tumblr_otapzgnJAW1rcrybbo7_1280

写真はこちらでどぞ。
Troopers Depo:OBJECTIVE HAVANA/MODERN WAR 028(DG)(0103)
※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。

第2ターン(D+2日)。

ペンタゴンSP:+2 → 4

米軍は急ぎ先ほど壊滅したSEAL チーム2を再編し、第135空母任務部隊のF4を補充。

今回は特殊部隊にはすべて任務偵察を与え、未確認の基地/航空基地のある地域の戦力確認を進めることとします。
この集中偵察は非常に効果的で空軍コマンドがサンアントニオ偵察中に見つかり反撃を受けて壊滅した以外は、それなりに敵情を知ることができました。
特にハバナからほど近いマリエルにフィデル・カストロの存在を確認できたのは非常に大きな成果といえます。
またこの偵察で得られたハバナ南のホセ・マルティに大規模なミサイル基地の情報をもとに、空爆及び空挺強襲による西部への奇襲が計画されます。
ただしこれをさとられないため助攻としてマンサニヨ港湾への強襲上陸等の一定の作戦行動も併せて実施されることとなりました。

偵察結果をもとに行われた空爆ですが、グァンタナモ市街にあるミサイル/補給基地に対する海兵航空隊の空爆は全く戦果を上げることができなませんでした。
しかし、中央〜西部のカマグエイとサンタクララに対する攻撃では航空基地を守備するキューバ軍を一掃し、ホセ・マルティでは空軍の空爆によりミサイル基地を二箇所破壊することに成功します。
さらにフィデル・カストロいることが確認されたマリエルには急遽海軍艦艇が派遣され艦砲射撃による砲爆撃でフィデル・カストロを司令部がある建物とその周辺毎破壊して殺害に成功。
キューバ軍に少なからぬ精神的ダメージを与えます。

一連の航空攻撃ではミサイル基地や要人を含め、序盤にしてかなり大きな戦果を得ることができました。

(続く)