開戦前夜?!

ロシアが、在日米軍に「Tokyo Express」と呼称される偵察機で米軍基地、自衛隊基地の状況を偵察しております。その後に北朝鮮国境にロシア軍が展開しているとの情報があります。また、中国人民解放軍も北朝鮮国境付近へ展開しているとの情報もあります。北朝鮮軍への加勢なのか、難民、北朝鮮軍の流入を防ぐ目的なのかは定かではありません。


北朝鮮の核による朝鮮半島統一

北朝鮮が核兵器を実戦に使用できるレベルにまで達した時に、中国による仲介で「核保有国になれる」のを口実に韓国との終戦協定が結ばれ、核による朝鮮半島民族統一の可能性もあります。これに韓国側が応じるとアジアからの「排米」までワンステップ進む事になります。撃てば国家が滅びる兵器を何に使うのかと考えると辻褄が合い、その次のステップにあるのは、もちろん、日本の反米親中化です。


反日思想

中国側の「反日思想」は朝鮮統一後の対日工作であり、統一朝鮮と日本との間で戦争を起こさせた場合に、日本人に「米国と仲良くし、隣接国の中国と朝鮮とリスクを負って敵対する意味はあるのか?」と疑問が生じてもおかしくありません。この答えとして、「9条を守る」「厭戦」の風潮が高まり、「反米親中政権」が樹立する可能性が否定できなくなります。

中国は「日本からの米軍の撤退」「安保の破棄」「親中国家日本」を実現したいだけであり、日本を破壊、壊滅しようとは考えておりません。むしろ、重要なパートナーです。つまり、中国の反日思想、韓国の反日思想と政権の不安定さ、日本の左翼は、今現在以降を考えた中国のアジアから「排米」をする為の戦略ではないかと考えます。また、日本の二大政党制も右翼、左翼で構成されると中国に利用される可能性があります。

中国にとっては中国主導でも米国主導でも、どちらの主導で朝鮮半島が統一してもよく、「排米戦略」のステップが1つ増えるか増えないかの違いだけです。米国主導で統一しても「反日」を利用して、日本と戦争を起こさせれば体制転換はできます。いわば、朝鮮半島は日本の親米を転換させる為の武器なのです。


米国は統一させたくない

先に述べた事を踏まえると、米国の選択肢は極東での緩衝地帯になっていた朝鮮半島の二国を維持する事であり、核だけを排除するのがベストです。米国の選択肢はこの一択しかありません。しかし、アジアからの排米を目論む中国、北朝鮮は核の排除を是としない。また、現状を放置すれば、その後の展開は米国、日本に圧倒的に不利になり、核開発をやめる気がないのであれば、米国の攻撃で北朝鮮の国家体制を維持したまま、北朝鮮軍、核開発施設を無効化するのがベストです。

現時点では意味の無い大国同士の直接対決はお互いに避けると考えられます。また、どちらが主導しても現時点での朝鮮半島統一は米国、日本側のリスクだけが残ります。中国と米国がもっと歩み寄りを見せなければ、朝鮮半島は統一するべきではありません。


まとめ

北朝鮮に対応する各国の選択肢
*画像クリックで拡大

*画像クリックで拡大-スマホ用


①朝鮮戦争の再開の如何に関わらず、中国と米国のどちらの主導で朝鮮半島を統一しても「反日」を利用して統一朝鮮対日本で戦争が起きる可能性。
②統一朝鮮対日本での戦争が米中全面戦争に発展する可能性。
③統一朝鮮対日本で戦争が起きた場合に勝敗の如何に関わらず、「反米親中政権」が樹立する可能性。
④米国は朝鮮半島の二国を維持して北朝鮮軍、核開発施設を無効化するのがベスト。
⑤現状維持は、米国、日本、韓国にとって不利。
⑥朝鮮半島の統一は米国と中国の友好関係がもっと深くなってから。