2021年12月01日

3a0ca4dd.jpg50年ほど前は、先輩は後輩に偉そうにしゃべっていました。訓示を垂れるという風習が残っていました。たいそうにしゃべるのです。団塊の世代の人が管理職になる頃から、企業の書類なども簡潔に、紙一枚で理解出来る様な、習慣が整ってきました。事実に基づいた事例を列挙して企画内容を記載する様式です。官公庁ではまだまだ、不必要な文言が書類の中に入っています。ほとんどは責任逃れの為の文章です。それでもインターネットでは、意図して間違う様に組み立てられた文章も多いモノです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:03)

2021年11月30日

b1d77f93.jpg日本から見て、驚く様な内容です。地方の飛行場とか有名ロボットメーカー、ベンツの親会社の筆頭株主になっています。中国は一度手にした先端技術は絶対に手放しません。オーストラリアなどは、その危険性にやや遅れて気がついたのですが、ドイツも既に、気がついています。ここ十数年ドイツがEUの為に活躍出来たのは中国の資金の後ろだてがあったからです。イタリアもギリシャも経済的にかなり中国に浸食されています。今、スエーデンは政治的に対立しています。ボルボは既に中国の企業です。イギリスも対立しています。幸い、ドイツにもやや弱い技術があります。例えばジェットエンジン。ロボットの関節に組み込まれたモーター部分、特殊な宇宙科学などです。金融は相変わらずイギリス・アメリカが支配しています。スイスも中国には警戒しています。さて、日本は・・・・・
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:03)

2021年11月29日

ca3139fa.jpg小さな成功も一応記録に残るのですが、むしろ、歴史的な挑戦をして失敗した事の方が、社会に大きな影響を与える事もあります。成功や失敗より行動自体が歴史的に重要なのです。何度も何度も語り継がれる失敗もあります。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:10)

2021年11月28日

6309e126.jpgどちらもよく似たイギリスの植民地でありながら、まったく違った境遇に陥りました。1960年代までは、甲乙付けがたい存在でした。どちらも多くの中華系の人と、一部の異なった民族の人々の入り混じる貿易に関する、中継地点の様な島でした。一度日本軍の進出を許し、しばらくして、マレーシアやインドネシア、中国が独立しました。この二つの島は、ややイギリスから見捨てられる様な境遇でした。石油が出る訳でもなく、英語と多言語と貿易、世界経済に精通した少ないエリートがいるだけの島でした。幸いシンガポールは独立しました。大変苦労して多くの企業が参画しやすい、安全で公平で清潔な国を作りました。香港は中国が手放しませんでした。香港の極めて優れた人材は、合法的に逃げ出し現在の香港になっています。中国は別段香港に莫大な投資をしている様には見えません。シンガポールは更に教育や外国企業の誘致に投資をし続けています。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・




(00:15)

2021年11月27日

1058f8bd.jpg私も昔、そう言って先輩にご馳走になったのだから・・・・・そう言う風に、日本の文化が巡り巡って伝承されています。ただ、若い、この人には今、ご馳走するべきだ!と、思えば黙ってご馳走する。そして、この若い人はまた、将来、この人!と、言う人出会えば、ご馳走するだろうと、いう事を感じる事が大切なのだと思います。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・


(00:38)

2021年11月26日

63ef1e1c.jpgこの”バランス”と、いうのが曲者で、他の、新興国、全てが、苦労して、妙な理屈をつけて、外交交渉を続けています。中国からは経済支援が欲しいし、首根っこを掴まれている。自由主義経済側からは、お世話になっている・・・。特に韓国は過去、その行動に一貫性がまったくなく立法府自体、破綻をきたしています。それほど不味いとは思っていないのです。アメリカから見れば、アフリカも、南米も、中東も同様なのです。経済力があればそのバランスも機能するのでしょうが、政権が不安定な国は、全て糸の切れたタコ状態です。本音は自国の将来よりも、今、現在の自分の事だけを考えているのです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:35)

2021年11月25日

9de181e8.jpgトコロが、現在、インターネットの検索で無尽蔵の作品を見る事ができます。自分で保存する事も出来ます。中には大きな画像データーもあって、パソコンのモニターで拡大して観る事が出来ます。機会があれば、直接ヨーロッパにいって、美術館で観た事もありますが・・・。日本に来た時もまめに観に行きました。それでも、私が直接見た絵画はほんの少しなのです。本当は、もっともっとたくさん優れた絵画があったのです。・・・・・・知らなかっただけなのです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:16)

