tumblr_oo720fBJzJ1rcrybbo8_1280

写真はこちらでどぞ。
Troopers Depo:ワールドタンクディヴィジョンII(ジャイブ)ブダペスト(0102)
※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。

第3ターン。

ここで、時すでに遅しの感がありますが、ソ連軍に大量の戦車部隊の増援が到着します。
これら部隊はブダ市南西より同市を目指して北東へ進撃します。

独軍は計画通り北西からブダ市へ向かう救援部隊の一部にブダ市西部一帯での防衛線を構築を命じます。
一方、ペスト市周辺では東から侵入した救援部隊とブダペスト防衛部隊残余によるソ連軍掃討戦が続けられていました。
この残敵掃討によりソ連軍残存戦車と歩兵を殲滅し、ペスト市周辺に残るソ連軍はなんとか離脱した歩兵一隊のみとなり、史実とは逆に独軍はペスト市街をほぼ平定することに成功しました。

第4ターン。

ブダ市西部ではソ連軍増援部隊による物量戦でIII号突撃砲により構築されていた防衛線が一瞬で崩壊に追い込まれます。
独軍はペスト市東部の掃討をほぼ終え、ブダ市方面への戦力集結を開始します。
先ほどソ連軍により破砕された防衛線には、新たに西方にいた機動防御戦力のIII号突撃砲を投入して、再びブダ市西方防衛線を構築することにします。

第5ターン。

ソ連軍がブダペスト西方より一気に突入を開始、再び大規模なブダペストへの攻勢を発起します。
南から迂回してペスト市街への突入を図ったソ連軍部隊は市内にいたVI号を撃破して市街南部の確保に成功します。
しかし、西側のブダ市街へ突入したT34/85部隊のほとんどは撃破されてしまい、なんとか一隊がペスト市街へ敵中突破による脱出を行い、ペスト市内を制圧していた味方との合流に成功します。
ブダ市外郭でも激戦が続きます。
ブダ北西の森の中では突撃砲同士による激しい砲撃戦が生起しますがこの戦いはSU152を擁するソ連軍が制しました。

独軍はブダペスト市外郭にいた部隊を再び市内へ突入させて、市内制圧には成功した者の疲弊したソ連軍への反撃と掃討を図ります。
この反撃でペスト市北部の奪還には成功しますが、南部ではソ連軍戦力にそれなりの打撃を与えたものの貴重なVI号を討ち取られてしまい、市街の奪還はなりませんでした。

★序盤、物量で押していたソ連軍でしたが気付いてみればあっという間に戦力が溶けてしまっており、残るはSU152二隊とT34/85一隊のみ、という状態です。

(続く)