tumblr_or2r0zN96e1rcrybbo7_r1_1280

写真はこちらでどぞ。
Troopers Depo:Zhukov’s War/World at War 50(DG)(0102)
※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。

3.プレイの経過

第1ターン。

チット1枚目(枢軸軍A裏)
当然ながら真っ先に殴るしかないため枢軸軍はA裏を選択します。
また作戦は「青」作戦が選択されているため南で大攻勢が発起されます。
ヴォロネジ付近は概ね史実通り?といった進撃状況となります。
南ではロストフを早々に制圧できましたが、方針通りコーカサス方面への遠征は行わないためスターリングラード目指して東進を進めます。。
作戦境界線部の中央では助攻ながらルジェフ付近から進発した攻勢が行われ、大きく進出した枢軸軍戦線はカリーニン付近のモスクワ第一次防衛線まで突出します。
今回の増援の大半は戦線拡大によりギャップが生じた南方ロストフの東、ドネツ河を越えて東進中の装甲軍へ与えてその戦力強化に充てます。
(二個装甲師団、一個歩兵師団)

★シンプルそうで各ターンの両軍のモメンタムを再現するための細かな特別ルールが多く、慣れないうちは適用漏れがありそうで少々不安です。
★タイ・ボンバ氏得意のシークエンス入替をチットの表裏に仕込み、それをランダムに抽出させて実行/選択させる、というヒネリ技はなかなか面白い効果を生んでいると思います。
★第1ターンのソ連軍パニックルールは、ソ連軍を絶対に包囲=補給切れにすることができない=力以外に止めをさせないものとなっており枢軸軍にとって非常に歯がゆいものがあります。

(続く)