2017年02月24日

e48aa2c3.jpgとは、いうもののいつも反省しないのではなく、ある種の物にだけは見たくないので反省しないのです。好き嫌いで反省しないのです。言い換えれば利益だけで動くのではなく、ある種の思い込みですから同じ様な失敗は何度もします。それでも反省しないのです。多くの国の国民は自国の過去の間違いについてもほとんど、よい部分だけ何度も勉強します。間違いは明確に理解はしているのですが、やはり軽く理解する程度なのだと思います。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2017年02月23日

37511589.jpgですから子供の出生率も減っています。たくさん作る!と、いう人はたしかに減っていると思います。世の中“カジュアル”になってきて、ささいな事でも妥協しなくなっています。自分の好みを主張します。少しでも自分にとっていやな行為は拒否し、人に合わせる事をしなくなっています。歳をとるとさらにひどくなり、自分の好みを主張する事が生きている証だと考えます。そこまで自分の感性や趣味を曲げない事が重要な事なのか?どうか。理屈を通りこして異常な世界です。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2017年02月22日

88bbe0d4.jpgテレビの番組で今後、長寿社会になると、思ったより長生きをしてしまうので、老後の貯え以外に、健康と人脈! 時代の変化に対応出来る精神! 勉強する力! 打ち込める対象物! などを身につけておかなければならない!と、有識者は言っていました。ある面、寿命は所得格差によって決定されている!とも言われています。たしかにそうなのかもしれませんが・・・・・。若いときから予防する意識が必要です。同じ食事でもバランスよく野菜や肉を食べ、塩分や糖分を控え、ストレスを無くし、適度の運動を心がけている人とそうでない人とは随分違ってくるようです。自分と違った発想の人とどれだけ日々、会話をしているか?と、いう事も重要で、可能であれば人から尊敬され、さまざまな影響を与えている生活が理想です。 ※左上の作品は最近制作したミニ絵画です。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2017年02月21日

3fa498bd.jpgほとんどの上手くいった人は、自分がたいへん苦労したからだと思うものです。その努力が直ぐに思いだされます。たまたまタイミングがよかった!とか、よいめぐり合わせがあったからと、おもう人は少ないものです。偶然助けてくれる人が横にいた事などは忘れています。運の悪い人はその出会いがなかったのです。また偶然、ぴったりの素質をもっていたのかもしれません。稀にこの人は面白い人だなあ、とか将来のビジョンが具体的に語る人がいます。既にそうなったように語る人です。その反対の人は駄目です。昔の事しか話さない人です。結果、運は辿り寄せられる!ものかもしれません。能力のある人が集まってくる人もいます。
東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:05)

2017年02月20日

fef7f067.jpg南の密林でも数百年経ったような大木が、突然根元が腐って倒れます。実は次々と倒れています。その跡に広大な陽の当たる空間が生まれます。そしてこのチャンスに急速に上へ上へと急速に成長する小さな樹木があります。そして、次に葉を茂らせ一定の光を独占しようとします。例え急ごしらえの葉っぱであってもその下には光が届きません。光という利権を確保した樹木は次に幹を太らせ根を張り、基盤を安定するように、競争相手に光が届かないように遮ったりします。地球の生命の生存競争の昔からの仕組みです。韓国の海運企業、造船企業の経営が困難になり人材が散逸しはじめています。20歳代は直ぐに見つかりますが40歳代50歳代は困難です。慣れない仕事への転職は大半は成功しません。大手企業にいた人は言われた事を忠実に守ってきた人です。まったくの大自然の摂理ではすべてを自分で決めて自分でリスクをおって行動しなければなりません。日本でもバブル崩壊後に多くのドラマが生まれました。・・・・・そういうものだと思います。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:13)

2017年02月19日

157a62fc.jpg一人一人、言われたくない事柄を持っています。注意されたくないし、指示されたくもない事です。自分なりに取り決めている事柄でもあります。公開する事でもないし、極めて個人的な事です。他人から見るとつまらない事かもしれませんが。中には秘密の楽しみもあります。ネット上でも表に出てきません。そのような闇の部分がアートや芸術のテーマになります。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:01)

2017年02月18日

579d2c0f.jpg会社を辞めて、自分で広告事務所を作ると、あまり人には言えない仕事でも安定的に収入が見込まれ、それはありがたい仕事でした。1998年頃、ワードやパワーポイントなどでプレゼン用のデータ(原稿)を制作していました。クライアントの人の会議が夜遅くまで続き、翌日発表する原稿を手描きで、ファックスでもらい、ワードやパワーポイントで深夜作るのです。それもワードは一昔前のバージョンで作ります。新しいバージョンで制作すると先方で上手く開か?なかったり、現場で急な文字の改定が出来ないのです。(ゴーストライターみたいなものです)ワードで、本来イラストレーターで作るような高度な原稿を作っていたのです。会議ではプリントアウトしなければならないものもあり、とにかく一番古いワードが安定していたのを覚えています。しかし表やグラフは正確に表現されていなければなりませんでした。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:12)

