放置してしまうと、クセになって何度も同じ箇所を痛めてしまうかもしれません。もし腰痛が発生したならば、すぐに専門家の診察を受けましょう。若い人でもある日突然腰痛に襲われる可能性は十分にあります。原因をしっかり調べ、きちんとした治療を受ける必要があります。

腰痛とはいったいどこからどこまでの痛みを指すのでしょうか?腰を中心に背中のあたりが痛い場合や、逆にお尻のほうが痛くなる場合もあります。日本人の腰痛有訴者、つまり腰痛で苦しんだ経験のある人は80%を超えており、さらに近年は増加しているともいいます(参考:平成22年国民生活基礎調査の概況/自覚症状の状況) 。この腰痛、一度痛くなるとなかなか痛みがひかないのが辛いところです。男性女性問わず、年齢も関係なく誰しもがなる危険性があるのです。
さて、腰痛はお年寄りの人がなるものというイメージがありますが、実はそうではありません。腰痛の原因は人によってさまざまです。腰が痛むと本当に体全体が動かなくなってしまいます。日本は腰痛人口が多い国です。

自分はまだまだ大丈夫だと思っている人でも、腰痛を引き起こす原因を普段のライフスタイルに隠し持っているかもしれません。しかも、腰は文字が表すよう、身体の要です。そんなことにならないよう、早めの対処を心がけてください。