00年に徳島市で行われた住民投票で、9割以上が「反対」の意思を表明以降、白紙の状態が続いていた徳島県の吉野川第十堰(ぜき)可動堰化問題で、前原誠司国土交通相は23日、「可動堰化はあり得ない」との意向を示した。現在の固定堰保全を求める住民と面談し、住民側が会見で明らかにした。可動堰計画は「白紙凍結」とされてきたが、国交相が中止を明言したのは初めて。【深尾昭寛】

<雑記帳>「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)
「事実誤認あるのでは」小林千代美氏、捜査に疑問(読売新聞)
<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)
首都高が強風で一部通行止め。アクアラインも(読売新聞)
梅 偕楽園の3000本が満開 水戸(毎日新聞)