tumblr_p1gl4a5SBp1rcrybbo2_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:Christmas at White Mountain(Hollan Spiele)(0104)



  • 第12ターン。 今回もボヘミア諸領側はアクションなしで戦闘準備(ダイスロール)のみとなります。 4D6の出目は1,2,5,6ですかさず6を1個プロテスタント騎兵にセットします。 これで号令が出れば騎兵がいつでも飛び出せる状態となります。 #CaWM_HS posted at 11:59:40

  • Hohenloheの攻撃がとりあえずなさそうであることからカトリック同盟騎兵の防御態勢を一旦解きます。 (セットしていたダイス2個を"空"戦闘で回収) 戻ったダイスを加えて3D6を行った出目は2,,4,6でこちらもすかさず4を1個十二使徒隊へセットしてこちらも砲撃準備が完了します。 #CaWM_HS posted at 12:02:45

  • 加えて、2の目を牽制目的で神聖ローマ帝国騎兵へセットします。 (リアクションのためには2のダイスがもう1個、突撃のためには2個必要です) #CaWM_HS posted at 12:03:48

  • 一応ダイスをセットしておいて何らかのアクションに備えつつ、次のターンで外してもよさそうなら"空"戦闘を行ってダイスを回収するというテクニックは使い勝手がよさそうです。 #CaWM_HS posted at 12:07:47

  • 第13ターン。 プロテスタント騎兵が満を持して神聖ローマ帝国騎兵に最後のチャージをかけてこれを粉砕。 これで士気がまた中央に戻ります。 またプロテスタント騎兵は追撃に入ったため戦列から離れます。 (戦場からの離脱と同様、もう戦力にはなりませんが潰走することがなくなります) #CaWM_HS posted at 12:58:45

  • ルール上の疑義で追撃は強制的か?というのがありますが原文からすると選択肢はなさそうで、強制的追撃という理解でよいかと。 また時代的にも統制が効かない騎兵突撃ということでは腑に落ちる処理です。 #CaWM_HS posted at 13:00:06

  • 戻ったダイスを併せて6D6の結果はまたまた1,1,2,2,5,6。 (ツ■ダイスを使っているからなのか?!) ここは5か6がほしいところですが、仕方なく5を1個Hohenloheへセットし、カトリック同盟歩兵の戦力漸減を企図します。 #CaWM_HS posted at 13:02:26

  • カトリック同盟側は十二使徒隊による砲撃でまたもやボヘミア諸領側の士気を削ぎます。 戻ったダイスを加えて6D6を行い、出た目4,4,4,5,6,6の内、4,5,6を再び十二使徒隊への砲撃準備にセット。 また4を1個TifenbachにセットしてThurnへのとどめの一撃の態勢を整えます。 #CaWM_HS posted at 13:06:18

  • 各部隊の攻撃できる相手が決まっているため、交互に敵を潰走させる士気が中央を行き来するのみとなりそうですが、ひとまず進めてみます。 (これはこれで拮抗した戦いでドローに終わるという流れとして理解できます) #CaWM_HS posted at 13:07:55


(続く)