tumblr_p8b23crgyW1rcrybbo2_1280

その他の写真はこちらから。
Troopers Depo:ワーテルローの戦い/ウォーゲーム・ハンドブック2015(K2P)(0107)


第7ターン(1815/06/18 18:00)。

主導権:仏軍

全体的には連合軍の方が、戦場を支配しつつある様相ですが、仏軍のイニシアチブがなかなか動きません。
かなりきわどい状況とはいえまだまだ戦場のモメンタムを掴んで離さない仏軍は、残った左翼の砲兵を全て突破進路上の英軍への砲撃に使用し、なんとか勝利の機会を狙わんとします。
連合軍も同様に左翼に残った砲兵を普軍正面の仏軍に対する集中砲撃に使用して仏軍の意図を挫かんとします。

とはいえ、仏軍右翼はもう風前の灯。
仏軍はなんとか普軍を阻もうとわずかに残った親衛隊で薄い戦線を気付きますが、普軍は仏軍のお家芸である砲兵集中を活かしてこの仏軍最右翼に激しい砲撃を浴びせます。
その間をぬって普軍騎兵が突撃の準備を整えますが、既に損耗状態であった仏軍最右翼は突撃前の準備砲撃で崩壊してしまいます。

ただし仏軍もこのまま終わらせるつもりはありません。
なんとかモン・サン・ジャン方面への突破を狙ってもてる左翼全戦力をもって"シン・レッド・ライン"へ飽和的突破をかけます。
しかし、英軍は相討ち上等で仏軍左翼第2軍団の足並みが乱れた突破を的確に防ぎ、なんとか仏軍の逃げ切りを阻止します。

連合軍側としてはいち早く普軍による仏軍後方への突破を果たしてもらうのみです。
これに応えた普軍は進撃方向を英軍戦線とややギャップが生じるものの左翼方面へシフトしながら先程穴が空いた仏軍右翼へ戦力を集中させにかかります。
ここで普軍歩兵が仏軍右翼を拘束した隙きを突いて普第1軍団騎兵が仏軍後方への突破を図りプランスノワを駆け抜けます。

戦いが黄昏時を迎えるに至って、両軍ともサドンデスを狙った激しい攻撃が目立つようになってきました。

(続く)