第4回日本ケータイ小説大賞(毎日新聞社、スターツ出版で構成する実行委員会主催)の表彰式と受賞記念イベントが13日、東京都武蔵野市桜堤1の市立第二中学校(熊沢直孝校長、生徒数292人)で行われた。

【写真特集】第4回日本ケータイ小説大賞表彰式とトークセッションの様子

 生徒たちが見守る中、「風にキス、君にキス。」で大賞を受賞した大阪府在住の女子高校生、繭(まゆ)さん(17)に、バルセロナ・アトランタ五輪のマラソンで連続メダルを獲得した有森裕子さんから表彰状が手渡された。

 記念イベントでは、有森さん、北京五輪ソフトボールで金メダルの上野由岐子さん、繭さんの3人による「夢に向かって」と題した課外授業が行われた。トップアスリート2人と陸上部の経験を青春小説にした繭さんによる五輪の体験談や恋愛論を交えた楽しいトークに生徒たちも聴き入った。

 同中3年、吉野絵美華さん(15)は「受験を控えてつらいこともあるが経験から得た話を聞くことができ参考になりました」と感想を語った。【森下功】

【関連ニュース】
【関連記事】ひと:繭さん 第4回日本ケータイ小説大賞を受賞した
【写真特集】第3回ケータイ小説大賞の表彰式には卓球選手の福原愛さんも 「遠征に行く時、ケータイ小説大量買い」
【写真特集】木下優樹菜:バレンタインは1人で「さみしいっす!」 ケータイ小説「あたし彼女」発売
【インタビュー】瀬戸内寂聴さんに聞く:50年以上の作家生活で初めての、横組み絵文字入り小説。

「陸山会」土地疑惑で小沢氏元秘書の石川議員を再聴取(産経新聞)
センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
【ゆうゆうLife】高年齢雇用継続給付金(産経新聞)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)