2007年03月06日

この先‥

父と電話中‥


僕「今‥家族で食事に来てるんだよ‥そしたら警察から連絡が来て‥」


父「そうか悪かったなぁ‥俺がチャーリを迎えに行くから、お前は来なくて大丈夫だ‥!何かあったらまた連絡するから‥」


僕「うん‥分かった‥じゃあ家に帰ってるよ‥!明日の病院の事もあるし‥保護士の所にちゃんと行ったのか気になるから‥どのみち後で連絡してよ‥!」



電話を切って星空を見上げながら、時間が止まったかの様に深く考えた、僕‥



執行猶予中、しかも保護観察処分中の身でありながらの再犯‥


(こんな時‥意識や自覚が足りなかったって言うのが普通だよな‥)



後が無かったチャーリ‥


なのにまた万引きをしてしまったのが現実‥


(チャーリは間違い無く入るんだろうな‥刑務所に‥)


前回の裁判で避けて通る事が出来た、懲役‥


でも‥


(どんなに周りが協力をした所で今更無理だったんだろうか‥周りが応援をすればする程‥チャーリにはプレッシャーになっちゃって、空回りになってたもんな‥)



精神病の原因がどこにあるのか‥


医師でさえチャーリの傷がハッキリ具体的には未解決のままの現状‥


衝動的になるスイッチはどこにあるのか‥



精神病と言う病気になってしまって日々自分探しをしていた、チャーリ‥


医師(病院の担当医)が最近言っていた言葉‥



チャーリは出口の見えないトンネルの中で、出口を探して毎日何もしていない様でも常に戦っていると‥



(病気のチャーリにはやっぱり自分をコントロールする事は出来なくて‥結局また繰り返す運命だったんだな‥こうなる前に入院させた方が良かったって言えば良かったのかも知れない‥)



僕「はぁ‥参ったなぁ‥」



(福祉施設を探したり、遠回りしたけど、行き着く所はやっぱり刑務所になるのかな‥?)




でも仮に入院していたとしても、退院してからまた万引きを繰り返しかも知れない不安がよぎる‥



僕の一般的な意識じゃどうにも出来ないもどかしさ‥



次から次へ‥


いかなる状況でも悩みはつきませんね‥



この先、刑務所に入ったからと言ってチャーリの病気が治るとは限らない‥


今まで産まれてから集団生活をした事が無いチャーリは精神的に追い込まれ、むしろ悪化するかも知れない‥


肝心な所だけど‥


(刑務所ってどんな所だろう‥?)


刑務所の中って、テレビで観る断片的な場面の知識しか無い‥


最近のテレビでやってたけど、一度刑務所に入った人の同じ犯罪に対する再犯率の高さに驚いた、僕‥



このまま僕は‥一生チャーリの心配をする事になるのだろうか‥?



(なんか頭がこんがらかってきたな‥)



ブーンブーン‥ブーンブーン‥


そこにメール‥



妻からのメール【何やってるの!あんたが戻ってこないから、クウ(長女)がトイレ行けないでしょ!リズム(次女)は寝ちゃってて目が放せ無いの!】


(ハッ‥!?そうだ‥食事に来てたんだ‥!)


(思わずボーッとしちゃったよ…)


慌てて店に入った、僕…


僕「悪いね、お待たせ‥」


妻・長女「遅いよ!何やってたの‥!」


僕「何って電話だよ‥!はぁ‥またやっちゃったんだよ‥チャーリ‥」


妻「慌ててたから、そうじゃないかなって思ったよ‥でも‥また繰り返すんじゃないかって言った通りになっちゃったね‥」


僕「そうだね‥また繰り返しちゃったね‥」


妻「あんたが悩んでも仕方ないよ…!とにかくクウ(長女)をトイレに連れてってあげて‥!」


長女「行こ〜よパパ〜♪漏れちゃうよ〜」


僕「えっ!?大丈夫?走って行こう!クウ!トイレまで頑張れよ〜」


長女のトイレを済ませ席に戻ったけど、やっぱり食欲が無くて‥



僕「はぁ‥」


妻「パパ食べなさい!食べないと参っちゃうよ!なる様にしかならないんだから‥」



僕「分かってるよ‥だけど‥何かこう言う悩みって重たいね‥何度味わっても嫌なもんだね‥」


妻「本当だねぇ‥しかしパパはツイてないね‥いつも楽しい事があるとすぐに悲劇になるね‥こんな事言ったら悪いけど、どうせ連絡来るならご飯食べてから電話が来れば良かったのに‥パパは考え事すると食欲が異常に無くなっちゃうもんね‥」



僕「そうだね‥ツイてないと言うか‥とにかく食欲無いよ‥ピテ(妻)が沢山食べなよ!クウ!いっぱい食べなよ‥!」


長女「は〜い♪」


妻「あんた‥私を太らす気‥!」


ビクッ!?


