兵庫県警兵庫署は22日、神戸市須磨区潮見台町、タクシー運転手の男(81)を道交法違反(無免許運転)容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕直後に体調を崩したため、同署は1時間半後に釈放した。男は交通違反を重ね、昨年10月に免許取り消し処分となったが、タクシーの乗務を続けていたという。偽造免許証を持っていた疑いもあり、同署は男の回復を待って、詳しい事情を聞く。

 発表によると、男は22日午前5時15分頃、同区の市道でミニバイクを無免許で運転した疑い。

 同署によると、男は6日、同市兵庫区内の通行禁止の道路を通行したとして、交通違反切符を交付された。その際、同署員に免許証を提示したが、その後の調べで、取り消し処分となっているのに免許証を持っていたことが判明。同署員がこの日、勤務するタクシー会社近くで男の出社を待ち構えていた。

来月15日、鹿児島入り=徳之島案実現へ検討-鳩山首相(時事通信)
日立刺殺 28歳容疑者逮捕 現場近くに居住(毎日新聞)
複数医療機関の在宅療養指導で要望書―保団連(医療介護CBニュース)
共産党トップと駐日米大使、初の公式会談(読売新聞)
<厚労省>余剰金未返納3~5億円 1930件分手続き怠る(毎日新聞)