くぅのお腹に、まだハルがいた頃
くぅとぁたしはある約束をした。



『マラソン大会に出よう』
そのために、ジョギングを始めよう!というもの。


理由は、
運動不足解消と、いつも中途半端な自分たちに“何かをやり遂げた”という証をあげたかったから。


マラソン大会は来年4月。市の観光課主催の地元の、小さなマラソン大会だが、くぅとゆuーにはちょうどいいだろうと、この大会に標準を合わせることに決めました。





最近、くぅの産後の体調も安定してきたので、今日からジョギングを始めました。
夜8時に、市立病院の駐車場に待ち合わせ。

車を降りて、歩き始めてすぐ、くぅはポケットからビニール袋を取り出して言った。

“ゆuー、ビニール袋だけは忘れちゃいけないと思って、しっかり持ってきた!”


( ̄口 ̄)
あっ、、あんた…。



ーーー
それは高校時代、体育の時間にマラソンの授業があったんですが、くぅと一緒に走っていたゆuーは、過呼吸で倒れたことがあったんです。
くぅは、そうとうびっくりしたらしく“ゆuーが死ぬ”と思ったと、後から言ってました。
どうやら、それがトラウマらしいです…。

ここの所何年も、過呼吸は出てませんがね。
ーーー



とりあえず、初日ですからほんとに軽く走りました。
最後は力つきて、歩いてたけど(笑)

それでも、秋の風はすごく気持ちよくて、走った疲労感がなんだか心地よくて、初日から小さな達成感、感じちゃいました(^^)。



これから、4月のマラソン大会まで、時々blogで経過を報告していきたいと思います。
途中でくぢけない為にも、みなさん、ゆuーを見守ってくださいね。






》追伸《
ジョギングのために、ほんの1時間ほどですが、くぅはハルを残して家を出てこなければなりません。
それをクリアーするために、真チャンがおおいに協力してくれてるコト、感謝してます(^^)。