北から冷たい空気が流れ込んだ影響で28日、東日本の太平洋側と関東地方は気温が上がらず、2月上旬~下旬並みの寒さとなった。岩手県宮古市の山間部では最低気温が氷点下20.3度、宮城県栗原市では同12.7度と、3月の観測史上最低を更新した。茨城、栃木、埼玉各県では、ほぼ全域で、例年の最も寒い時期の最高気温を下回った。

 東京都心部も、最高気温が例年より5度低い9.5度と2月上旬並み。桜が5分咲きの目黒川沿いでは花見のイベントが開かれたが、人出は前日の5~7割ほどだった。

 気象庁によると、29日も寒気を伴った気圧の谷が接近するため、東日本全域で冷え込む見込み。気温が上がるのは30日以降になりそうだという。【安高晋】

【関連ニュース】
気象庁:天気予報サービスでトラブル
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開
気温:4~6月は平年並み 東海3カ月予報
気温:4月は高め 気象庁3カ月予報

「今が最初で最後のチャンス」自民会派離団の大阪府議が会見(産経新聞)
<鳩山首相>普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す(毎日新聞)
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議-地裁提示案、賛成多数で(時事通信)
骨格発表、首相は了解済み=亀井氏、閣内の批判に反論-郵政改革(時事通信)
枝野氏、小林氏説明、納得できない=菅氏「党で対応検討も」(時事通信)