2018年11月01日

クロメートフリー

日本国内でダクト材料である亜鉛メッキ鉄板を作っている会社は大きく二つ。

そのうちのJ社が亜鉛メッキ鉄板の化成処理を「クロメートフリー」にしてくる(実態はもうしている)これで、昔ながらの花柄が消える。

この事の説明にお客さんに回りなさいという事で、ただ今調整中。

大変なことになってます。

a27 at 09:49|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2018年10月14日

お久しぶりです

なんか、暑い夏がようやく終わった気がします。
バタバタとしておりましたが、ダクトやさんをきちんとやっております。
今年は、京都で全国大会があって、そのホストが近畿でしたのでなかなか大変でした。

で、11月の末に 技フェスタが大阪でありますが、そこで、ダクトマンコンテストをやります。
角でも丸でもダクトで人形作って、かっこいいのを投票してもらうという企画です。
90センチ角、2mまで、自立することなど 条件つけていますが
よろしければ、御連絡ください。

a27 at 21:16|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2018年04月13日

マジックフィンガー

https://www.yodobashi.com/product/100000001003832609/
結構便利かもしれません。

a27 at 11:12|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2018年03月17日

OSAKA Gold

OSAKA Light Gold
DIC F85
PANTONE 131C
CMYK C10% M45% Y100% K0%
RGB R228 G157 B0

OSAKA Dark Gold
DIC F201
PANTONE 139C
CMYK C30% M60% Y100% K0%
RGB R189 G119 B26









OSAKA Light Gold
OSAKA Dark Gold




a27 at 14:48|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2018年03月04日

鉄板と鋼板

てつ と はがね は 違うはず。

Fe だけでは、やわらかいので、使い物にならないですから、炭素を突っ込んで製鋼する
と、鋼になるわけで、軟鋼であっても 柔らかさと強さを兼ね備えているわけです。

ということで、ダクト用鉄板 というのは、ありえない単語だということになりそうです。

ダクト用鋼板 と 呼ぶべきで、溶融亜鉛めっき鋼板 であるべきです。
(ちなみに、めっきは ひらがな)

ややこしいなぁ、 ということで、鉄板 なんてモノはありえるのか?
です。純粋Fe で 叩き伸ばして、板になるのか???

日本てっぱん という 会社があるけど、 鉄 じゃなくて 鐵 だけどな。。

a27 at 15:49|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2018年03月01日

ゼロスパ

見に枚図℃スパングル  いや、ミニマイズドスパングル を ミニスパ というのなら
ゼロスパングルは ゼロスパ だよな。

表面処理記号なら -ZS

そろそろ、真剣にこれに切り変わってくることを考えておかないといけない。
柄違いの 隣りあわせが 何も問題ないという事で。。。。

ついでに、レギュラー が ローズだの、桜だの、勝手なことを言う人もいるのだと思い知った。

レギュラー は レギュラー。

a27 at 15:47|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2017年11月10日

男里川橋梁傾斜修復工事 2017/11



南海電鉄男里川橋梁が傾斜した原因は、洗掘だろうけど、これを復旧するのが素早いことこの上ない。

まずは、河川の流れを変えて、現場を干上がらせて、H鋼を4x4本打ち込んで、渡るHを2セット(3本ずつかな)渡して、両側でジャッキアップして水平を合わせたところでありますが(2017/11/9現在)

Hの打ち込みは、機械で打ち込むのでいいのだけれども、水平に入れるHの入れ方が非常に興味深い。
長さが目測で8mほどあるとして、これに、短いHをつなげる。4mあるとして12mになる。
それを中央で吊ると、ツッコミしろ6mは取れる。吊の幅を込で5m突っ込めば、8mとしては半分以上入れ込むことができることになる。
降ろしてから、短い4mを離せばよいだけで、そもそも、半分も突っ込むこともない。向こうは上り線の線路がある。

そして、桁の上には親綱が張ってある。安全帯掛ければ転落することもないわけで、先行の親綱は地面で出来るのでわけはない。

で、この資材、あらかじめ用意されていたわけではないだろうから、素早く作っただろうし、その前に、設計はトッカンでやったに違いない。荷重的には16本のHで持つのであろうから、水平が合って、架線が引き直せれば、電車を通すことが出来よう。年内仮復旧は見えたと感じます。

落ちたことはあれですけど、復旧はすごいスピードだと思います。


a27 at 15:37|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2017年09月16日

動画色々









a27 at 09:01|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2017年09月01日

クロメートフリーに向けて 2017/9/1

JIS G 3302 には、亜鉛メッキ鉄板の化成処理は
「めっきは,クロメート処理又はクロメートフリー処理とし,」
と書いてありますので、要するに、どっちでもいいのです(今のところ)

そして、公共工事標準仕様書
------------------------
公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)
平成28 年版
平成28 年3 月2 日 国営設第185 号

公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)
第1編 一般共通事項
第1章 一般事項
---------
第4節 機器及び材料
1.4.1 環境への配慮
(a) 工事に使用する機器及び材料(以下「機材」という。)は、国等による環境物品等の調達の推
進等に関する法律(平成12 年法律第100 号。以下「グリーン購入法」という。)に定めるとこ
ろにより、環境負荷を低減できる機材を選択するよう努める。

------------------
の「環境負荷を低減できる機材を選択するよう努める」

を クロメートフリー の 方が望ましい と 解釈するのであれば

うそ、おおげさ、まぎらわしい と 言われても仕方のないレベルの話だと思います。
一般事項の環境配慮の努力規定。それを、はてしなく広げて解釈するのであれば
ボルトナットから有機溶剤から配慮すべしという事になります。

そもそも、JISには、どっちでもいい と 書いてあるのです。(今のところ)


a27 at 08:05|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2017年08月28日

足場の物語 サーマル工房  工作室 thermal2.exblog.jp

http://thermal2.exblog.jp/18320463/

カンサイカセツさんの展示会で見た、足場模型 1/10

ここが作ってたんだ。理解です。



a27 at 15:21|この記事のリンクツッコミを入れる(0)