tumblr_opdpbr7QKU1rcrybbo2_1280

写真はこちらでどぞ。
Troopers Depo:Attack Sub(AH)/Scenario:SUB DUEL@赤磐会(0101)
※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。

偶然和訳を入手することができたこともあり、現代海戦も好みのiriyak会長と以前から話題に上がっていた表題作をプレイしてみることになりました。
ちなみに拙は初プレイでした。

水上艦艇や航空機なしの潜水艦二隻同士のデュエルで、基本的なルールのみでプレイできますので、導入的位置づけのシナリオとなります。

基本的なシステムは共通デッキから手札を補充して、その手札のカードをプレイすることで索敵や攻撃といったアクションを実施していきます。
抽象的ながら“彼我の距離”といった概念も存在し、探知をしつつ距離を詰めて魚雷を撃ち合う両者の戦いは、卓上でこそほとんど動きがありませんが、プレイ上では丁々発止の戦いとなりました。

以下、iriyak会長のツィートです。







カードの巡りで多少、停滞する場面もありましたが、これもまた戦場の機微ということで艦艇種毎に用意されたデータカードをディスプレイとしてプレイする斬新なシステムを堪能しました。

以前プレイしたCAPTAIN’S EDITION HARPOON(GDW)もそうですが比較的お手軽にマルチシナリオでいろいろなシチュエーションをプレイできますので、これらについては他のシナリオもどんどんプレイしてみたいところです。