2017年02月17日

90a37874.jpg手のひらに乗る様な小さな仕事は概ね自分の思う様になります。しかし、規模が小さくギャラも少ないものが多いです。大きな仕事はいろんな人がいろんな事を言ってきます。まったく自由がききません。全て先方の意向を聴いていると纏まりません。中には強く命令する人もいます。他に、グループで、チームで作り上げていくどうなるか解からないような仕事もあります。それは、自分一人ではできないのです。優れたメンバーが必要です。テーマが面白くなければ、優秀な人も参画してくれません。才能を引き出し、人材を見つけ出す事も必要です。まずはメンバーがのめり込める様な魅力的な企画が必要です。本来、それぞれが自分の役割を持っています。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2017年02月16日

0f9ab95b.jpgいろいろありますが、営業やサービス業などをしているとお客さまは思っている事を平気で口に出します。文句や愚痴をいいます。製造業の人々は関連の人の気持ちや段取りやタイミングなどを常に気にかけます。ちょっとした会話や伝達方法にも気を使います。中には価値観を共有しない人もたくさんいます。競争相手や、恨みをもっている人もいますが、顔や口に出す人はあまりいいません、しかし、ちょっとした行為にサインがでています。トレーニングを積み重ねると問題を未然に防ぐ事もできます。しかし、多くの高齢者はあまり気にかけないで歳をとり、思っている事を平気で口にします。単にコミュニケーション能力が不足しているのではなく、周辺から見て不愉快な人物に変貌していきます。介護や病院などに勤めている人は仕事だから我慢をしますが、不用意に口にでる言葉が極めて世の中を暗くしています。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2017年02月15日

89097487.jpg多くの国の見かたでもあります。その見方によって一つのニュースも180度違って聞こえてきます。間違った見かたであっても、何度も聞かされていると、そうだろうなあ、と思えてきます。それに従っておいたほうがいいだろうなあ・・・・という事になってきます。あきらかに民族主義は情報の偏りから生まれます。多くの人は努力して正確な、自分の気に入らない情報を知ろうとしません。一般に海外の人がどう思っているかも、知ろうとしません。目の前の生活が全てです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:07)

2017年02月14日

c1d163f1.jpg確かに所得の低い人でも高級車に乗っている人は大勢います。又、資産家でも古い車、軽に乗っている人も大勢います。しかし、おしなべて懐具合を知るバロメータでもあります。問題はメーカーが微妙な差を価格でつけて、それが常識になっていることです。それ自体に運転している人の値打ちとはまったく関係がない事です。高級車に乗っている人は優秀な人であるという事は言えないのですが、やや世間が解かっている人が多いというのも、あるかもしれません。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:59)

2017年02月13日

5b425c4d.jpg世の中にはマニアックなコレクターがたくさんいます。もちろん一般に値打ちのあるもの、多くの人が欲しがるモノもたくさんあります。人それぞれ値打ち感は随分違います。それでも厳然とした心を捕らえる“魅力“があります。魅了するという魔法です。一つは希少性。一つは高度な技術です。もう一つは古くからの伝説です。多くの人が、値打ちがある!と、断言していればそれだけで”普遍的な価値“が発生します。容易にお金に代える事も出来ます。この幾つかの要素が重なって”有難味“が生まれます。さらにそれを作り出す人、地方、国家などにも”値打ち“が生まれます。値打ちがあるもの同士であれば取引も容易に成立します。よってどうすれば値打ちのあるものを作り出せるようになるかが、努力の対象となります。今の日本とアメリカはどちらも”なにがしかの値打ち”はあるのだと思います。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:04)

2017年02月12日

39c1b91a.bmp例えば江戸時代ぐらいまでは、正確な24時間の時計はありませんでした。日が昇ると働き、日が沈むと自宅に閉じこもる!という生活でした。明かりは貴重で蝋燭や灯明の油はフンダンに使えません。よって時間は明るい時をだいたい6つに分けて、水時計でお寺の鐘か太鼓などで知らせていました。田舎に行くとその様なものはまったくありません。おおむね太陽の位置で時刻を感じていたようです。冬は夜が長く、夏は明るいお昼が長くなるのは、当然だ!と、考えていたようです。お城勤めや商家など、時間を気にする人は限られ、職人や大工、などは夜になるとほとんど仕事はできませんでした。もちろん雨の時も仕事が出来ない人が多くいました。世界中ほとんどこの様にして時間を感じていたようです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:03)

2017年02月11日

2eb74fe4.jpgと、思うのです。女性から見る理想の男性は、先ず“優しい人・頼りになる人・魅力的な人”などと出てきます。多くの男性は表面的にその様に装いますが、本音ではかなり身勝手なものです。出来るだけ人に迷惑をかけないようには配慮はします。が、あまり頼られても全ての望みを叶える事などできません。女性から見て魅力的な人となる様に自分の生活自体をコントロールする事はたいへん疲れます。(ストレスがいっぱいです)我慢をしておかしいと思いながらも清潔でおしゃれで、優しい人など、決して成りたい人ではありません。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2017年02月10日

e5ad5240.jpgまあ、とにかく困った人です。しかし、世の中、結構多いのです。おそらく自分の存在感を知らしめる事だけを考えている人です。本当の目的がそこにあって、本来の成果は形だけです。最後は責任を取らないのです。日本の一部の野党もそうです。仕事上は現場の人間が最後の始末をします。現実は何人かの了解をとらなければなりませんが、口は出すけれど責任を取らない人があまりにも多いのです。仕事の出来る人というのは、そこのところを上手く調整し、ある時は“心にもない事をいってでも”、自分の思う処に落としこめる人だと思います。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:12)