tumblr_otj164RvCC1rcrybbo1_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:GUNDAM in Battlefield 0079(同人)/シナリオ"ガンダム大地に立つ!!“(0101)@KGG_10


第8会KGGでセンパーさんがtakobaさんとプレイされているのをみて、機会があればと思っていたところWARTERLOOが終わったちゃうちゃうさんと拙にセンパーさんがお声をかけてくださり、デザイナー自らインストという形で初プレイすることができました。

ひとまず史実?どおり第一話を再現したシナリオ“ガンダム台地に立つ!!”をプレイ。
拙が連邦のガンダムを、ちゃうちゃうさんがジオンのザク2機を担当。
ただしガンダムはバルカン以外の飛び道具がありません。

ゲームについて簡単に紹介すると、機体毎に数枚の固定デッキを持ったカードドリブンで毎ターンプレイするカード1枚はプレイヤーが選択できます。
カードを出した所でアクションの種類と機体スペックによる優先順毎に選択したカードをプレイしていきます。

戦闘は射程内に入った敵に対して命中と撃破の二段階でダイス判定を行います。
なお、攻撃系のカード(射撃や格闘)については故障の可能性があり、故障すると、当該の攻撃を最後に使用できなくなります。
(使用できるカードが減ることになります)
その損害は、当該ターンに出したカード及びデッキから追加でカードを破棄することで表されます。
これにより武器が使用できなくなったり、特定の機動が行えなくなったりすることを表します。

さてプレイです。

ボード端から双方スタートで会敵するまで移動を行います。
しかしザクは観戦武官よりガンダム怖いよ〜と散々吹き込まれたせいか、会敵しても逃げるばかり。

戦闘して相手を倒さなければゲームが終了しないため、ザクは渋々ガンダムと対峙することに。
しかし、マシンガンを持つザクに対して飛び道具とはいえ射程が短いバルカンしか持たないガンダムは、なんとかしてビームサーベルによる格闘戦に持ち込みたく接近を図ります。

とはいえ、ガンダムも損害を1枚でも受けると敗北のため、肉を斬らせて…戦法ではダメなので、なんとかやられる前に倒したいところです。
ザクも覚悟を決めたのかヒートホークを抜いてジーン機とデニム機が同時に襲ってきます。

なんとかこれをやりすごし、今度はガンダムがビームサーベルでザクを一機撃破します。
これで負担が軽くなったガンダムはそのまま残り一機と格闘戦を継続、最終的に撃破し、勝利しました。

デッキ=リソースが耐久力を表しており、これが減ることで自然に行えるアクションが制限されていき、なくなれば撃破、というのは状態を管理する項目が少なく非常にわかりやすいと思います。
機体毎にデッキを持つため、大規模戦には向かないかもしれませんが、シンプルかつ短時間で終わりますし、カードの内容やビジュアルが一手一手のカードプレイを盛り上げてくれます。
ワイノワイノ言いながら楽しむのには最適ではないでしょうか。