2016年08月20日

大阪において、いわゆる重粒子線の治療施設が建設中。

大阪において、いわゆる重粒子線の治療施設が建設中。

さあ、どうなるかというのは、同じように進んでいて、大阪初をどっちが取るのか?
のせめぎあいとなっています。

国際がんセンターの横、大手前に建てているのは、鹿島さん。この際、ゼネコンさんがどうのこうのより、装置が東芝だったのに日立に変更された東芝さんのメーカー色が大きい。
運用は、兵庫県川西の協和会、そして、グリーンホスピタルサプライ。ということは、実質的にはシップヘルスケアさんが行うことになるのだろうか?2017年8月を目指しているのではないかと思われます。

かたや、此花区春日出中、暁明会病院の跡地(旧病院は、移転済み)にミツビシの陽子線を据えるのが、兵庫県赤穂の伯鳳会。安藤間から戸田建設にチェンジしたといわれているのですが、これまた2017年7月の竣工ということであれば、さあどうだ?であります。

人員は、兵庫県某所(あそこ)で研修しているのでしょう。大阪初、近畿圏2番目、を取るのはどっちでしょう???座る機械は、陽子線?炭素線? 粒子線? 重粒子線?情報公開が待たれますです。

大手前は 大阪国際重粒子線センター
此花は  大阪陽子線クリニック  という名前になるかを含めて
注目しております。





a27 at 11:04|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年08月17日

準中型免許の深視力検査 は  あります

準中型免許の深視力検査があるのかどうかの確認がわからなかったのですが、
平成28年7月15日金曜日発行の官報 号外157号の10ページに書いてありました。

結論から言って、準中型の深視力検査は あります。
-----------------------------------------------

〇内閣府令第四十九号 道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令の
適性試験)第23条として

深視力
大型免許、中型免許、準中型免許、大型仮免許、 中型仮免許、準中型仮免許、牽けん引免許及び第二種免許に係る適性試験にあつては、三桿かん法の奥行知覚検査器により二・五メートルの距離で三回検査し、その平均誤差が二センチメートル以下であること

https://kanpou.npb.go.jp/old/index.html
------------------------------------------------
これにより、たとえ中型8t免許があっても、取り消しとなれば、深視力検査に合格しない限り
普通免許で運転できる範囲が車両総重量3.5tまでに制限される普通免許をとるしかなく
トラックに乗れない場合が出てきます(1t車なら大丈夫でしょう)

くれぐれも、取り消されないようにしましょう・・・





a27 at 16:54|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

タトゥー の お風呂

ダクトとは関係ない話ですが、タトゥーを入れている人を温泉に入れないというところが多いようです。
公衆浴場、銭湯などは寛容なところもあるのでしょうが、温浴施設、温泉、プールなどは厳しいようです。隠せばオッケーなのかどうなのか?難しい問題だと思います。

そもそも、タトゥーを入れると、金属的なものが皮膚に入るので、核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう、 magnetic resonance imaging MRI) を受けることができないとされています。若い頃に入れたきれいな昇り龍が、たるんできても、反省しかないのかなと思いつつ、若いころの判断を一生貫き通せればこそ、粋であることなのかもしれません。

電子レンジに、アルミホイルを入れると、火花が飛ぶように、MRIで火花が飛べばやけどになるので、これを拒否するのは当然のことだと思いますが、温泉がなぜだめなのかと言えば、周りの威圧感がダメなんでしょう。それを狙ってのタトゥーで、何かを無言で語ることになるとすれば、除去しかありません。

隠していても、隠していることがわかる以上、威圧感になりますし、どれだけの大きさなら隠してオッケーかという判断もできません。

府県に一つぐらいは、定休日みたいな特定の日に、タトゥーオッケーの日を作ってもらって、それを了解して入浴してもらう温浴施設があってもいいかなとは思います。

でも、孫と温泉に入るのであれば、貸切風呂という方法もあるし、旅館の部屋付き露天風呂という手もあるので、締め出しになってもあまり問題はないのかなと思うところでもあります。




a27 at 16:37|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年06月22日

溶接士の技量

先日、溶接士の技量というお話がありました。
誤解をされているようですが、訂正するまでには至りませんでした。

まず、溶接士という 国家資格があるわけではありません。

さらに、技量を検査するという仕組みそのものはあるのですが、一度受けたら一生行けるというものではありません。
一定の向きなどで溶接作業をして、その出来栄えを認定する制度のようなものだと考えています。2年ほどで期限が来て、再度受検して、落ちたらそれまでという厳しいものです。

参考までに。
溶接技能者資格について

こちら


溶接技能者の技量は、溶接の対象となる構造物などの品質を左右する重要な要素であり、溶接技能者の資格は、構造物などの製作にあたり適用法規、発注仕様書などによって要求されています。
 日本溶接協会では、JIS、WESなどの検定試験規格にもとづいて評価試験を全国各地で行い、資格認証しています。

a27 at 09:50|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年06月14日

空調とは・・・・

Wikipediaによると

空調とは
空気調和(くうきちょうわ、空調、くうちょう)とは、人間の快適性の向上目的や、生産、管理、貯蔵といった物品を扱う上での産業目的で、ある場所の空気の温度や湿度、清浄度、気流などを調整することである

として、空気調和の項へ リダイレクトされる。

一方、空気調節 で検索しても、空気調和へリダイレクトされるが、空気調節って 何よ?と違和感。

ところが、検索結果で見ると(グーグルさん)
空気調和==約 2,200,000 件
空気調節==約 2,360,000 件

空調====約 30,300,000 件と一ケタ多いのは、なんとか空調という会社名なんかが入ってくるからかな?

