2017年06月26日

5a4813fd.jpg2002年、民主党議員の石井紘基議員が右翼に暗殺されました。原因は完全に公表されていません。かなりの国政(政界)を揺るがす情報を国会で発表しようとしていたからと、言われています。1991年ソビエト連邦が崩壊し、その原因は国民に知らされていなかった不透明な特別予算にあったと言われています。ところが日本の予算においても一般予算の数倍の特別予算が水面下で動いているというのです。当時の小泉政権もその事を重要視し、まずは郵政の民営化をはかりました。それだけでもかなりの抵抗があったわけですが、すでに現実は公務員の天下り対策として、各種、政府系外郭団体が存在しています。

よほど大きな政治主導でもなければ構造的に解決できるものではありません。やはり日本の経済は特殊な社会主義構造で夥しい人がその恩恵に預かり努力しなくても安定的な生活が送れる構造になっています。大なり小なり海外の先進国も同様の問題を抱えていますが、仮にその本質を暴いても真実は巧妙に隠されています。善良な市民がその構築に知らず知らずに参画させられているのです。さて、一番ズルイ人はどんな人なのでしょうか・・・東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2017年06月25日

acb1dc3e.jpg何処の企業でも巧妙に峻別しています。隠れたヒエラルキーです。課長とか部長、取締役になれば今まで見せてもらえなかった書類が見る事ができます。それだけ情報が漏れる危険性があります。よって秘密性の高い情報はごく一部の経営幹部のみの知るところになります。昔は重役会議で報告したり書類が配布されたりしていたのですが、現在は中小企業ですら企業のサーバーに入っていて個人のダウンロードはだれがしたのかまで記録が残るようになっています。最近はそのサーバーがレンタルからクラウドになりつつあります。むしろクラウドの方が、情報漏れが少ないというのです。さてどうなのでしょうか。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)

2017年06月24日

972a7d86.jpgそして多くは聞き流しています。決して実行などしません。それでも批判や忠告は増える一方です。その様にして組織や機構は動いています。能力のない人ほど怒りだしたり、権力を振りかざしたりして説き伏せようとします。大きな力を有する人は大きな力をこれ見よがしに使ったりはしません。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(01:06)

2017年06月23日

0c18fc49.jpg一般には株価は上がったり下がったりします。上がりきった株は必ず下がると言われています。ある人は上がり切った段階で売ってキャッシュに変えます。しかし、多くの人はここまで上がったのだから、まだまだ上がるだろう!と、考えます。人間の価値も、歳をとればさらに値打ちが上がるだろう!と、思いがちです。しかし、現実は社会的影響力が、ドンドン下がる人の方が多いのです。それに伴って収入も減っていきます。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:01)

2017年06月22日

22a2b3c3.jpgという事は女性に比べて!と、いう事です。反対にやはり女は駄目だ!とも散々言われてきました。・・・・・・どういう条件下で判断するかです。いずれにしろ人間はかなり愚かです。やはり政治家は駄目だ!とか官僚は駄目だ!とかもマスコミではよく出てきますが、やはり日本は駄目だ!とかアメリカは駄目だ!とか、韓国は駄目だ!とかの意見もあります。いくらでも言える事です。何時の世にも不満はあります。(反省もあります)しかし事実を捻じ曲げて主張する事は、罪悪です。悲しい事にそういう事を言っている本人が周辺から軽蔑されている事にも気がついていないのです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:18)

2017年06月21日

db7038f1.jpg派遣で働いている人は正社員になる事が当面の目的と思える人も多いと思います。年収200万円の人は500万円というのは夢の世界と思えるかもしれません。世間でいう“出世”というのは例えば部長になり取締役程度になることです。かなりその企業に対する貢献がなければなれるものではありません。有名大学にも政府・官庁にも歴然とした“ヒエラレルキー”があるといいます。一度そのポジションを手に入れた人はさらに困難な問題が立ちはだかっています。しかし、地位とかポジションには何ものにも変えがたい異常な“魔力”があります。“その立場”だけで周辺の人々の態度がまったくちがうのです。名刺だけでもかなりの威力があります。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:13)

2017年06月20日

d5964be0.jpg世の中には意図して様々なテイストの商品が存在します。もちろんデザインも多様です。購入する人は最も自分にぴったりのものを選びます。制作する方は心の中ではこれが一番!なんて思うのですが、いくつかの感覚のチャンネルをもっています。押し付けはまったく通用しません。もちろん価格や性能、用途も違ってきます。恐らく購入する人は自分だけの“思い入れ”を購入するのだと思います。映画でも音楽でもその時その環境で感じた思い出が一生心に残っています。幼児の時に観た感動は老年になっても深く心に刻まれています。アートも工芸品もその様に“その人独自の思い入れ”を販売しているのだと思います。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(01:28)

2017年06月19日

3d98d3ff.jpgその国の、置かれている境遇によってずいぶん対応が違ってきます。中国や韓国などはまったく記録を失くす!と、いう作業までがありました。墓を暴き石碑を打ち壊し、敵の民族を別の地域に移住させるという行為もありました。その点、ヨーロッパなどは征服した民族のよい面を上手く取り入れ自国の文化に巧妙に組み入れる事もしていました。勝っても負けてもそれなりの進化です。日本ではまったく水に流すという文化があります。勝っても遺恨は長く残り後世に災いが降りかかるという考えが生活の中にあります。大陸の文化では食料の関係で負けた民族を絶滅させたり長く奴隷にしたりと、争いの結末がかなり過酷であったためです。ヨーロッパでは搾取する時は徹底していました。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:05)

