2016年08月29日

f2189d2a.jpg昔、広告の携わっていた多くの人の本音は、昔の事なんて恥ずかしくてとても人には言えない、と、いう人が多いのです。ほとんど全ての人はある一つの責任のある役割を果たしていたのですが、全てを一人で取り仕切っていたのではないのです。言い換えればいくらでも代わりはいたのです。自分がその役割についていたのは偶然、先輩が引退したからであって、時期が来て自分も自然に引退した事になります。天から与えられ、そして取り上げられたのです。そして今、別の役割を与えられています。広告関連だけでなく、芸能界も政治の世界も産業界も概ね同じではないでしょうか。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:02)

2016年08月28日

475c7b9a.jpg世界的に有名なデザイナー!なんて言い出すときりがありません。どこかで、ここまでであれば、マア、いいンじゃない?と、いう着地点です。先ず、50歳代後半で自分の限界を感じ現場から引退するべきです。特に組織に属し、教育という名目でいろいろ、意見を言う人は嫌われます。多くの人は細かいところで時代とのズレが生じています。月に数えるぐらいの専門的な“講演,講義はよし”と、します。僅か数行でもウィキぺディアに載っていればベターです。幾つか病気はしたが、とりあえず今は病気の状態でない事。マンションか一戸建てのローンは払い終わっている。フィットネスクラブに通っている。フェイスブックかツイーター、ブログで、世界中に情報発信をし続けている事。またその購読者が数百人程度はいる事。何らかのコンテンツ、特許、著作権などを個人で持ち、幾らかでも収入がある事。最低、安いマンション一戸程度はキャッシュで買える程度の資産がある事。検索エンジンで何らかの紹介記事や画像が複数すぐに出てくる事。

まあ,こういう事が7割、8割実現していれば、それほど有名人でなくても、裕福でなくてもいいとしなければなりません。しかし、現実はかなり厳しいのです。すでに40歳ぐらいでデザイナーとしてはやっていけず、妙に管理職になり,または転職を余儀なくされ、ひっそり60歳代に入っていっている人も少なくありません。特に長く企業にいた人は個人の名前が出てきません。高額な退職金をもらう為、多くのモノを犠牲にしました。家庭生活でもまったく何も無かった!なんていう人も稀です。必ず何か問題を抱えています。出来ればひっそり格好良く雑草の様に生活していたいモノです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:04)

2016年08月27日

d78ec076.jpgお客さんからすれば、失礼な言葉です。企業の中で、平気で“客“と日常的に言っている会社があります。出入り業者などが耳にすると、この会社は駄目だなあと、心の中で思っています。経理処理がずさんな企業、担当者に電話をしても、たらいまわしにする企業も駄目です。若い社員が平気で自社の悪口を言っている企業も駄目。しかし、商品企画をする上で食いつきがいい商品と悪い商品があります。”食いつきがいい“とは100パーセント商品の魅力です。見た目、欲しいなあ、と思わせる商品です。担当者は心からそれを願っています。お客様の事をいろいろ批判しているのではなく、商品そのもののポテンシャルの評価基準です。ですから私は失礼な言い方ではないと思っています。※ 現実には始め、食いつきがいいのにまったく売れない商品、食いつきが悪かったのに、しばらくしてコンスタントに売れていく商品があります。・・・・つまりマーケットに出してみないと結局は分からないということですネ。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2016年08月26日

