早稲田大OBのデイトレーダーグループによる株価つり上げ事件で、証券取引法違反(相場操縦)罪に問われたリーダーの元会社社長松村直亮被告(28)らの判決が28日、東京地裁であった。多和田隆史裁判長は松村被告に懲役2年2月、執行猶予4年、罰金250万円(求刑懲役2年2月、罰金250万円)を言い渡した。
 弟の無職孝弘被告(26)ら2人も執行猶予付き有罪とした。また、3被告連帯で追徴金約2億2600万円(求刑追徴金約4億2900万円)を命じた。
 多和田裁判長は「労せずして多額の利益を得られることに目がくらみ、証券市場の公正性を害することを意に介さなかった」と非難する一方、3人が反省の意を示し、多額の寄付をしたことなどから執行猶予を付けた。 

【関連ニュース】
勤務中、ネットで株取引955回=上席調査官を減給処分
あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引容疑
あおぞら銀元行員を強制捜査へ=22日にも、インサイダー容疑
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー
フェヴリナ元監査役の処分勧告=インサイダー取引で

「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ-警視庁(時事通信)
<厚労省>余剰金未返納3~5億円 1930件分手続き怠る(毎日新聞)
<福知山線脱線>事故から5年 25日に追悼式(毎日新聞)
舛添氏10日間の結党劇 “次期首相”1位 孤立化の末(産経新聞)
大阪・八尾でひき逃げ 男を逮捕(産経新聞)