tumblr_p1gpwrrA1K1rcrybbo4_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:Christmas at White Mountain(Hollan Spiele)(0105)



  • 第14ターン。 実質Thurnは潰走待ちなので先程ひとまずの攻撃態勢に入ったHohenloheにカトリック同盟歩兵への攻撃を命じます。 戻ってきたダイスを含む6D6の出目は1,2,3,6,6,6! ここで6の3個ゾロ目とは… 反撃はもはや困難と知りつつThurnへ6を3個セットします。 #CaWM_HS posted at 15:02:46

  • Thurnの6の3個ゾロを食らってはひとたまりもないので神聖ローマ帝国側は当然ながらTiefenbachがThurnに先制攻撃を加えてThurnを撃破します。 #CaWM_HS posted at 15:06:08

  • これで士気が1マス移動しボヘミア諸領側潰走へ王手がかかります。 戻ってきたダイスを併せて3D6の結果は1,1,6となり6を1個カトリック同盟歩兵へセットできるのみです。 #CaWM_HS posted at 15:08:10

  • 本来ならせっかく傾いた士気を揺り戻さないためにカトリック同盟騎兵に同陣営歩兵を守るための態勢をとらせたいところですが、如何せん必要なダイス目がでません。 #CaWM_HS posted at 15:09:37

  • 第15ターン。 ボヘミア諸領側はいよいよHohenloheを残すのみです。 満額の6D6を振るものの出目は1,1,2,3,4,6と必要な5以外の目ばかり。 萎縮してしまったのか全く身動きがとれません。 #CaWM_HS posted at 15:11:33

  • カトリック同盟/神聖ローマ帝国側も態勢立て直しのための休息となります。 せっかく貯めてきたダイスですが十二使徒隊のダイスを引き上げ5D6しますが、出目は1,2,5,5,6となり、6を1個カトリック同盟歩兵にセットできたのみです。 #CaWM_HS posted at 15:14:28

  • 双方とも損害が嵩み戦意が低下しているようです。 ここはカトリック同盟が早期に攻撃/防御態勢を作ってHohenloheにコマメに損害を与えていくか、ボヘミア諸領側がカトリック同盟歩兵を撃破してドローに持ち込むか、という勝負となります。 #CaWM_HS posted at 15:16:34

  • 第16ターン。 ボヘミア諸領側は何もアクションがとれずダイスロールによる戦闘準備のみです。 6D6の結果は2,2,3,3,5,5となり、待望の5を2個Hohenloheにセットしてカトリック同盟へ一矢報いる準備を整えます。 #CaWM_HS posted at 15:18:48

  • カトリック同盟は同陣営歩兵にセットしたダイスを"空"攻撃で回収して6D6による3か4のゾロ目に期待をかけます。 うまくいけば間一髪カトリック同盟騎兵によるリアクションで歩兵を守れます。 #CaWM_HS posted at 15:20:31

  • …しかし出目は1,1,2,4,5,6となり3,4には程遠い結果に終わります。 ここで神聖ローマ帝国Tifenbachに4を1個、再び十二使徒隊に1,2の目をセットします。 #CaWM_HS posted at 15:25:52

  • 実はよく見れば十二使徒隊でもHohenloheにリアクションを行えたので前ターンでのダイス引き上げは無駄であったようです。 (そのまま3の目を待つべきでした) #CaWM_HS posted at 15:26:05

  • 第17ターン。 Hohenloheはカトリック同盟歩兵を攻撃すると見せかけて神聖ローマ帝国Tifenbachを襲撃します。 残り2戦力と疲弊していたTifenbachは撃破されてしまい士気がまた揺り戻します。 #CaWM_HS posted at 15:29:19

  • 戻ってきたダイスを併せて6D6の結果は1,3,3,3,5,6となり5を1個再びHoheloheへセットし、今度こそカトリック同盟歩兵への攻撃準備とします。 #CaWM_HS posted at 15:30:23

  • カトリック同盟側はアクションなしで手元の4D6を振るのみとなります。 出目は1,3,5,5で3を十二使徒隊にセットして残すところ4の目のみでリアクションが可能なアクションキューブ獲得となります。 #CaWM_HS posted at 15:32:47