90e1d871.jpgプライドにもいろいろ合って、よく“世間体を気にするプライド”というのがあります。これが一番危険です。一つの国家も不必要にプライドの高い国は危ないです。何かの裏返しかもしれません。小さな時に裕福な家庭に育った人や、順調に経済が発達してきた国は、不必要なプライドはありません。現実を直視します。例え表向き軽んじられる事があっても、心の深いところではまったく傷ついていません。例え屈辱を感じても、自ら盛り返す力を持っています。反対に過去、十分な蓄積の無い国は、いたずらに、プライドを刺激するようなプロパガンダを国民に繰り返します。それで、更に国民の信頼を無くします。中高年になって、収入が減り、仕事のスケールが小さくなっているのに、無理をしてお金のかかる付き合いを続ける人、豪華な海外旅行に行く人、自宅を建て替える人、投資だと言って人にお金を貸す人、など、見栄とプライドを履き違えている人は多いものですが、これがたいへん危険です。一概に言えませんが、本当にプライドの高い人は、比較的清貧で高潔です。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2016年08月25日

ee6ac9e9.jpg幼児用アニメの乱立で勝手にストーリーが一人歩きしています。もはや、正確に真実の形を知ろうとする人はいなくなっています。ある種、知りたくなくて、次々と尾ひれがついて、多くの人が勝手に想像できる”自由な素材“になりつつあります。フィクションが本物で過去の史実はまるで、知られる事が都合が悪くて削除されているという印象さえうけます。西部劇もやや誇張されていました。中国の革命の話や韓国独立、に纏わるストーリーもけっこう歪んでいます。例えば日本統治の時代、海外に移住した人達がその土地でマフィアの様に暴力を伴って助け合いのグループを作っていました。なにか正当な理由がいるので、とりあえず、民族自律、独立というストーリーを無理に広めました。この僅かな地下の活動が誇張され、繰り返えされ、現在尾ひれがついて正当な教育にいかされています。

現在の中国も始めは単なるゲリラの集団でした。ソビエトから僅かな資金援助をもらい、国民党軍の力を割くために日本軍とも緩やかな協力体制があったといいます。忍者にいたっては、現実は目立たないように、知られないように情報収集していたにすぎません。僧兵の方がむしろ武力を大胆に行使していました。昔の海賊も現在のソマリア沖の海賊とほぼ同じだと思います。山賊は現在のISと似ています。フィリピンの大統領が法に則らず麻薬マフィアを大量に殺害したという事ですが、ギャングといえども生活のために仕方なく参画していたという事も少なくありません。昔、北イタリア、オーストラリア、スイスなどにいた山賊も日常は善良な牧童だったといいます。対応の仕方一つで善人にもなり悪人にもなっていました。倭寇は日本人という定説ですが、これはまったく嘘です。沖縄、台湾、中国南部、朝鮮人、などの当時の政権から逃れた人々が集団で略奪を繰り返していただけです。女性や子供が誘拐され、メンバーの中でまた子供ができ、結果、自分は本当は誰の子供かも分からない、集団だったようです。主に中国、朝鮮一帯を荒らしまくったということで、そのあたりの文化が色濃く残っています。まあ、日本というイメージが勝手に妄想で“恐ろしい民族”という事にして、現政権の正当性を高めていました。今とまったく同じです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:03)

2016年08月24日

7a6a8bf3.jpgいろんなアドバイスなどが、ネットに載っています。こうあるべき、ここに注意!などです。人によってまったく今後の動きが違ってきます。恐らく、正確に検証すると、かなりの確率で数年先が予測できます。すでにうまく動く基礎が出来ている人と、会社に居づらくなって逃げるように退社する人などでは、まったく違った運命が待っています。自分で経理や営業を経験し、特殊な能力、実績のある人と、経済誌やビジネス誌だけを、熟読し、実際の経験の無い人との差は歴然としています。どれだけ人脈があるか、多少なりとも運転資金をもっているかも重要です。数人は支援してくれる人も必要です。本人が独身かどうかも重要です。多額の住宅ローンを抱えていたり、子供に学費がかかる時期と重なっていると、将来、けっこう厳しいものがあります。収入はなかなか思う様にいかないと考えるべきです。かといってまったく間違いの無い“独立”というのもありません、いたずらに怖がっていてもしかたなく、なにかやらないと前には進めません。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:06)

