「第64回毎日映画コンクール」の各賞が19日に発表された。日本映画大賞に選ばれたのは、山崎豊子さんの大河小説を映画化した「沈まぬ太陽」。上映時間が3時間を超える大作だ。一方、俳優部門の賞では、大手映画会社に属さない製作者が手掛けた秀作の出演者が並ぶ。日本映画界の層の厚さを感じさせる結果となった。【勝田友巳、鈴木隆】

 実際の航空機墜落事故などをモデルにした「沈まぬ太陽」は映画化までに曲折もあったが、関係者の熱意で実現した。若松節朗監督は「こういう作品を今、作らないでどうする、という思いだった。それが評価されてうれしい」と喜ぶ。日本映画優秀賞の「劔岳 点の記」も、木村大作監督らの熱意があふれた作品だ。

 女優主演賞の小西真奈美さんが「のんちゃんのり弁」で演じたのはシングルマザー。自身と同年代の主人公に「共感するところがたくさんあった」と話す。男優主演賞は「ウルトラミラクルラブストーリー」の松山ケンイチさん。感情の赴くままに行動する風変わりな青年役だ。「楽しんで演じられた作品で受賞できてよかった」

 男優・女優助演賞は、ともに大ベテランが受賞。「大阪ハムレット」の岸部一徳さんは「いい作品に巡り合えるのは、運のようなものでしょうね」と感慨深げ。「ディア・ドクター」の八千草薫さんは「スーッと演じられました。いい作品に出られてよかった」と語った。

【関連ニュース】
安吾賞:俳優、渡辺謙さんが受賞「挑戦者魂、まさに安吾」
報知映画賞:「沈まぬ太陽」が受賞 主演女優賞に松たか子 鶴瓶が“代打”に「四重苦」と
映画興行成績:M・ジャクソン「THIS IS IT」V2 興収21億円、170万人動員
映画興行成績:M・ジャクソンの遺作「THIS IS IT」が首位に
映画興行成績:「僕の初恋をキミに捧ぐ」が初登場首位 2位は「沈まぬ太陽」

<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)
<鳩山首相>「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
足利再審、生々しい取り調べの再現 菅家さん気分悪くなり休廷(産経新聞)
復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬(産経新聞)
下北半島のニホンザル公開へ=食害で捕獲、むつ市が譲渡-上野動物園(時事通信)