2021年11月15日
画質が悪くてすみませんが、念願の「紫)青透明鱗体外光メダカ」です。清流きりゅう(桐生)とブラックダイヤ黄金F3をかけわせ、さらに清流きりゅうを交配してできた品種です。

スクリーンショット 2022-01-06 23.40.40

光の加減で濃い紫の表現がぐっと浮かび上がるのがたまらなく好きです。が、非透明鱗三色メダカの記事でも書いたのですが、食への意欲がものすごく低いので到着した時はものすごくガリガリで目玉が飛び出ました。毎日ブラインシュリンプを与え、なんとか産卵までこぎつけ次世代をつなぐことができていますが、この「欲のなさ」をどう克服していけば良いものか考えものです。


2021年11月20日
マイクロレンズの練習がてら紫)青透明鱗体外光メダカの撮影をしてみました。
色が飛んで紫色が一切見えませんが、これはこれで綺麗で好きです。オーロラも好きなのですが、如何せん冬場は水槽の数が増やせないので、今は我慢しています。

スクリーンショット 2022-01-06 23.55.19


2021年12月31日
3匹(オス1匹メス2匹)のうち、メス1匹が死んでしまいました。
10日前くらいから他の2匹に比べやせ細り底で静かにしていることが多くなっていたので、そろそろかもな、とは思っていましたが死骸を見つけた時は悲しくなりますね。

現在稚魚は18匹ほどいますので、頑張って産卵してくれました。
産卵数(1回に1〜5個)も産卵回数も少なくて、一時はどうなるかと思いましたがなんとか次世代につなげることができそうです。