aamall

◇建設業

2014年01月31日

国土交通省 平成26年2月よりの単価発表によると

http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000419.html

関東でのダクト工が2万円を超えてきた。関西でも18000円程度。

これに、社会保険事業主負担分、現場経費などが加わるので、15+10%程度必要。
2万円の25%増し だと、25000円。もちろん、残業と交通費は別。駐車場や高速代も別。

給料は消費税関係ないけれど、請負工事金額は材料費が入って、消耗品などもあって、全体に課税してもよいことになっているので、25000円の8%は2000円。ということで、請負の場合これを下回ることはあってはならないことンあるわな。





a27 at 21:59|PermalinkComments(0)

2013年12月11日

祝 開店 と単純にいえるだろうかと思うところ。近所の話

14日に近所にドラッグストアが開業する。ある会社の寮だった場所で、ドラッグストアは福岡県からの出店。この会社、2012/5現在の店舗が457、2013/5現在511、そして、今年6月から11月までの間で540店舗にまで増やしてきた。近所にできるものも12月に増える一つでしかない。

表通りに面していない場所、いわゆる二等立地。安さで戦うということであれば近隣のお店は戦々恐々でしょう。

その店から、徒歩で5分ない場所で、居抜きのスーパーマーケットが改装終了次第開業15日ぐらいかな? こちらは大阪資本。新築で999屬覆鵑禿垢鯤慎い能个靴討る会社です(大規模小売店舗にならない)
こちらは、1年で2店ぐらいの新規出店。この店の分の大規模店舗届出が見当たらないので、1000嵬にかな?

さらに、別の場所でホームセンターの新築移転も今月中にできる。距離にして2キロない範囲でおこってることなんですけれども、最初の福岡資本のドラッグストアが、1キロほど先でさらに建設中で2月開業予定。

ちなみに、このドラッグストア、先月は全国で8店が新規で出店しているそうだ。大規模店の新設申請が大阪府下だけで今8件出ている。もはや、商店街がどうのこうのということではなく、大規模店同士のたたき合いのような気もする。






a27 at 08:54|PermalinkComments(0)

2013年11月22日

【拡散】建設業における消費税転嫁対策

こちらは、島根県のサイトの中にある、中国地方整備局による解説。

本来ならば、国土交通省のHPにあるべきであるけれども、探せなかった。

で、建設業における消費税転嫁対策 である。

契約が2013/9/30以前であれば、引き渡しが2014/4/1以降になっても5%であるけれども、2013/10/1以降の契約で、引き渡しが2014/4/1以降になった場合、税率が8%となる。ところが、これの出来高請求を今年度内にしている場合、もし、税率が5%での請求となれば、4月以降に【さかのぼって今年度の分の増税分】をもらわなければならない。

また、今年度中に増額や追加請求となって、工事が4月以降に食い込むと、それは8%、本体工事は5%ということにもなりかねない。

しっかり読んでおきましょう。

詳しくは、税理士の先生や、内閣官房、内閣府、公正取引委員会、消費者庁、財務省、国税庁、お近くの税務署、所管の建設業担当窓口でお尋ねください。





a27 at 09:31|PermalinkComments(0)

2013年07月04日

建設業の人材不足改善のため「当面の建設人材不足対策」

厚生労働省が 2013/6/21に発表した

建設業の人材不足改善のため「当面の建設人材不足対策」によると

◆「建設業魅力発信キャンペーン」「戦略的コミュニケーション」の実施

◆地域における関係者間のネットワークを形成

◆「建設人材確保プロジェクト」の実施

◆建設業における実践的な能力開発の推進

などが、推進されるそうだ。
広報やイベントだけでなく、実効の上がる対策を期待したい。


国土交通省の報道発表は こちら
建設業の人材不足を改善するため、国土交通省・厚生労働省が連携
〜「当面の建設人材不足対策」のとりまとめ〜






a27 at 11:11|PermalinkComments(0)

2013年03月29日

技能労働者への適切な賃金水準の確保に係る要請について

国土交通省 報道発表資料2013/3/29によると

技能労働者への適切な賃金水準の確保に係る要請について
技能労働者への適切な賃金水準の確保に係る要請について、別添のとおり建設業団体、公共発注者及び民間発注者に対して要請通知を発出することとしたのでお知らせします。