2017年06月18日

ddc743cd.jpg現在の東南アジア全般の話です。つまり“働きたい仕事”がないのです。働きたくない仕事はいっぱいあります。働きたい仕事というのはよくテレビなどで出てくるカッコいい仕事です。面白い仕事、儲かる仕事、人に自慢出来る仕事かもしれません。自分を高めてくれる仕事です。働きたくない仕事は人に自慢出来ない仕事です。労働環境が悪く、久しぶりに同級生などに会っても本当の事が言えず、ましてや給料の額なども言えません。この機会に行きたかった?レストランやバーなども、諦めざるをえないのです。

その人なりに落ち着くべき所に落ち着く?!と、昔の人は言っていました。職種で住む所も友人も経験も会話の内容も決まってきます。そこで求められるのは、比べる事のできない楽しみ!“趣味”の世界です。個人個人が独自の価値観で年齢や学歴、職場からも開放されます。教祖?もいて一昔前の宗教の様な働きもしています。最近ではSNSでヒーローにもなれます。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:04)

2017年06月17日

2ace68c4.jpg私は専門家ではないのですが、広告業界に多少身をおいていると、避けて通れない問題としてなんらかの関係が常に付きまといます。一人一人が最低限度のリテラシーが必要となってきます。何でもお金だ!と、いうイメージが付きまといます。本当に優れたお店は数ヶ月先まで予約が入っていて意識して情報を出さない処も多くあります。世間の人気に左右されるのは通俗的なお店ばかりです。とはいうものの一般大衆はサイトの初めに出てくるかどうかで随分印象が変わります。単なるお店紹介サイトが“モンスター”になり始めています。広告業界の底辺に存在する“ステマ“の存在が話をさらにややこしくしています。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:11)

2017年06月16日

8e1ffcaf.jpg仕事でも危機に直面した時、上司が優れた人であればその人を信じて不安はほとんど起こりません。もし、信用の出来ない上司であれば不安が高まり不幸のドン底に突き落とされます。また、自分を信じている人は解決策が見えていなくてもあまり恐怖に襲われる事はありません。経験が豊富になるにつれ、他人の恐ろしい失敗を多く見てきてしまったために臆病になります。“自信”はある程度コントロールが出来ます。例え小さな部署であっても常に周辺に自信を漲らせていなくてはなりません。それはまったくの演技です。その役割が周辺の人々を幸せにします。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:03)

2017年06月15日

b2b2f13b.jpgビジネスでもコンテンツでもスポーツでも現実に勝ち残っていかなければなりません。必ずしも競争相手をやっつけたり攻撃したりする必要はありません。もちろん戦いでもありません。むしろ時代に媚びるのではなく時代につかず離れずで順応しなくてはなりません。優れた人は概ね謙虚です。勝つとか負ける!とかではなく自然に精進している人が多いように感じます。根っから好きな様です。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:01)

2017年06月14日

b911586a.jpg現在、幅広く解釈され、幾つかの分野で新しい解釈がなされています。たいへん都合のいい言葉です。明治以降、英語を分かりやすく漢字に置き換え、さらに新しい言葉を次々と作ってきました。しかし、昨今は漢字に置き換えることもなく、そのままカタカナで日本語の意味づけがなされています。微妙に日本語の意味するところと違っている言葉もありますが、ドンドンカタカナ文字が増え続けています。日本語は自然増殖し時代と共に進化しています。

現在では一度“ヴィンテージ”と解釈されれば、善かれ悪しかれ古典的な作品、としてのポジションが与えられます。少なくても過去の時代の変化を象徴する“データ”として記録されます。別の言い方をすれば今、現在でも過去にないものをつくり出せば、“ヴィンテージ“として残っていきます。よく、”人間国宝になる為の最短の職業”というのがありましたが、みんながまだ、やりたがらない!注目を集めていない職業、作品がヴィンテージの最短距離かもしれません。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2017年06月13日

39ca67aa.jpg20世紀までは勉強と体験が、ある程度必要にかられて交じり合っていました。21世紀になって情報が交錯し絶対量が増え、経験し、自分で見てきたかの様な錯覚に陥っている人が増えました。シミュレーションが容易に行えAIの進歩でコンピューターが“擬似的な正解”を教えてくれる様になっています。よって本当の経験を積まなくて、社会で活躍するようになります。現場に直接飛び込まずデータだけを見て判断する人です。反面、2極化によってデータがまったく読めない人が多く出現します。2000年ほど前の中国でも、ごく一部の人だけが漢字を読むことができました。ちょっと勉強したぐらいでは書く事も出来ません。まったく暗号文の様なものでした。もちろん数学も出来る人は少なかったのです。それと同じで裸のデータを本当に読める人は貴重な存在になります。それにはかなりの経験が必要です。言語に置き換わった判り易いデータのその奥にある本当の情報が直接読めなくてならないのです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:25)

2017年06月12日

f8777195.jpgそれで更に実力の無さが広く知れ渡ってしまいます。本当の実力のある人は才能が溢れていて、抑えても、抑えてもはみ出してしまいます。それがまた、世間に広く知れ渡ってしまいます。そのはみ出した作品がまたすばらしいのです。なぜこれほど天は才能に差をつけるのでしょうか。世間はその不公平さ、不平等さがたまらなく好きなのです。東澤


 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)