平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件で同党の衆院議員、石川知裕被告が政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴されたことについて、「与党の議員という同志の立場で申し上げると、起訴をされたということは極め残念だ」と述べた。

 平野氏は小沢氏が不起訴となり、幹事長職を続投することについては「不起訴になってよかったというのは民主党の議員として言えても、続投しろとか、しないとかは言う立場にない」と語った。

 一方、鳩山由紀夫首相は同日午前、小沢氏の不起訴処分について「このような判断が下された以上、できるだけ早いうちにお会いできればと思う」と述べ、近く小沢氏と会談する考えを示した。幹事長職の続投を確認するとみられる。公邸前で記者団に語った。

【関連:小沢氏不起訴】
特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグでリベンジへ
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ
“次の舞台”は検察審査会 申し立て検討し起訴も
石川被告はさばさば「国会議員執着ない」「考え甘かったかな」
小沢氏事件で、東京地検が「週刊朝日」に異例の抗議文

<強盗強姦>女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部(毎日新聞)
日本の漁船銃撃、ロシア国境警備隊が認める(読売新聞)
「適当でなかった」と釈明=神戸事件の発言で-亀井郵政担当相(時事通信)
小沢氏問題、冷静な対応を=民主内の「けじめ」発言-鳩山首相(時事通信)
三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)