tumblr_owsfvessZU1rcrybbo9_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:Strike-Counterstrike/WORLD at WAR 053(DG)(0108)


第4ターン(1942/1下旬)

補充は、もはやこの二箇所での攻勢が戦局となっているといっても過言ではないブリャンスク方面軍とカリーニン方面軍へ集中します。

最北の第3打撃軍はヴェルキエルーキの北を迂回してひたすら西進を続けます。
数カ所で枢軸軍の抵抗を受けますが、これらをはねのけヴェルキエ・ルキ北まで大突破を果たします。

またカリーニン方面軍は第1打撃軍を先頭にやはり枢軸軍の激しい抵抗を受けますが、ベリー南を迂回して周辺を包囲、ルジェフもほぼ包囲環を閉じつつある状況となっていました。

ブリャンスク方面軍では第4打撃軍がカルーガの南方を通過してさらにスヒーニチ南まで進出、同市の包囲を伺います。
その北側面からも第50軍がカルーガを南を迂回するようにして第4打撃軍の前進を支援します。

(続く)