部分が引っ越しの内容となっています)

余談ですが、私の性格は猪突猛進なので、引っ越しをする事が決まったら物件を1ヶ月以内に決めます。そして、同時進行で引っ越しの見積もりも取ります。

水槽を他の人に運んでもらうのは気か引けるので、自分で運ぼうと思っていますが、引っ越し業者さんから「これも・・・ですか?」と聞かれると、ああ嫌なんだろうな〜と思います。笑

引っ越し業者さんに頼む場合でも、水は抜くんで安心してください、と心の中で密かに思っています。   


引っ越しの準備(用意するもの)

・ゴミ袋
・ポリタンク(20〜40L)
・バケツ
・水切りボウル
・ゴム手袋

あとは日常で使っている掃除用具などで十分です。


ゴミ袋


とても便利です。
水草、流木、石などレイアウトを入れるのに便利でした。
洗ってはゴミ袋へ・・・、という流れでスムーズに準備が出来ました。

時間のかかる引っ越し作業ですが、時短の出来るとこはガッツリ時短をしましょう!

少し厚手の45リットルか70リットルのものが良いかと思います。
流木の大きさを基準に選んでください。

厚手を選ぶ理由としましては、袋が破けてしまうのを防ぐという単純な理由です。
少し割高ではありますが、万が一袋が破けて中身が出てしまい、素材が汚れてしまったら、また洗わないといけませんからね。二度手間は引っ越しにおいて最悪事項です。



ポリタンク

灯油缶 18L青 2個セット(灯油ポリタンク)

灯油缶 18L青 2個セット(灯油ポリタンク)
価格:1,578円(税込、送料込)



うちでは必需品です。
水を運ぶのにいいです。

我が家の水槽は900×450×600=243Lなので、20Lではなく40Lのポリタンクを使用しています。少しでも多くの水を運びたいので。

水槽の水と共に水草も入れておけば、運搬する荷物が少なくなります。
季節がら今回はしませんでしたが、暖かい季節ならポリタンクの中に生体を入れてもいいです。
(寒い季節でポリタンクに生体を入れての運搬をしたい場合は、運搬直前までヒーターを入れて入れておいてあげてください。運搬時は厚手の毛布に包み、保温しながら運びます。)




バケツ


Astage アステージ 蓋付バケツ #16

Astage アステージ 蓋付バケツ #16
価格:958円(税込、送料別)




皆さんお持ちですよね?まさか持っていないアクアリストなんて居ませんよね?
最低でも2つあると便利です。なにかと必要になりますから。

最近は、おしゃれなバケツも多く出回っていますが、アクアリストとしては生体の投身自殺防止のため、蓋付きのバケツが良いと思います。我が家では蓋付きを二つ所持しています。




水切りボウル?

image

これの正式名称がわかりませんでした。
100円ショップで買った物です。たしかキッチン用品売り場で見かけたと記憶しています。

ポリタンクから水を注ぐ時に大活躍します!特に網の方が。
一点集中で水を入れると、勢いが強すぎてレイアウトが崩れたり、砂やソイルが舞ってしまうことがありますが、これで水を通してから注ぐと、勢いが分散されて、ソイルや砂が舞うことを防止してくれます。









まずは水槽の掃除開始!


汚い!!!まじ汚い!!!!
お目汚し本当にすみません。

image


そして、ほぼ水を抜いた状況ですみません。
ですが、本当に汚い!!何度でも言います、汚い。

コケまみれですね。随分と放置してしまっていたから致し方ないですね。

まずは水槽の中身を空にしないことには運べませんので、お掃除しつつ中身を空っぽにしていきます。

約20分かけてプロホースで水を出しました。

水を排出している間に、レイアウトを取り出してしまいます。

image


流木、水草をとりあえず出します。
流木は先ほど紹介しました、行程を踏みます。洗ってはゴミ袋に回収しています。



排出する水はポリタンクとプラケースに入れます。

image
40リットルポリタンク2個に水を入れました。
 隣はプラケースです。水草を避難しました。



image


あとは、この後生体を入れるので、ヒーターを設置しておきます。

ヒーター恐怖症なので、引っ越し中何度も確認しました。
人って学習能力高いね。



image

プラケースを用意している間に問題発生。流木が残っていますが、この辺りでプロホースが機能しなくなりました。
なんでしたっけ?フォースの原理?フォーンの原理?なんだっけか?忘れました。