2016年08月23日

fe2461f0.jpgモンドリについては以前このブログで書いたことがあります。40年から50年ほど前は
田舎では川原に夕方、もんどりを仕掛け、翌日上げてみると小魚が幾つかかかっているものです。地域によっては、魚はいろいろです。多いのはハヤ、フナ、なまず、たまに鰻などです。ハイギョも入ってくる場合があります。ザリガニなどは最悪です。この様に仕事も自分の思う様にはいかず、何が獲れるかも分かりません。小魚もあれば大物もたまにいます。だからと言って持って帰っておかずにして食べたという記憶はありません。小さな魚ばっかりだった様な記憶がします。親も期待はしていなかったようです。これも遊びで、いろいろ勉強になりました。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:26)

2016年08月22日

a7a75dea.jpg大阪のオバチャンは半額以下で買わないと自慢しない!と、いいます。高価なものは浮いてしまいます。食材などはあまり自慢の対象にはなりません。ダイヤモンドなどは一カラットぐらいの大きさになると自慢の対象になります。それを半額で!とか、となるわけですが、本当の高級品がそんなすぐに半額などにはなりません。そこで、そういう人対象でにごった物、傷のあるもの、などでイワク付きの格安が存在します。一応は本物なのですが。アートも、工芸品もなにかよりどころの自慢できるステイタスを必要とします。なにか履歴書の様な箱書きのようなものです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・


(00:08)

2016年08月21日

5b6bf2a4.jpg客観的に世間を見みると、そんな事より、有利な条件下に今いるか、厳しい環境にいるかの違いの方が重要だと思います。始めは自分でも良くわかりません。成長していく上で徐々にわかってきます。ほとんど全ての人がなんらかの差別は受けています。しかし、分類されていると言った方が正確です。国が成長過程にある場合と、紛争の真っ只中にある場合とでも随分違ってきます。特に将来が約束されている人、優れた才能のある人、美人である事なども羨ましい存在です。反面、人知れず苦しんでいたり、悩んでいる人も多いものです。一見幸せそうな人が意外とそうでない場合が多いのです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:01)

2016年08月20日

c76e5b66.jpg手をつけてはいけない物に手を付けると、子供とか、弱者から嘆願のメールがすぐにきます。さらに過去の行動を暴きだしてスキャンダルネタとして表に出てきます。本当であるかどうかより、次々と攻撃のためのマスコミ操作が行われます。その為には市民を見方につけ、マスコミを見方につけ。ブレーンを充実する必要があります。ちょっとした言動が中国から韓国からも批判のニュースが出てきます。自民党本部は敵にしないほうがいいと思います。大阪や名古屋、横浜の市長ともうまく連携していく必要があります。おそらく当面の問題は都議会議員を味方につけることができるかどうかです。殺人予告やピストルで撃たれる!などもありえます。ボランティアのダークサイドを暴くグループを早急に組織するべきです。東澤


 ※プチットお願いします・・・


(00:00)

2016年08月19日

dfa912d2.jpg例えば本物の十分の一で売られているとする。誰も本物だとは思っていない。それでもコンスタントに売れている。これはつまりアジアでは十分の一の製造コストで作れるという事です。たしかにマーケティング費用、流通、宣伝、企画などの費用が入っていません。一昔前は、ニセモノとばれるのが恥ずかしい、という人もいましたが、おそらく気に入ったかどうかだけで購入します。韓国に最近円高で日本人観光客が増えだしたといいます。下がりきっていたので、それはそれで底を打ったということです。中国との関係が急に悪化しています。アメリカは関税を上げ始めました。ニセモノは本当にモノがいいのでしょうか?パッケージや包装、商品の材質は手を抜けないのですが、見えない成分や機械などは徹底的に手を抜いています。アフターサービスが完璧なニセモノはないのです。特に機械物はリスクが高いです。つまり表面の見た目の質だけは極めてたかいのです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:15)