2021年11月24日

b1d77f93.jpg来年はおそらくコロナも一応、落ち着いて、”運気”もドンドン上がる様な気がします。物価は、多少上がるでしょうけれど、GDPも、平均株価も、サラリーマンの給料も、同時にやや上がると思うのです。コロナ禍で、下がるモノは、トコトン下がりましたので。もう、今のところ、下がる要素は見当たりません。くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・


(00:28)

2021年11月23日

0bc0f1c0.jpg多くの企業は部品が手に入らず、困惑しています。物流が停滞し、予定通りに届かないのです。さらに在庫を限りなく無くしていたのも被害を大きくしています。石油などは安い時に大量に買って貯蓄していた国、先物買いで、中長期で購入の契約をしていた国は、有利です。大手企業などで日々国際的なリスク回避のシステムが、常に構築されている企業も生き残っていけそうです。やはり後進国などの、運転資金のない弱小企業は、今、苦しんでいます。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2021年11月22日

9c528c29.jpg貴族の恋愛が、たいへん盛んだった時代です。国力は随分違いますが、その独特の、精神風土は多くの記録に残っています。どちらも精神的に、“見境なく自由”を、謳歌した人々がいました。そしてこの時、世界的に独自の文化が生まれています。日本は中国に対し、フランス・オーストリアを中心とする国家はローマ、ギリシャ文化の模倣から、新しい様式を誕生させました。たしかに気候風土も国際的な経済規模も、まったく違うのですがこの“見境が無い”と、いう精神的に自由な状況は、新しい芸術を誕生させるには、絶対必要な条件だったのです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・




(00:11)

2021年11月21日

75aec86e.jpgと、いうのは日本でも25年経った軽トラの消防車は、たいてい廃車になっています。それで、その古い消防車が海外から大変人気で、海外でも細い路地裏が多く、唯一、日本の古い軽トラの消防車が入っていけるというのです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・




(00:05)

2021年11月20日

43aa323a.jpgしかし、同時に、嫌われない、軽蔑されない事、決断力を持つ事、なども必要とも言っています。現在でも当たり前の事です。今の世の中、政治権力の掌握とビジネス、資本主義の勝者というのは、同じ人なのでしょうか。それでも幸せな日々の生活とは別の事だとは思うのです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(00:00)

2021年11月19日

f30db3e1.jpgアメリカ人のサラリーマンの約6割になっていると言うのです。その原因は、日本企業の技術革新が進まず、デフレが長く続き、円がドルに比べ安くなったからだと、言います。OECD各国に比べ、日本のサラリーマンの給料は、今が、一番安い様です。しかし、日本の庶民は何故か、他の国に比べ、日本は先進国でも一番マシな方だと、思っています。よく、“茹で蛙”現象だと言う人もいます。ですから、日本は物価が驚くほど安いという事で、東南アジアの人まで、日本に買い物に来ます。韓国の人も、中国の人も驚いています。まるで後進国に旅行に行く様に、買い物を楽しんでいます。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・



(01:01)

2021年11月18日

dea2580b.jpgニュースで見る限り、次元の違う問題が、ゴチャ・ゴチャになって、説明されています。どうも。会議では、先進国と被害を受ける後進国とに軋轢があります。石油と石炭を大量に輸出して、国の経済が潤っている国と、大量に消費し続けている国と、エネルギー不足でまったく困窮している国との認識の違いです。核融合発電とか、CO2をほとんど出さない石炭火力発電の研究などへの、積極的な投資も必要ですが。国によってはソーラーや風力発電はあまり役にたたず、石油や石炭などを産出せず、消費もしていないのに、被害だけを受けている国もあります。問題が表面化しただけで、どうも、ビジネスチャンスにどうすれば繋げられるか?と、いう本音が、各国にあるようです。・・・・やたら叫んでいる、人々も妙に目につきます。・・・・つまり、20世紀型の経済システムが、曲がり角にさしかかっているのです。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・




(00:02)

2021年11月17日

c56afd0b.jpg中には腹の立つ人もいます。例えば、信号が緑になって、一秒でも止まっていると、後ろでプーっと、鳴らす人です。左に曲がったたら先の車が赤信号で止まっていて、スピードを落とすと、それだけでプーっと鳴らす後ろの車の人もいます。聴くところでは、まだ、日本は鳴らさない方だというのです。まだ、マナーもいい方だと言うのですが。
くる天 人気ブログランキング  ※プチットお願いします・・・・・

 ※プチットお願いします・・・・・


(00:00)