2017年09月14日

4357b01d.jpg約20年前、これは今後、ずっとあるだろう!と、思われていた仕事の大半が現実には無くなっています。10年前でも仕事の内容が構造的に変わってしまっていて、制作方法がまったく違っています。昔ながらのコピーライターも、今は、単なる文章の上手さよりまるで企画書製作屋さんです。データの収集,コンセプトの立案、コンペジターとの比較、特にビッグデーターの活用などという、魔法使いの様な手法が求められています。一昔前には無かった環境です。与えられたデータを限られた文字数に調整するだけではまったくギャラが取れないのです。デザイナーは広告媒体の規模・業界に合わせてパクリとオリジナルの間を綱渡りをしなければなりません。盗作は駄目!と、言っていてはもはや素晴らしい“デザイン”は出来ません。著作権の管理、裏づけ、広告の規模が大きくなるほど、答えの無い世界に突入しています。これも10年前には無かった環境です。つまり、単純作業は極めてギャラが少なくなって、反面、特殊な専門技術が求められる世界に突入するようです。東澤


 ※ぜひ、プチットお願いします・・・・・今後の励みになります。



(00:03)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