tumblr_p39ku5Q5EC1rcrybbo7_1280
その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:CIVILWAR(Tsukuda Hobby)/Scenario 1"掃討"(0103)


第7ターン:ビーラー先攻

先程相互に損害を与えあったスタンディングタートルとスコープドッグはいずれも回復に成功して戦闘に復帰。

ビーラーは傭兵側本隊の居場所を見つけるために先手を取ってさらに川の中を目視索敵します。
ビーラー側左翼でダイビングビートルを発見し、こちらにも部隊が?!と混乱させられますが、ビーラー側右翼で発見したスコープドッグの左右にさらにダイビングビートルとベルゼルガを相次いで発見したことで、ビーラーは右翼が傭兵側本隊と判斷します。
しかし、バラバラでも敵を上陸させれば敗北のため、ビーラー側はそれぞれ確認できた目標に対して攻撃可能なビーラーの機体で各個に攻撃を開始します。

傭兵側右翼で陽動役を担っていたカン・ユーが対岸からスタンディングタートル二機による集中射撃を受けて、一時移動/戦闘不能に追い込まれた上、さらに3ダメージを受けて機体が半損状態に。

一方、傭兵側左翼でもキリコの左を進むキデーラに対岸からの攻撃が命中し、損害は軽微ながら一時戦闘不能に陥ります。
不運は続くものでキリコの右を進むル・シャッコのベルゼルガも突如現れたスタンディングタートルに対岸至近距離から攻撃を受け、軽微な損害を受けて一時戦闘/行動不能となります。
傭兵側ももちろん反撃を行い、ビーラー側に損害を与えます。
スタンディングタートル1機を撃破、また別の2機をそれぞれ一時行動不能、一時戦闘不能に追い込みます。
想定より損害を受けている傭兵側ですが、これらビーラーの一連の攻撃で敵全機体の位置が確認できました。

傭兵側は、こちらの反撃でビーラー側機体の約半数が戦闘不能となっている間に一気に渡河を終えてしまうことにします。
移動可能な機体は敢えて側面を晒すことになっても敵が攻撃/行動不能となっていれば、そのまま突っ切って対岸を目指します。
左翼で先行中の主力キデーラ、キリコ、ポタリアは対岸目前まで進んだ代わりに視界内に攻撃できる敵を見失ってしまいます。
一方、川の中で立ち往生のベルゼルガとカン・ユーのダイビングビートルが再びビーラーの集中射撃を受け、ベルゼルガは軽微ながら追加ダメージを受けますが、カン・ユー機は功を焦ったゲリラの攻撃が外れて命拾いします。

★一気に勝負をつけようとビーラー側が通常射撃表で攻撃を行ってきたため命中しませんでした。

(続く)