tumblr_osts248ffC1rcrybbo1_1280

写真はこちらでどぞ。
Troopers Depo:TANK ON TANK:WESTFRONT(LNL)/Scenario 3"Last Stand"(0101)
※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。

またまたお手軽なビア&プリッツゲームである表題作をプレイしてみます。

1.シナリオの概要

シチュエーションとしては殲滅戦となりますが、一方が全て撃破されない場合はVPの多寡による勝利判定となります。
敵部隊の撃破はもちろん、米軍のみ街の占領、タイガーIに搭乗しているエースの撃破によってもVPを獲得できます。

戦力的には、米軍には珍しく自走砲がなく戦車と駆逐戦車のみの編成となります。
また独軍は重戦車(タイガー三隊)を中心として支援に自走砲(ヴェスペ)とIV号が一隊ずつ随伴します。
なお、タイガーの内一隊はエースを擁しています。

地形は中央に大きな街があり、その周辺は大きく開けた地形となります。
森林等の障害地形はマップの周囲に点在している程度で戦場となるであろう中央部の遮蔽物は少なめなでトリッキーな戦い方が難しそうな地形となっています。

2.シチュエーション分析と方針

(1)分析
上述のように特定の地点もVPとなりますが、基本は殲滅戦となります。

(2)米軍の方針と配置
初期配置の位置の関係で平押隊形となりますが、道路を進むのは独軍の思う壺となるでしょう。
極力序盤で全車が展開できるように指揮車を中心にしたグループを作り、遮蔽物が多い西からの迂回機動で独軍左翼付近まで浸透して一気に多勢による攻勢をかけることを企図します。
独軍に対応させぬよう東の森伝いにも戦力を進め、独軍戦力の一部を誘引、拘束を試みます。
独軍の動きによっては移動効率のよい道路を進むことも検討したいと思います。
IV号、ヴェスペを優先的に撃破して、タイガーに対しては1隊に対し3隊以上での攻撃を基本とします。

(3)独軍の方針と配置
タイガーによるスクリーンとヴェスペによる間接砲撃を利用して米軍の各個撃破を狙いたいと思います。
IV号は足を活かして穴が空いた箇所への補強等に使用する機動予備として西端の森に拘置します。
全体的には戦力が少ないですので、どこかが崩れると上記基本方針も成立しなくなりますので、条件が崩れた場合は臨機応変に対応します。

3.プレイの経過

第1ターン。

米軍:2AP
タイガーのスクリーンはやはり米軍にとっては大きな脅威です。
射程内に迂闊に飛び込めないため、米軍の前進は遅々としたものとなります。

独軍:2AP
独軍の動きも緩慢としたものとなります。
タイガーがそもそも鈍重なのですが、米軍の出方を見るためにその動きはあまり活発とはなりません。
中央のタイガーとヴェスペが配置転換によりそれぞれの配置についた程度となります。

第2ターン。

米軍:3AP
米軍は先手を取っと右翼で攻勢に出ます。
まずはタイガーを叩くべし!とウルヴァリン二隊とシャーマンにより森林地帯に隠れる独軍左翼のタイガーへ肉薄して前進射撃を実施します。
なんとこれが命中して、幸運にもタイガーをいきなり撃破して、まずは米軍が先制します。
また戦線中央においても、先に街に入ったタイガーを牽制するために米軍は指揮車を中心に三隊を中央の街めがけて前進させます。

独軍:4AP
中央の街にいるエースを擁するタイガーが冷静な判断で的確な反撃に出ます。
左翼のIV号と中央のヴェスペにより鬱陶しいウルヴァリン隊に牽制攻撃を加えますが、内一隊を撃破に成功します。
米軍によるアウトレンジ攻撃の脅威が和らぎます。

また中央のタイガーは突進してきたシャーマン隊の指揮車を見抜いてこれを的確に撃破します。
米軍は指揮車を失ったことにより、指揮系統が大混乱に陥ります。
これに呼応して右翼戦域外にいたタイガーも丘を下り、中央の支援に向けて移動を開始します。

(続く)