で、空気調和 VS 空気調節 で言えば、空気調節に ガスバーナーの流入空気の調節みたいな概念が入ってくるから多いとして、冷暖房 調湿 清浄 の 空気ハンドリングは 空気調和だと思うのに、漫画家さんは、空気調節の方が良いとおっしゃる・・・・困ったもんだ。。。。






a27 at 16:47|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年06月09日

土曜日を休む現場

工事現場は、日曜休みが普通でありましたが、土曜日も休むべきではないかというお話もあり、発注者がそういう工程で発注しないといけませんということで、門真市では、試行してみるそうです。

こちらの発表によりますと。
------------------------------------
門真市では、国が取り組みを進めている建設業界における若手技術者の確保や育成のための現場環境の改善や、公共工事の品質確保などの観点から、市の公休日に現場を閉所する工事の発注に向けて検討を重ねてきました。
検討の結果、試行段階として導入が可能であるものと判断したため、平成28年度7月以降告示分の発注工事から、下記のとおり試行を実施しますのでお知らせします。
なお、現場状況や悪天候等の不可抗力により、休日作業を認める措置をとる場合もあります。
今後は、試行実施による課題抽出などを行い、本格導入に向けた取り組みを進めていきますので、皆さまのご協力をお願いします。
------------------------------------
だそうであります。

週40時間労働の確立に向けての取り組みであると感じます。





a27 at 16:09|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年06月05日

準中型運転免許の施行日

中型免許と普通免許の間の免許にあたる「準中型自動車免許」が
「2017年6月17日までに施行」となっていました。

警察庁がパブリックコメントを募集する
「道路交通法施行令の改正案」により、「2017年(平成29年)3月12日」と記載されましたので、よほどの事がない限り3月施行となります。

平 成 2 8 年 5 月   警 察 庁
「道路交通法施行令の一部を改正する政令案」等に対する意見の募集について
警察庁では、平成27年6月17日に公布された道路交通法の一部を改正する法律(平成27年法律第40号)の施行等に伴い、道路交通法施行令の一部を改正する政令案等について検討しています。

のなか

4 施行期日
改正法の施行の日(平成29年3月12日)とする。

とあります。改正の中身については、詳しく解説しているページなどを参照してください。



a27 at 09:16|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年06月02日

空調服 後付

空調服が出てきて、もう何年。結構使っている人を見るけれど、服にファンが仕込んであるので、洗濯が大変。

ということで、後付。




a27 at 10:58|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

安全週間 準備月間2016

7月の1週が 安全週間というのは わかりきっていることなのに、そこへイベントがあるというのは困ったもんであります。今月1ヶ月は その準備月間ということで、年度の協議会の総会やら、安全表彰などをする安全大会がこの時期に多い。

安全週間の1週間のあいだにやるという考え方のところと、その前にやるという考えのところと、考え方の違いはあるものの、安全作業を確保しようという気持ちは同じである。

今年は、労働局が 墜落防止に ハーネスの安全帯を推進してきて、背中で吊り下げるタイプの安全帯を勧めてくる。装着が面倒、腰ベルトがないので道具が下げられない(追加で胴ベルトつければ解決するけど)などのデメリットも挙げられるのだけれども、なんせ、一人分2万円近くする。フックがダブルなのは当然だし、ショックアブソーバもついているし、理解はできるのだけれども、高いなぁというのが本音である。

送風機も付けて、快適職場にするには投資かなとは思うけれども。。。。



a27 at 10:55|この記事のリンクツッコミを入れる(0)

2016年05月31日

専任主任技術者のボーダーラインが2500万から3500万になる件

それ自体は、法26条第三項 と 令27条に書いてあり、それの改正となるのであるけれども
では、2016/6/1以降の 3500万円が、税込みであることの根拠はどこにあるのかと言いますと

建設業許可事務ガイドラインについて
(平成 13 年4月3日国総建第 97 号 総合政策局建設業課長から地方整備局建政部長等あて)
最終改正 平成 25 年 4 月 17 日国土建第 13 号  現物はこちら。の26ページあたりにこう書いてあります。

---------------------------------------------------------------------------
【その他】
2.法等における「請負代金の額」等の内容について
消費税及び地方消費税は消費一般に負担を求める間接税であり、取引の各段階において適正に
転嫁される必要があることにかんがみ、法、令及び規則の規定中、「請負代金の額」その他の個々
の取引に係る請負代金に係る用語は、当該取引に係る消費税及び地方消費税の額を含むものとす
る。
----------------------------------------------------------------------------

ということで、3500万円は税込。  これは、消費税8%の時代では3240万すこしの金額となりますので
これを超えるものは専任が必要という事になります。

しかし、国土交通省 総合政策局 建設業課長 という 課長通達で規定されているというのが
根拠薄弱な気もしますけれども、当然と言えば当然な話ですので、わざわざ法文に書くわけにはいかないという気持ちがあるのかなと思ったりします。





a27 at 15:10|この記事のリンクツッコミを入れる(0)