tumblr_owsflksXBQ1rcrybbo10_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:Strike-Counterstrike/WORLD at WAR 053(DG)(0107)


打撃軍の投入に伴い、大半の部隊は戦線平押しを中止し、打撃軍に続いて各都市制圧へ向かわせます。
3つの打撃軍がそれぞれ啓開したヴェルキエルーキ、ベリー、スヒーニチ方面へルートを今度は後続部隊が進撃。

カリーニン方面軍の南北からそれぞれ三個軍程がルジェフ周辺の枢軸軍戦線を刈り込み同市をほぼ包囲します。

西正面軍からブリャンスク方面へ派出された二個軍もカルーガを北から挟撃し、南から進む部隊とともに同市を包囲にかかります。
しかし、こちらは微弱な戦力ながら包囲に抵抗する枢軸軍の反撃を受けて、なかなか前進できません。

ここまで順調にSTAVKAからの命令を達成しているように見えますが、その実かなりの部隊が損耗しており、わずかな補充を受けつつ衝力を維持して攻勢を継続ししている、という状態です。

★サブカウンターへ置き換えていますので、盤上戦力は目に見えて減っていませんが、このターンでのサドンデス判定を回避するために各軍ともかなり無理な攻勢を行っており、戦力プールを見るといずれも初期戦力からかなり損耗していることがわかります。
★しかし、一連の戦闘でKラインの東側を20ヘクス制圧することができ、第3ターンの勝利判定をクリアできたため反攻作戦は継続となりました。

これによりヒトラーはKラインまでの撤退を全軍に下命し、ソ連軍はここまでの国土を奪還することができました。

★この時点で一旦Kラインで最前線が再設定されてゲームが続きます。

(続く)