ともかく、ここからは人力で水を排出していきます。


image

↑機能しない役立たず。


image

↑人力で頑張る。寒すぎて作業が全然進まない。


私が人力で頑張っている間に、相方くんには恒例の「パンドラの箱」や器具類(ホースやヒーターなど)を洗っておいていただきます。
と、言うより相方くんから申し出てくれたのでお言葉に甘えさせていただきました。



image
↑相方くんパンドラの箱と対戦中。


あまりに汚かったらしく、時折笑い声が聞こえてきました。
ちょっと心配になりましたが、この後無事帰還しました。

相方くん
「ふふ!はははははっふふっ!やべーよ、これ」


image



だいぶ水かさが低くなったところで、準備していたプラケースに生体を移動していきますが、その前に石を回収します。
石を回収しておかないと、生体が隠れてしまったり網が引っかかって不便です。



image


image
石もゴミ袋に回収します。


生体回収自体は生体数が少ないので、とても楽に完了しました。

生体数は以下の通りです。

コリドラス・パレアタス  2匹
コリドラス・アドルフォイ 3匹
クーリー・ローチ     2匹


随分と少なくなってしまいましたね。


生体を回収したら砂を掬っていきます。
ソイルだったら捨ててしまうのでしょうが、今回は砂オンリーですので、洗って持って行きます。


image
↑黙々とボトムサンドを回収して行く。
水槽台60㌢+水槽高さ60㌢ 計120㌢なのでとても中途半端は高さです。(イス等を使わずに作業をすると、腕の長さが足りない。)
そのため、イスにのぼり、腰を屈めた状態での作業になります。あ〜腰痛い。




image
↑だいぶ綺麗になりました。

水槽の中身が空っぽになったら水槽を洗います。
うちのは90なので、ベランダに運び出すのも一苦労です。

アクリルですが、それなりに重さがあります。
私一人でもなんとか運べるので最高でも20㌔くらいでしょうが、水槽の後に私たち人間の引っ越しもあるので無理は禁物です。



image



相方くんの手伝いもあって、水槽が無事綺麗になりました。
運搬方法にもよりますが、洗い終わったら乾拭きをします。




image



レイアウト素材を全て袋にまとめます。

アクアリウムをやらない人にとってはゴミに見える(実母曰く)ので、きちんと分かる様にしておきます。引っ越しを手伝ってくれる人がアクアリストならばゴミ袋のままで大丈夫です。

我が家は石がものすごく多いので、IKEAさんの大きい袋でやっと収まりました。



image



流木は枝の部分が折れてしまうと嫌なので、水槽の中に入れて運搬しました。

あとは新居へ運びます。



これにて運搬が可能な状態になりました。

いやー掃除大変!
なるべくリセットをしたくない私にとっては、苦行なんですよ。
長期維持(色んな意味で手を加えたくない)をモットーにしているので、手際も悪いしで結構な時間がっかりました。




次回は「生体移動編」です。











 
★チャーム楽天支店★
アクアリウム商品ならチャームが便利です!
お得なセールも実施中!





ランキング参加中です 皆様のポチッが励みになっていますm(_ _)m いつもありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ




  





にほんブログ村 トラコミュ 鑑賞魚へ
鑑賞魚
にほんブログ村 トラコミュ 熱帯魚、AQUA FISHへ
熱帯魚、AQUA FISH



http://blog-entry.com/yomi/rank.php?mode=r_link&id=1653
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. moomin
    • 2016年01月15日 21:12
    • 40Lポリタンク二個!?!?
      2・・・20じゃなくって???( ゚д゚ )
      40Lはすさまじくおもそうですねぇぇ・・・

      ・・・
      それよりも・・・前回の記事を今読みました。
      ・・・ほんとなんといっていいか・・・・
      大変残念ですね・・・
      うちも似たようなことが起きたことあったので、万が一のヒーターは予備で残してあります。ほんと・・・元気出してください(T_T)
    • 2. シープネス
    • 2016年01月17日 19:42
    • お久しぶりです!!!
      前回は本当にご愁傷さまでした…
      私も自分の不手際から水槽の崩壊を経験しているので
      あの魂が抜け落ちるような絶望を思い出しました・・・(´・ω・`)

      キャンプ用の水タンク便利ですよね!
      高さが低いので引っ越しの時に車に積んでも倒れませんし
      40Lは持ち上げられないのでもっと小さい奴ですが、ウチでも愛用してます( ´Д`)
      無いとは思うのですが、また引っ越しする事が有ったら
      是非参考にさせて頂きますm(_ _)m
    • 3. あいなる
    • 2016年01月31日 12:12
    • むーみんさん

      ええ、40Lです。
      え?私は持てないですよ〜相方くんが持つに決まってるじゃーん☆

      アルタムたちには本当に申し訳ないことをしてしまいました。
      今はコリちゃんたちと、細々と暮らしております。
    • 4. あいなる
    • 2016年01月31日 12:14
    • シープネスさん

      本当申し訳ない事をしてしまいました・・・。
      魂が抜けたまま、戻ってきてくれません。

      タンクは便利です!前々回の引っ越しはペットボトルを使っていましたが、こちらの方が容量も利便性も高いので、愛用しています!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック