29日午後6時ごろ、大阪府高槻市緑が丘3の府道で、「高槻スイミングスクール」の送迎バスが炎上しているのを通行人が見つけ、119番通報した。火は約15分後に消えたが、男性運転手(65)が死亡し、子ども9人と保護者1人が逃げる際に軽傷を負った。

 府警高槻署によると、バスは蛇行した後に側壁に衝突し、炎上したとみられ、詳しい事故原因を調べている。バスには計13人が乗車していたが、消防が現場に駆けつけた時には運転手以外は全員、車外に避難していた。現場は名神高速道路沿いの住宅街。

【関連ニュース】
<交通事故>広末涼子さん:前方不注意で接触事故 東京・環状7号線
<交通事故>ロバートの秋山さん、玉突きで軽いけが 東京
<交通事故>交通事故:練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉
<交通事故>加古川刑務所:看守交通事故、2度目は身代わり画策 懲戒処分後辞職
<交通事故>パトカーが追突 警官ら2人死亡

1位は奈良先端大…国立大初の“通信簿”(読売新聞)
ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)
郵政ドタバタ「限度額見直せる」で仙谷氏軟化(読売新聞)
<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)
バスと接触、乗客けが 酒気帯び運転容疑の男逮捕(産経新聞)