2008年06月02日

畳で集中力アップ!

子供の集中力、畳でアップ・北九州市立大准教授が分析
 
畳などに使われるイグサには子どもの集中力を持続させる効果が認められることが、 北九州市立大の森田洋准教授(生物資源工学)の研究で分かった。
香りや色、感触が適度に緊張をほぐして集中力を長続きさせるといい、6日に研究結果を発表する。

森田准教授は、福岡市内の学習塾に畳敷きの特別教室をつくって調査を実施。中学1年生233人、小学5年生90人の計323人を対象に、畳教室と普通の教室で2けたから4けたの足し算や引き算を、 30分間に何問解けるか調べた。

その結果、普通の教室で解いた問題の数(解答数)は平均129問だったのに対し、 畳教室では平均145問で14.4%上昇。とくに小5の解答数の伸びは24.3%で中1の12.4%の倍だった。

正答率は普通教室88.5%、畳教室90.4%でほぼ一緒だったが、集中力には有意な差が表れたといい、 森田准教授は「低学年ほど集中力の持続効果が望める。
学校や塾、子ども部屋に畳を導入することをお勧めしたい」と話している。

a1_home at 09:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