サムニングループによるリフォーム詐欺事件を巡り、虚偽説明で工事代金をだまし取られたとして、東京都豊島区の男性ら35人が、グループ4社や親会社「エム・エイチ・エス」の小川隆司元社長(42)=懲役8年が確定=ら42人に約2億8000万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は26日、全額の支払いを命じた。笠井勝彦裁判長は「根拠なく建物崩壊の危険性を指摘して不安をあおり、違法な勧誘方法で契約を締結した」と指摘した。賠償を命じられたのは4社と35人。うち小川元社長への賠償命令額は約1億8000万円。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
判決文偽造:元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決
収受容疑:弘道会系組長ら再逮捕 警視庁
東京地裁:詐欺判決で朗読ミス 被害者を1人多く読み上げ
国民年金詐取:容疑の弘道会系組長に逮捕状…警視庁
振り込め詐欺:「キング」に懲役20年判決…東京地裁

かんぽの宿、「4回以上転売」や「不透明な選定」も 会計検査院指摘(産経新聞)
JAL 一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
日米密約 衆院委で参考人質疑「重要文書引き継いだ」(毎日新聞)
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」(産経新聞)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故-兵庫(時事通信)