2007年01月10日

リストラか、疑問の球団。

オリックスは、金がないのだろう。
リストラの球団なのだろう。
金のある企業に売ることだろう。
変な、ファンドで儲けている会社は、本業と球団がよくないのか。
選手も、見切られる。見切ることだろう。

「契約更改交渉が難航していたオリックスの中村紀洋内野手(33)の退団が9日、決まった。同日午前、5度目の交渉が球団と代理人によって行われたが決裂、球団側は交渉を打ち切った。中村の保有権を持つオリックスはトレードか自由契約を選択する見通しで、中村は今季他球団でプレーすることになる。
 交渉を終えたオリックスの機谷(はたたに)俊夫球団代表は「本人の(退団の)意思が固く、交渉を長引かせてもお互い良くない。チームへの気持ちがない以上、球団に残っても期待するパフォーマンスを発揮できるか疑問だ」と説明。退団については中村側からの申し入れで、慰留したが交渉の長期化がチーム編成などに影響を及ぼすことを懸念し、了承したという。
 これに対して中村は、代理人の茂木立(もぎたて)仁弁護士とともに同日夜、兵庫県芦屋市のホテルで会見。中村は「オリックスでのプレーを考えて交渉しているが、球団がそう(退団と)いうなら他球団を探す」と、球団側の説明に反発。「(私の)わがままと世論は見るだろうが、そうじゃない」と強調した。
 昨年米球界から復帰し、オリックスに加わった中村は左手首の故障などに苦しみ、出場85試合で打率2割3分2厘、12本塁打に終わった。今オフの契約更改交渉では、球団側が下交渉の段階で昨季年俸の2億円(金額は推定)から、減額制限を超える60%の大幅減を提示。中村側は昨年、左手首を手術した際に球団関係者が同席しなかったことなどを挙げ、「自分はチームに必要ないと感じた。金銭ではなく、気持ちの問題」として自由契約も視野に入れた要求をするなど、交渉は行き詰まっていた。結局正式な金銭提示に至らず、最後は双方の言い分がかみあわないまま、在籍わずか1シーズンで退団ということになった」

関西のプロ野球球団は、ロクナ球団ではない気がする。
人材、育てるような感覚がない。
変な球団に入った事が、失敗なのだろう。
選手も悪いだろうが、管理者も悪いのかもしれない。

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor 天気
Recent Comments
Archives