群馬県はこのほど、都道府県の住宅部局と福祉部局が共同で老人ホームや高齢者向け賃貸住宅の供給目標を明記する「高齢者居住安定確保計画」を策定したと発表した。昨年8月に改正された「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(改正高齢者居住安定確保法)に基づく措置で、全国でも初めて。積極的には同計画を策定しない都道府県もあるが、群馬県では昨年3月に高齢者向け施設「静養ホームたまゆら」(渋川市)の火災事故が起きており、これが背景にあるとみられる。

 群馬県の同計画では、介護サービス付き施設・賃貸住宅の目標値を2011年度末までに3160戸としている。内訳は、民間事業者によるものが2700戸、公的なものが460戸。

 所管する国土交通省と厚生労働省は、各都道府県に高齢者居住安定確保計画の策定を呼び掛けているが、今年度中の策定を表明していたのは群馬県と大阪府だけだった。国交省住宅局住宅総合整備課では、「各都道府県の住宅部局と福祉部局がそれぞれ既に、同種の計画を立てていることに加え、住宅部局は都道府県が主となり、福祉部局は区市町村が主となることが多いため、連携が取りづらいのではないか」と話している。


【関連記事】
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案
高齢者の住まいの在り方はどう変わるか―高齢者居住安定確保法改正
「高齢者居宅生活支援事業」の概要決定
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警
高齢者居住安定確保法改正案を閣議決定-政府

住宅火災で女性死亡 東京・東大和(産経新聞)
女性宅で下着盗もうとした警視庁警部補を逮捕(読売新聞)
インフルサーベイ見直しで事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ-厚労省(時事通信)