インターネット上の児童ポルノ掲載サイトへの接続を遮断する「ブロッキング」の導入について、有識者や通信事業者などで構成する「児童ポルノ流通防止対策推進協議会」は25日、「技術的には実績があり、流通防止の有効な手法の一つ」としつつ、「引き続き検討が進められることが適当」とする報告書をまとめた。
 ブロッキングは特定サイトの閲覧を利用者の意思に関係なく遮断する仕組みで、欧州各国や韓国が実施している。ネットを通じた児童ポルノの拡散防止でも大きな効果が期待されるが、電気通信事業法で定める「通信の秘密」を侵害する恐れが指摘されている。 

<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)
母を追起訴=脳障害で5歳児死亡-神戸地検(時事通信)
伊勢湾フェリー 9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
YOSHIKA 名曲『let go』含むライブベストリリース決定!
動物たちに長~く会える 動物園、水族園が時間延長(産経新聞)