国土入企第38号
平成25年3月29日

主な民間発注者団体 あて
国土交通省土地・建設産業局長


適正な価格による工事発注について

本日、平成25年度の公共工事設計労務単価を決定・公表しました。これは、公共事業の積算に用いる労務費の単価であり、約17万人の技能労働者の賃金実態調査に基づいて、原則毎年度、各都道府県ごと・51職種ごとに決定しているものです。
平成25年度は、近年続いている技能労働者の減少等に伴う労働需給のひっ迫傾向を適切に反映するとともに、社会保険等への加入の徹底の観点から、必要な法定福利費相当額を適切に反映した結果、前年度と比べ、全国平均で約15%、東日本大震災の被災三県では約21%の上昇となりました。
近年の技能労働者に係る就労環境の変化は大きく、建設投資の大幅な減少に伴って、著しい低価格による受注が増加し、そのしわ寄せが労働者の賃金低下をもたらして、若年入職者は大きく減少しています。技能労働者の育成には一定の期間を要するものであり、このままでは、施工に必要な技能労働者の不足が一層激しくなり、近い将来、建設工事の円滑な施工に支障が生じるとともに、工事の品質にも影響が及ぶおそれがあります。

若年者が建設業への入職を避ける一番の理由は、全産業の平均を約26%も下回る給与の水準の低さであり、また、社会保険等に未加入の企業が多いことも大きな原因の一つです。

一方、現内閣は、その基本方針(平成24年12月26日閣議決定)において、「雇用や所得の拡大を目指す」ことを掲げるともに、内閣総理大臣自身が経済界との意見交換会において、働く人の所得の増大を目指し、政府・経済界・労働界が大局的観点から一致協力して取り組むことによりデフレ経済からの脱却を図るとの方針を示しています。
つきましては、技能労働者の適切な賃金水準の確保に不可欠となる、適正価格による工事発注に向け、下記のとおり、傘下の会員企業各位に取り組んでいただきたく、周知徹底方よろしくお願いいたします。


15% アップが 確定したというか、数字の結果ですので、履行のほどよろしくお願いいたします。






a27 at 15:36|PermalinkComments(0)

2013年02月01日

印紙税額 軽減延長 さらに。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7108.htm
国税庁のHPによりますと、平成9年より続いてきた「不動産の譲渡、建設工事の請負に関する契約書に係る印紙税の軽減措置」が平成25年3月31日に終了します。

これに対して、4月からは本則に戻る(=上がる)はずだったのですが、自民党公明党の合意で、さらなる軽減措置が4年間設けられることになったそうです。よくわかりませんが、さらなる軽減は26年4月からということのようです。じゃ、25/4-26/3はどうなるのか?がよく見えません。

従来の制度による 1000万円を超える部分だけでなく、100万円から1000万円未満の部分にも軽減措置が設けられますので、小さな取引の点では注文請書の印紙が少なくて済みます。ただ、当然のことながら、請負契約では、注文書・請書が必須ですので、小さな工事であると言っても請書のないことは許されません。

詳しくは、税理士の先生にお訪ねいただくか、税務署で確認のほどをお願いいたします。

例えば、
500-1000万円の部分は
 本則1万円、現行1万円、26/4から5000円となります。

1000-5000万円は、
 本則2万円、現行15000円、26/4から1万円となる見通しです。






a27 at 08:58|PermalinkComments(0)

2013年01月31日

ヤンマー本社ビル 着工

http://www.yanmar.co.jp/news/2013/0129.html

ヤンマーグループ新本社ビル計画概要:

所在地:大阪市北区茶屋町1-32
建物概要:鉄骨・鉄筋コンクリート造・地下2階・地上12階・塔屋2階 建
延べ床面積 約21,000m2、中間免震構造等を採用し災害対策を強化
建築主:セイレイ興産株式会社
完成時期:2014年10月(予定)


a27 at 00:41|PermalinkComments(0)

2012年12月01日

立命館大学茨木新キャンパス 着工近い

立命館茨木キャンパスの着工が近い

立命館大学茨木新キャンパス
8000名
政策科学部、経営学部など
敷地面積12.2万屐JR茨木駅近接、サッポロビール工場跡
2015年(平成27年)3月竣工予定
9階建て4棟構成 延べ床面積97800

あたりと予想される。2013、2014年の2年間が工期か?




a27 at 10:03|PermalinkComments(0)

2012年11月30日

平成24年度下請取引等実態調査の結果について(平成24年11月16日)発表

国土交通省の下請取引等実態調査の24年版の結果発表です。

適正な下請け取引はわずか2.4%、国交省の実態調査

というタイトルで、日経にも書かれていますので、ご参照ください。

下請けへのしわ寄せ、不適正な取引がどれだけあるのかということでしょう。

a27 at 11:51|PermalinkComments(0)

2012年08月04日

梅田のハチが引っ越した

http://ume-pachi.jp/diary/archives/1393

うめぱち たちが 引っ越しをしたという事で、なによりも、ヤンマー本社ビルが 建て替えられることが決まっているという事を実感できる。

これで、ヨドバシ北側から、新御堂筋までの道路がつくられようとする事も実感でき、新阪急ホテルの動向も注目に値するということであります。

ハチが教えてくれることは大きいのです。






a27 at 08:17|PermalinkComments(0)