樹海に住む〜アクアリウムを満喫する〜

アクアリウム歴16年。気がつけば人生の半分以上はアクアリウムをしています。私が飼育してきた生体のことはもちろん、飼ってみたい生体についても詳しく載せています。

こんちには「あいなる」です。
夏休み(8月)に入ってから、不安定なお天気が続いていますね。早くカラッとした夏らしいお天気が待ち遠しいですね。
引き続き、皆さんも体調に気をつけつつ、アクアリウムを楽しんでください。
追記:お陰様でフォロワー様750人を超えました。いつもありがとうございます。



底面フィルターおすすめ4選



36


















製品ごとの違い

今回紹介する「底面フィルター」は、商品別の差異、というものがあまりありません。すべて「水流が流れるための箱があり」「そこからパイプがでていて」「そのパイプにはエアレーションを接続する場所がある」。これだけのものです。
違いがあるとすれば、箱に開いている「穴の大きさ」「箱のサイズ」「パイプの太さ・色」とかそれくらいです。ボトムボックスだけは、箱の下に蓋がついています。


底面フィルターでおすすめな製品

そのため、今回はレビューを元に、使用者の感想や、使い勝手などを総評しおすすめな製品を紹介します。構造自体が非常にシンプルなものですので、前述した通り、各メーカーから出ている製品ごとに極端な違いはありませんが、人気の商品というものはありますので、代表的な商品をランキングでご紹介いたします。


■第一位 水作 水作ボトムフィルターM

  • 水作の底面フィルター!薄型設計ですっきり!


    45~60cm水槽用のエアリフト式底面フィルターです。
    薄型プレートで水槽内がすっきりします。縦横自在に連結ができ、水槽に合わせて底面プレートを追加することも可能です。

    水作 水作ボトムフィルター M
    by カエレバ
    こちらの水作ボトムフィルターの良い点は「薄型設計」というところと、「連結の自由度」ですね。

    レイアウトをしていると、どうしてもここで連結したい、という場合がでてきます。従来の底面フィルターですとなかなか連結がしづらかったりと、モヤモヤすることも多かったのですが、この水作ボトムフィルターはそれを解消してくれます。

    また、薄くて軽量なのに丈夫なので、長期間使用することも可能。

    もちろん価格も大変安価なので、水槽を何本も管理している場合、とても重宝します。

     ▶
    目次にもどる 


  • ■第二位 アクアシステム プロジェクトフィルター

    ソイルとの併用でろ過能力がさらにアップ!

    水流の効率性を重視したルーバータイプの「プロジェクトフィルター」を8枚連結した拡張タイプの底面フィルターです。プロジェクトフィルターを連結することで、水中ポンプから送られてくる新鮮な水を、広範囲に渡って送り込むことができます。ソイルをその上に敷きつめて併用することで、水槽底面にまんべんなく水流が行き渡り、ソイルに定着するろ過バクテリアなどの微生物が活性しはじめて、生物ろ過のパフォーマンスをグンっとアップさせます。

    アクアシステム プロジェクトフィルター プラス 50HZ
    by カエレバ

    第二位は最近メキメキと頭角を現してきている、アクアシステムのプロジェクトフィルターです。
    従来の底面フィルターの欠点である、「フィルターの形を変えられないが故に、水槽全面に設置できない」という点をバッチリカバーした商品です。チャネル現象の原因である止水域を作ることなく、広範囲に満遍なく水流を行き渡らせることが可能となっています。

    とてもパワフルなので90センチ水槽でも使用することができるのも良いポイントです。 

     

    目次にもどる




    ■第三位 ニッソー 新バイオフィルター

    ディスプレイに最適な薄型タイプで機能アップ!

    安定の安さと品質の良さから、定番となっているニッソーの底面フィルターです。
    そのためユーザー数がダントツに多いもの特徴。レビュー件数は各サイズ合わせると800件以上。(楽天市場のみ)いい商品だからこそ、ユーザーが多いのです。

    ニッソー 新バイオフィルター60
    by カエレバ

    また、アクアリストには色々と「連結」や「直結」をしたがる人も多いのですが、ニッソーの底面フィルターは、エーハイムの外部フィルターと直結することも可能です。(直結を推奨しているわけではありませんが、)パイプもぴったりと直結することができます。

    水漏れには十分注意して、直結をしてあげてください。

    目次にもどる


    ■第四位 ジェックス マルチベースフィルター

    全てのフィルターと連結が可能!多機能性抜群
     
    フィルター全体にくまなく水流をおこす、ワイドろ過なのはもちろんのこと、オプションベース使用で対応サイズが広がります。

    しかも、サイズアップだけではなく、外掛け・上部・外部フィルターとの連結が可能!連結大好きアクアリストにとって夢の底面フィルターです。

    ジェックス マルチベースフィルターL (外掛け式・上部・外部式フィルター接続用底面フィルター)
    by カエレバ

    他のフィルターと連結することによって、ろ過能力のアップはもちろんですが、底面フィルターの弱点である「酸欠になりやすい」「酸素供給が少ない」ことを解決することができます。これで吹き上げ式での運用もすることができます。

    目次にもどる


    ■底面フィルターの他に購入する必要があるもの

    製品とは別に購入する必要があるもの

    底面フィルター本体を購入しただけでは機能しません。その他に「水流を発生させる装置」が必要になります。水流を発生させる方法はいくつかあるものの、一番一般的なのは「エアーポンプ(エアレーション)を使うこと」です。ここではエアーポンプを使用したエアリフト式に必要なものを記載します。
     

    エアレーション

    圧倒的に有名なのは「水心」シリーズです。空気量調整機能付きでパワーもありますので、これが一番おすすめです。

    水作 水心 SSPP-3S
    by カエレバ

     

    逆流防止弁

    エアレーションのチューブが何かの拍子に外れてしまうと、水槽の水がサイフォンの原理で逆流して床を水浸しにします。それを防止する道具です。備えあれば憂いなし、です。お家が水浸しになってしまってからでは遅いのです。

    uxcell 2個セット  逆流防止弁エアーポンプの安全用品栓 逆流防止バルブ エアーポンプバルブ チェックバルブ
    by カエレバ

     

    耐圧チューブ

    逆流防止弁とエアレーションをつなげるために必要です。水槽やるなら持っていれば、いつか使います。

    アクアシステム 耐圧ホース クリア 2M
    by カエレバ

      ▶目次にもどる 





    その他の関連記事
    底面フィルターとは
    底面フィルターのメリット・デメリット
    底面フィルターの種類
    底面フィルターと相性の良い底床




     

    ★チャーム楽天支店★
    アクアリウム商品ならチャームが便利です!
    お得なアウトレットセールも毎日実施中!





    ランキング参加中です 皆様のポチッが励みになっていますm(_ _)m いつもありがとうございます
    ブログランキング・にほんブログ村へ




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    コメント

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット