tumblr_os5s36RROu1rcrybbo3_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:SUEZ 1916(DG)(0204)


第4ターン(1916/08/05夜)

協商軍が一気にピンチに陥りますが、増援はまだ到着しません。
(1/2の確立で2回空振り!)

増援を得られない協商軍はスエズ運河突破に一途の望みをかけて攻勢を諦め工兵大隊を守るためにBallybunion北に防衛線を築き英軍の逆突破を防ぐことにします。
Ballybunionの協商軍工兵大隊はスエズ運河へ向けて西進を開始しますが、肝心の東岸が砂地のため一歩及ばず到達できませんでした。
(完全に確認漏れ!)
ここで先ほど英軍に大破孔を開けられたカチア方面に再び1個連隊を呼び戻し、同じくDueidarより呼び戻した独軍アジア軍団とPelusium周辺に展開する二個大隊と共に再びロマーニ封鎖を試みます。

一方、英軍は協商軍のスエズ運河突破絶対阻止をかけて東岸において戦闘には不利な条件ながら夜襲を実施。
(夜間ターンは英軍に戦闘時L1)
この攻勢ではD2の戦果を得ますが、協商軍は最小限の後退のみで損害にて後退吸収し、断固工兵隊死守の構えを見せます。
また不用意に行われたGilban駅付近の戦闘は装甲列車と装甲車大隊の連携がとれず逆に英軍が退却を強いられてしまう結果に。
唯一ロマーニ周辺にてPelusium駅の奪還を果たし、カチア前面にて協商軍大隊に損害を与えることができたのが英軍の唯一の戦果となりました。

(続く)