tumblr_p7l898KTon1rcrybbo3_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:激闘!川中島/ウォーゲーム・ハンドブック2013(K2P)(0103)


第3ターン(1561/9/10 10:00)。

第1作戦フェイズ
主導権:武田側
先手をとった武田側は八幡原方面で包囲されかけている信玄本陣が内側から果敢に討って出ます。
武田信繁、信康らが上杉勢北条高広らを撃退、高梨政頼隊を撃破するなどの大活躍を見せ、信玄自らも討ちかかってきた上杉謙信本隊に損害を与えて潰走させる等、ひとまず上杉勢の強固な包囲環を解くことに成功します。
しかし、上杉勢の後背を突くべく千曲川を渡河しようとしていた別働隊は対岸に陣取る上杉勢別働隊により、またしても渡河を阻止されてしまいます。

包囲した武田信玄本隊に一斉に襲いかかろうと魚鱗の陣を敷きかけていたところを逆襲を受けて蹴散らされてしまった上杉勢は、その目的をほとんど達することができませんでした。
結局は、善光寺方面で潰走する武田勢の追撃を行っていた色部勝長らが飯富昌景隊に止めをさせた程度の戦果に終わります。

第2作戦フェイズ
主導権:武田側
別働隊が先手戦で千曲川対岸の敵を撃退していればここで一気に渡河を、という目論見でしたが、これがことごとく失敗に終わったためほとんど手も足も出ない状態であり、唯一北へ向かった馬場信房隊が広瀬へたどり着いたのみとなります。

上杉勢も優勢とはいえ損耗が激しいため武田勢とひとまずインターバルをおいたこの間を見計らい柿崎/中条隊に休息を与え、部隊を再編させます。

第3作戦フェイズ
なんとここでまたもや6ゾロ。
毎ターン概ね第3フェイズで出るというのもスゴイのですが、これは両軍とも諸々の条件により作戦能力が本来の能力より低下している状態、と見えなくもありません。
因みに武田勢は雁行の陣を敷いて一旦上杉勢からの離脱を画策していました。
また上杉勢は偃月の陣により先程休息した柿崎隊を武田本陣と会敵中の村上義清隊の援軍として向かわせそのまま信玄本隊を襲わせるつもりでした。

(続く)