tumblr_os5s7zbQAw1rcrybbo6_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:SUEZ 1916(DG)(0205)


第5ターン(1916/08/05朝)。

協商軍の危急のタイミングでやっと1個連隊の増援を得ます。
しかし、増援の足が遅くカチアへの到着は午後となる見込みです。

協商軍は乾坤一擲で工兵大隊のスエズ突破を果さんと北から迫る英軍に対し、堅牢な防衛線を敷くとともに正面の英軍に激しい砲撃を浴びせます。
英軍も対砲兵砲撃等で応戦しますが、密度の高い協商軍の砲撃の前にほとんどの英軍が損害を受けてしまいます。
ロマーニ方面ではあまり効果が上がらなかった砲撃ですが、遮蔽物のない平地での砲撃は非常に破壊的な効果を生みました。

地上戦力で協商軍工兵大隊を守る部隊を排除することはできなかった英軍ですが、密度は低いものの精度の高い砲撃を前線後方でスエズ運河東岸にて活動中の協商軍工兵大隊に加え、なんと見事これを撃破します。

★Ballybunionからの工兵大隊の機動が1ターン遅れた格好です。
★8/5の夜間にスエズ運河に到達していれば英軍の砲撃を受けずに協商軍サドンデスとなっていたと思われます。

協商軍によるスエズ架橋阻止に成功した英軍は、この他Gilban駅周辺やカチア前面にて攻勢を実施し、損害を受けつつも協商軍を潰走させる戦果を得ます。

(続く)