2016年08月18日

51431fb0.jpg現在の日本人によくあっているのだと思います。アメリカやヨーロッパ、さらには過去、植民地であった国々の一部の人々の強い支持によって制作されてきました。お人形遊びの流れの一つでしょう。ある程度裕福な家庭であることが条件です。日本にも雛人形に付随した小道具も多くありました。親は小さな子供にこの様な豊かな生活を望んでいた事でしょう。その事とは反対に戦前のフィリピンにはマニラ麻の貿易に携わった多くの日本人が住んでいました。しかし、急な終戦、現地の妻との間に生まれた子供たちは日本人と認められず、辛い思いをしながら70年以上が経ちました。幼児の時まで裕福な生活を送り、以降、出生内容を隠して生きていかなければならない事はたいへん残酷な事です。物心がついた幼児の時にドールハウスで遊ぶという習慣、日本人は今、主婦や中高年の安易な擬似的作家生活、コレクター生活のいい対象となっています。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:01)

2016年08月17日

2befadef.jpg次々と新しい媒体が登場、その都度新しいコンテンツが必要になってきます。その多くは過去にあったコンテンツの焼き直しです。新しい制作メンバーが現代風に解釈し、作り直しています。ゴジラもゴーストバスターズもXマンも、ハローキティも、時代によって商品化の形が変わってきます。同時にオリジナルも次々と登場しています。しかし、何処かで数値的な売れる裏づけが欲しいのです。どこかでヒットしていてくれると、安心して投資ができます。その様にしてミッキーマウスやスーパーマン、忠臣蔵もリメイクされています。クラッシク音楽もいろいろアレンジされ、分割されてお手ごろな形でパッケージされ販売されます。洋服も家屋もその時々の素材を活用します。時代が変わり楽しむ人間が変われば、いくら名作といえどもオリジナルでは重たいのです。ミニアチュール絵画も重厚な油絵を手のひらに乗せて楽しむ事ができます。大きな油絵などはもはや飾る場所すら無くなっています。

昔はトルストイや志賀直哉、夏目漱石、など文学全集が流行りました。もはや個人の部屋ではなおしておく場所すらありません。電子書籍で十分です。パソコンの検索エンジンで好きな絵も音楽も手軽に楽しめます。夥しい量の監視カメラの記録映像も古くなれば自動的に消えていきます。しっかり確認したければその部分だけ止めて拡大して見る事ができます。過去のヒットしたコンテンツは例え複写や模写であったとしても制作手法さえ変えればまったく新しく生まれ変わる事ができます。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2016年08月16日

b099aeb5.jpg“向かい傷”とも言います。全身でぶつかっていけば前面に必ずこちらも傷を負います。歳をとるとその傷を負う事が怖くなってきます。同僚でポツポツと仕事の傷がもとで生活が破綻する人が出てきます。離婚する人、うつ病にかかる人、借金を抱える人なども現れてきます。40歳を過ぎると古傷が痛んだりします。内臓をやられる人、中毒症状の人なども出てきます。それでも傷を負った事のない人は厳しいこの世で成果は上げられません。傷を負いながら徐々に成長し、免疫力を増し、容易に大きな仕事が出来る様に成長します。むしろまるで、犠牲と大きな傷によって成果が出来ているようです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2016年08月15日

c819c332.jpg当時を知る人は次々と古い価値観が崩壊していくのを目の当たりにしました。ロックンロールが生まれ、ヒッピーが生まれ、サイケデリック、戦後生まれの世代が20歳になる頃でした。多くの若者が深夜の、ラジオを聴いていました。小型ラジオが普及したのもこの頃です。マクルーハンという思想家がメディアの革命を提唱しました。そして現在、ツイーターではポケモンがどの公園に繁殖しているかが話題になっています。昔はベッドでラジオが聴けるのは裕福な先進国の若者だけでした。しかし現在のスマホはアフリカの出かせぎ労働者も給料の仕送りをネット銀行に依存しています。家族の顔を見て会話も可能です。つまり50年たって後進国の人々もやっと世界の正確な情報が届くようになりだしたようです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:16)