  • 第18ターン。 Hohenloheは相殺上等でカトリック同盟歩兵にとどめを刺しにいきます。 互いに1戦力を削り合いカトリック同盟歩兵が潰走。 これで士気マーカは完全に中央に戻ります。 戻ったダイスを含む6D6の結果は4,4,4,4,5,6となり5を1個Hohenloheにセットします。 #CaWM_HS posted at 15:36:53

  • カトリック同盟側は実はこの時点でHohenloheを攻撃できる部隊がいなくなっており、十二使徒隊が砲撃で士気を下げることができるのみで、これとて砲撃のみで士気崩壊には追い込めないようになっています。 #CaWM_HS posted at 15:54:07

  • ひとまず手元のダイスを3D6した所、出目は1,4,6となり4を十二使徒隊にセットしてアクションキューブの獲得の準備をします。 #CaWM_HS posted at 15:55:20

  • …とここで双方直接攻撃できる相手がなくなったため、協議終了ということでよいかと。 最終的な士気マーカの位置はちょうど真ん中でしたので文字通り引き分けで双方撤退…という感じでしょうか。 #CaWM_HS posted at 16:06:13



4.プレイを終えて


  • またモラル崩壊まで追い込めなくても、どちらかに傾いていれば「●●側の戦術敵勝利」「●●側の限定的勝利」ということで勝敗を決して上げるのもスッキリしてよいかと思います。 #CaWM_HS posted at 16:06:42

  • 今回のように双方が目先のダイスマネージメントに終止すると打撃戦から双方手詰まりでドロー…という展開になることがあるかと思います。 恐らく長期視点でどの部隊がどの部隊を攻撃できるかをにらみつつ攻守を行わないとうまく敵を士気崩壊に持ち込めないかもしれません。 #CaWM_HS posted at 16:09:55

  • 原則、以下のような制約があります。 ・騎兵を倒せるのは騎兵のみ ・歩兵を守れるのは騎兵のみ ・歩兵同士も原則正面(およびその周辺)の歩兵のみ これらを念頭に置いて敵戦列のどこから切り崩して一気呵成に士気崩壊に追い込むのか等を大まかに考えておくほうがよさそうです。 #CaWM_HS posted at 17:00:16

  • ちなみに側面とか包囲といった具体的な要素はありませんが、これらは攻撃可能ダイスの範囲が広かったり等の部隊ボックスの個々の能力に織り込まれていると思われます。 #CaWM_HS posted at 17:03:57

  • 戦列が固定故、何度かプレイすると展開が見えるかもしれませんがダイスを沢山振るのでそれなりに振れが生じますので“ニッチゲーforニッチタイム”という用途ではイイのではないかと。 ただトークン50個とダイス12個はどこでもあるわけでないのでシチュとしてはゲーム会になるのかなと。 #CaWM_HS posted at 17:08:19

  • あと、ダイスの出目によっては双方手詰まりでダルダルになることがありますが、そこはまぁ…ということで。 ダイスは1個ずつでも貯めていけるのでどこかで流れだすと思います。 #CaWM_HS posted at 17:10:22

  • 最後にモラルのシーソーがどうしても…という方は以下のルールを適用ください。 「部隊が潰走した際に動かすモラルマーカのマスの数は"その部隊が撃破された攻撃で失った戦力"分とします」 #CaWM_HS posted at 17:12:41

  • つまりあるターンで3個ダイスで攻撃されて3戦力失って撃破となった場合、モラルマーカは1ではなく3マス動かすということで、短期に大損害を受けた部隊を目の当たりにして通常より士気低下する…といったイメージです。 2ヒットで撃破等けっこうありそうなので早期に決着が着くかもです。 #CaWM_HS posted at 17:15:15

  • ちなみに「テストプレイなんかしてないよ」ということで自己責任でよろしくお願いしますw #CaWM_HS posted at 17:15:45

  • 以上、Christmas at White Mountain(Hollanspiele)の状況終了。 #CaWM_HS posted at 17:16:25

  • Christmas at White Mountain(Hollanspiele)に関する追記です。 今回使用したキューブはダイソーで購入した木工用モザイクブロックorキューブという1cm角程度で既に塗装されてたものです。 サイズにややバラツキがありますがちょっとしたマーカやポーンに使うのに重宝しています。 #CaWM_HS posted at 21:03:23



5.ルールについて

あまり見たことがないシステムですのですが、不明点があればオリジナルである“Table Battles”のルールにあたる方がよいかと思います。