財布の中身は1万円程度、5千円を切ると不安になる-。深刻な景気悪化の中、マーケティング会社「インテージ」(東京)が会社員の懐具合を調べたところ、こんな結果が出た。

 2月にインターネットを使って調査し、20~59歳の男女各400人、計800人が答えた。

 調査結果によると、日ごろ財布に入れているのは1万円程度が28%で最も多く、2万円程度(22%)、5千円程度(18%)と続いた。入れておきたい“理想の現金”は1万円が24%。次いで3万円、2万円が並び、理想と現実はほぼ一致した。

 いくら入っていないと不安になるかを尋ねると、5千円と答えた人が36%で最も多かった。30代と50代の男性は1万円が最多だったが、20代女性は不安に思う金額が低めだった。

 財布自体の値段は1万~2万円が24%でトップ。女性は高価な財布を持つ割合が高く、特に30代の女性は「5万~10万円」が20%に上った。

【関連記事】
働く20~40代の6割が貯金300万以下
個人向け国債 人気の割に不満多く 高い金利・短い満期へ改善期待
「個人年金」税負担増招く? 利率が左右、事前に計算を
年金不信…老後に備える若者たち 10年単位の長期投資が無難
続々届くねんきん定期便 不安な老後に思いはせ…

グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見-米国(時事通信)
優勝メダル盗難か 秩父宮スポーツ博物館(産経新聞)
自民・園田幹事長代理、辞任の意向伝える(読売新聞)
「小沢王国」で民主系敗れる 岩手・久慈市長選(産経新聞)