強毒性のH5N1型鳥インフルエンザと人の季節性インフルエンザ(H3N2型)のウイルスを組み合わせると、より病原性の高い混合ウイルスが出現しうることを、河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授らのグループが23日までに明らかにした。さらに、この場合に鍵を握る遺伝子も突き止めた。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 従来の研究では、同様に作られたウイルスの病原性は元のH5N1より弱まっており、強毒ウイルスは生まれにくいと考えられていた。同教授は「新型の登場でH5N1の存在が忘れられているが、監視を続ける必要がある」としている。 

殺人罪は不起訴=親子2人死亡、放火は起訴-沖縄(時事通信)
鉄道ファン運行妨害で被害届=線路内で撮影、運休19本-JR西(時事通信)
小林秀雄、幻の講演「本居宣長」テープ発見(読売新聞)
【単刀直言】平野貞夫元参院議員 「反小沢」を煽る渡部さん(産経新聞)
雑記帳 「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)