(゜ロ゜;)



なんだかんだで食事を済ませて帰宅しました‥



しばらく経って父から相変わらず改行が無いメール‥




父メール【チャーリを迎えに行って今帰ってきた、チャーリは相変わらず盗った時の記憶が無いらしい。後日検察から呼び出しが来るそうだ。保護士の家には行ったそうだ。どうやら保護士の家の帰りに万引きをした様子。保護士の人も心配していた。明日は病院に俺が一緒に行くから大丈夫だ。】



(連絡してって‥メールかよ‥!)


(親父‥また会社休んだのか‥?)




次の日、父はチャーリと二人で病院に行き担当医に繰り返した万引きの事実を伝えたそうです‥


病院としても、これ以上なすすべもなく‥


今の僕達は‥


検察からの呼び出しを待っている所です‥




最近のチャーリはと言うと、寝過ぎて病院に行かなかったり、保護士の家に行かなかったり‥




周りから見たら相変わらずの毎日です‥




ともわれ今は家に居ます‥




この先、どの様な道が待っているのだろうか‥?



兄として過剰にならない様に気をつけながら、出来る限りの協力はやっぱりこれからもこの先もするつもりです‥



この世の中で‥



二人きりの兄妹ですから‥




結果は目の前に迫っています‥








余談てすが、『まだ進』過去編を綴るのにスタミナを使うなぁって最初は思っていたけど、比にならない位今のチャーリ編の方がスタミナ使います‥


現在進行形って全く消化してないからなんでしょうね‥





検察からの連絡が来るまで‥

次回から過去編に戻ります‥


また応援宜しくお願いします‥







ランキングです。
励みになりますのでクリックお願いします‥


人気ブログランキング

a19741011 at 04:33コメント(8)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ヨチ   2007年03月06日 10:16
コメント有り難う御座います。
いつも励まされます。


前回の裁判の結果からして、チャーリは多分‥
何年になるかは分からないけど、間違い無く懲役になると思います。


今は懲役になる事が問題なんじゃなくて、そこ(刑務所)で治るかが心配です。
医療施設がある刑務所に入れれば、少しは良いのかも知れませんが‥

でも、そんな事言ってる場合じゃ無いとは思いますが‥


チャーリが中に入っている間は確かに周りは安心出来るって言う事実感情もあります‥
でも出て来てからも精神病が治って無かった時は、今よりも年老いた父が更なる苦労をする事になるのが目に見えています‥

この先‥

どうなるんだろう‥?

2. Posted by めぐ   2007年03月06日 22:06
5 気の休まらない日々を過ごされてると思いますけど、本当に体には気を付けてくださいね(^^;)
『まだ進』の過去編、無理しない程度で頑張って下さい!楽しみにしています。(*´艸`)
3. Posted by ナツキ   2007年03月07日 16:34
毎回更新のたびに読ませて頂いてます。
『ピック病』

ってご存知ですか?

理性がわからなくったり、万引き中の記憶がなくなったり。
一度パソコンでも調べて見てください。
何か分かるといいですが…
4. Posted by さき   2007年03月08日 22:33
5 ホンマにお疲れ様です…。チャーリさん、刑務所ですか…。そうゆぅのゎ一生ついてまゎってしまいますょね…。でも無意識にやってしまぅんだからなぁ…。刑務所に入るょり適切な方法がぁるハズですょね。福祉、行政がきっちりしてたら。すごく憤りを感じます…。
5. Posted by セレナ   2007年03月09日 10:59
5 ランキングからきて一気に読みました!世の中には想像もつかない出来事はたくさんありますね(/_-。)ヨチさん だけじゃないです!応援していますから めげても復活して 進化してくださいねっ
6. Posted by じゅん   2007年03月14日 20:19
5 初めまして。チャーリさんの事、本当に心が痛みます。睡眠、摂食、感情、自分の思うようにコントロールできないというのは苦しいでしょうね。。どれか1つでも軽くなれば良いですね(^^)
7. Posted by なつ   2007年03月28日 19:26
5 初めまして。
去年からずっと見ています。
久しぶりに入ってみたら更新されていて
ほっとしました(^^)
チャーリーさん心配ですね。。。
でもお兄さんも無理なさらないで下さいね!!
8. Posted by さき   2007年04月10日 23:26
5 ヨチさん、お元気ですか??
心配で…
その後チャーリさんゃご家族ゎどぅですか??

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ヨチ君
27歳で同じ年の妻と結婚をして、3歳と1歳の娘が居ます・・
僕は現在32歳・・
幼少期から母の圧倒的な価値観パワーを植え付けられてきた僕は・・今の僕の感性に至るまでには価値観や常識のギャップに悩む日々でした・・・
「人は変われる?」そう信じ・・
過去を消化して前向きに歩き出した、僕・・・。
moblog