2009年07月26日

心に思っていることが、口に出るのだろう。性格か、性質だろう。

人は、思っていることが言葉にでる。
総理大臣も、解散していること知らないのだろうか。
高齢者、その家族、親族は、怒るだろう。

総理大臣も老人である。
果たして本人は、何歳と、思っているのか。数年後には、70歳の爺さんだろうが。





「麻生太郎首相は25日、横浜市内で開かれた日本青年会議所(JC)の会合で「日本は65歳以上の人たちが元気」としたうえで、「元気元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思ってください」などと述べた。高齢者にも働いてもらい活力ある長寿社会を作ろうとの持論を述べたとみられるが、誤解を受ける表現に野党から批判が出ている。


 首相は「80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。60過ぎて、80過ぎての手習いなんて遅い」とも発言。「働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、その人たちは納税者になる」と語った。


 この発言に関し、首相は同日夜、仙台市内での講演で「私の意図が正しく伝わっていない。私が申し上げたいのは、元気で活力ある高齢者が多いということ。この方々には、社会参加をしてもらって、働ける機会を与える。それが活力ある明るい高齢化社会なんだと申し上げている」と釈明した。


 ◇麻生首相発言要旨


 麻生太郎首相の25日の高齢者に関する発言要旨は次の通り。


 日本は65歳以上の人たちが元気。65歳以上の人たちで、
働ける健康な人、いわゆる介護を必要としない人は実に8割を超えている。


 元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違い働くことしか才能がないと思ってください。働くということに絶対の能力がある。
80過ぎて遊びを覚えても遅い。遊びを覚えるなら青年会議所の間ぐらい。そのころから訓練しとかないと。60過ぎて、80過ぎて手習いなんて遅い。


 働ける才能をもっと使い、その人たちが働けるようになれば、
その人たちは納税者になる。
税金を受け取る方ではない。行って来いで、日本の社会保障は違ったものになる。どうしてそういう発想にならんのか。明るい高齢化社会、活力ある高齢化社会。これが日本の目指す方向だ。活力ある高齢化社会の創造に成功したら、世界中、日本を見習う。」



老人が働くのが、いいのが、その前に赤字減らせ。
財務を健全化することが総理大臣の仕事だったのではないか。
不景気、失業、金融危機、すべて、対策は、埋蔵金を使い、国の赤字増やして、景気対策も、効果あるのは、株価だが、平均株価も一万にやっと、なるか。
雇用だけが、最悪。

仕事作るのは、政府の経済政策が今頃効いて来るのか、それとも、一時の赤字の拡大になるのか。
すべては、高齢者が働く事になる時代なのか、すべては、麻生内閣の今までの結果だろう。

子供と、老人も働く時代は、深刻である。
若い人が、海外に出稼ぎに行く時代があるのではないか。
中国、東南アジアに、工場移転の時代になると、ありえるものだ。


高齢者が働き、突然死か、暴走交通事故が多くなるのは、すべては、年金問題だろう。介護に金がかかるからだろう。

今後、どんな総理大臣になるか、期待したい。


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Recent Comments
Archives