tumblr_o6jtt8SiLc1rcrybbo4_1280

写真はこちらでどぞ。
Troopers Depo:Manouevre(GMT)(0301)
※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。

先日各国をマッチメイクした表題作ですが、他にも対戦の写真がありましたのでまとめておきます。
赤磐会会長のiriyakさん宅での個人ゲーム会でプレイしたときのものです。

1.シナリオの概要

(1)全般
iriyakさんが初めてとのことで、表題作で一番プレイされているであろう英仏戦を選択しました。
地形のセッティングは全般的に森林と山地がポツポツと散在する平野部となりました。
仏軍左翼には比較的広い森林地帯が広がり、中央に両翼を分断するように山地が縦に連なったように点在します。

(2)仏軍について
司令部カードの特殊能力は英軍とほぼ拮抗した内容です。
僅かに強行軍能力が上回っており、機動性が高くなっています。
部隊は歩兵6、騎兵2という歩兵中心の編成で、歩兵、騎兵ともにゲーム中最強戦力(8戦力)の部隊を持っています。

(3)英軍について
総攻撃と斥候能力でわずかに仏軍を上回っている以外は司令部カードの能力はほぼ同じな上に、部隊編成も仏軍と同じく、歩兵6と騎兵2となっており、両軍はほぼ同じ性格の軍隊という感じになっています。
部隊内に歩兵/騎兵に強力な部隊を持っている点でも仏軍と類似しています。


2.シチュエーション分析と方針

(1)分析
双方とも配置可能エリアの最前線(自陣営から2マス目)に横一直線の横隊で布陣ですが、中央を山地で分断されています。

(2)仏軍の方針と配置
ほぼ類似の軍隊ということで同じ戦い方では相殺となりそうですが、ひとまず英軍と同じ布陣で左翼に騎兵をまとめます。
ここまで似た性格の軍隊だと、あとは戦運(手札)と司令部カードの使い方で英軍をやりこめるしかなさそうです。
ある意味出たとこドンなのですが、ひとまず敵戦列の分断〜各個撃破というセオリー通りの展開を指向してみます。


3.プレイの経過

序盤、英軍は右翼騎兵を突出させて仏軍戦線の切り崩しをねらいます。
その陰では仏軍左翼の森林の中を歩兵が密かに浸透してきます。
仏軍左翼正面は確かに騎兵にとっては突撃しやすいのですが、仏軍も同様です。
こちらには親衛隊と全騎兵戦力を進出させており、単独突出した英軍騎兵を早々に撃破します。

一方仏軍は右翼で進出を図ります。
英軍もすかさずこれに対応して兵を送り込んできます。

仏軍左翼に話を戻すと、左翼広大な森の中を進む英軍は全線が大きく英軍陣地に前進した左翼に絡め取られてしまいました。

英軍が手札の関係もあり全線への逐次投入のような様相となってきます。
(続く)