2009年05月24日19:11理論その5:サイド構築論
Comments(2)TrackBack(0)
やぁどうも、おひさしぶりです(´Д`)ノシ

今週めっちゃ忙しかったんで、更新できませんでした。

というのも、試験が六月中旬なため、今追い込みの時期なんです。

で、私は
「一週間に一冊問題集終わらせようキャンペーン」
を実施しているので、毎日まじで多忙です(;´Д`)

もちろん学校の授業もちゃんと出てるよ!!

    ::::::::::::
   Λ_Λ :::::::
  /彡ミヘ )ー、 ::::
  /:ノ:丶 \::| :::
 /:|:: \ 丶| :::
 ̄L_ノ ̄ ̄ ̄\ノ ̄
まじ疲れる…


まぁんなことはどうでもいいです。

今回はサイドボードの作り方講座みたいなかんじ。

と、そのまえにコメ返しです。遅れまくってすみませんでした^^;

灰銀さん

さすがノッセル先生ですね、私にはとても真似できません(´Д`)(笑)

まぁ要するに、デッキ圧縮とカードパワーを秤にかけて、デッキによって使いわければいいんですよね。

1ドローカードをいれることで、全体的なデッキパワーは下がってるわけですし。

デッキ圧縮するためのスロットに、他のパワーカードいれたほうがいいデッキというのも非常に多いです。

とくに混色は圧縮してるスロがあるならOガンいれたほうが強いです><
汚い、さすがOガン汚い。

さて、本題。

みなさんはサイド構築する際、どのレベルまで組んでいるでしょうか。

以下にレベルを示すので、自分に正直になって考えてみましょう^^

※レベルが高ければいいというわけではないので注意

レベル1
漠然とウィニー対策などをいれる。大体翻意か木星。

レベル2
緑中や赤青など、超メジャーデッキへの対策カードをいれる。

レベル3
自分の苦手なデッキを考え、それに対するカードをいれる。

レベル4
超メジャーデッキのサイドを予測し、その対策までもする。

枠外
サイドをフルに変えて、まったく違うデッキにしてしまう。
別名既知外。キチ〇イじゃないから放送しても大丈夫!!


サイドなんていらない。

遊戯王(笑)
デッキにはいっていないカードを引ける。
サイドにすらはいっていないカードを引くことも。
別名サマ師。


どうでしょうか。
最後のほう変なの混じりましたが、
私はSCSならレベル3、
GTクラスならレベル4でやってます。参考までに。

まあ個人的にはレベル3までやってればいいと思います。
レベル2は一見正しいんですが、ならメインから積めよって話。



で、もうすこし話は続くんですが、サイドには大きくわけて2種類あります。

オフェンシブサイドボード

ディフェンシブサイドボード

です。

ディフェンシブサイドボードは、苦手な相手に対する対抗策。まぁ一般的なサイドですね。

それに対してオフェンシブサイドボードは、上であげた、いわゆる既知外です。
サイド前とサイド後で、デッキコンセプトを別なものにしてしまいます。
これにより、相手の投入したサイドを無駄にできます。

また、初戦でタメGを相手に見せておき、二戦目では相手の虚偽の報告を読んで抜くといったものもオフェンシブサイドボードに属しますが、Gを変えるのは難しいかも。


まぁ今回は、こんな言葉や基準もあるよって話でした。
少し内容が薄いですが、頑張って勝てるサイドを作っていきましょう^^

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 愛使者   2009年05月26日 01:19
サイド0枚には実は戦略的な意味があったり。

まず、相手を油断させて一本。
次に、「オレ、強いから、サイドなんて必要ないね!」とか言って相手を挑発、これで二本。

結果、2―0

完璧過ぎる。
2. Posted by 灰銀   2009年05月26日 07:53
先生、良く分かんないので詳しく教えてください。笑

大会の時は3、フリーだと0でサイドを考える。
いやあ、調整って大事ですよね。

混食だと圧縮するまでもなく必要なカードしか入らんからな。まぁ、Gが引けてればって話だが。

コメントする

名前
 
  絵文字