2014年09月30日

2014-0930-02
高崎駅東口。17年前はこの駅前広場ではなかった再開発で綺麗になった場所で秋の空を感じていた。受験予備校の大手の代々木ゼミナール、秋に縮小するニュースが流れ歳月の流れと時代の変革を感じた。17年という歳月は・・・誰に何をもたらしたのか。2014-0930-04
碓氷峠の鉄路が廃止されて17年目、旅の伝統と文化が引き継がれています。しかしその横には自動改札機が。今年からIC運賃制度が導入されました。駅の合理化効率化、ここは地方の『公共性』とは?と考えるバロメーター。安中市にある『新島学園』長野県内から通っていた学生さんも今では立派な社会人。バス通学の補償は在校生限りと『その約束』はキチンと守られました。横川駅は終着駅としてバスへの中継地として存在意義があるようです。
2014-0930-01
17年というときの流れは決して短いものではありません。変わって当然、事件なら時効を過ぎます。この集落も鉄道が消えた後も再開発や自治体合併など多くのものが変わっていきました。変わらぬものと言えば・・・
廃線後も咲いているコスモスでしょうか。秋に来るたびに咲いています。『今年も咲いたか・・・と』
多くの人が撮影し通った通り道、彼らの今の被写体はなんなんでしょうか。
そしてあの時の想いは今は何処にあるのでしょうか。
2014-0930-05
17年間待ち続けたもの。上野駅にホームといえ『待合室』が復活しました。そして眺め続け思っていたもの。
人の心が代わるのは都市の変遷や時代の流れがあるのだと思います。
思い出の場所がいつまでも変わらないわけではなく知らないうちに
その変わり目を『なぞる』ようになっていました。
そして・・・
2014-0930-03
『聞いて欲しいことがあるんだけど・・・』と勇気を出したあの時間とあの場所。
16番線から今年は電車が出ることはなくなりました。
電車の予約システムも変わり『あの時代』が終わったことを実感します。
2014-0930-06
今年の秋で最後と思う『長野新幹線』という言葉。
来年からはいよいよ『北陸新幹線』
自分の思い出を支えたひとつに『長野新幹線』がありました。
どこかに新しい時代を受け入れて歳月を過ごしてきました。
今、あの日一緒に過ごした人たち、『私を支えた主役たちに感謝』しています。

(23:59)

2014年09月23日

2014092004
日本で最初にバスが走った日、9月20は『バスの日』と告知している京王バス宿33系統・新宿駅西口〜永福町系統です。
方南通りを走り地下鉄が縦横に走る地域の中でも定着している足であります。2014092003
ビルの街、新宿のイメージが強いですが『秋分の日』が近づく頃はお祭り準備が始まっています。
そして郊外では・・・
20140920-01
桜並木の有名な場所も葉の色が緑から秋色に色づき、
季節の変わり目を教えてくれます。
それはまるで世界の秘密そのものを見ているような気分。
20140920-02
秋色の夕陽が近づくのはもう少しかな。
高架化が完成して街の再整備も進んでいます。
何事も語らず、事実を示して実績を見せること、信頼を得ること。
達成感はなんとも言えない秋の始まりでした。

(02:22)

2014年08月31日

20140831-01
東京・千代田区。裏路地といわれるような場所。
暑さを感じながら日陰で聞こえる蝉の声に夏の終わりを感じた。
20140831-03
震災から三度目の夏。猛暑という言葉と節電を気にする夏に慣れた気もします。被災地という言葉は聞かなくなってきましたがそれは東京視点というもので
今日も被災地では歳月の流れで解決されるもの、されないものの取組みがされています。一日も早い原状回復を目指して。
今年の夏、聞いた永遠という言葉と10万年という時の流れ・・・
人が生きていく上で、違いはどこなんでしょうか。
20140831-04
今年の夏、向き合った若い人々のこと。伝統と格式の中で『新しい分野』を切り開き、時代の基盤を築いた努力に接しました。
新しい伝統を作り上げてく勇気と努力は称えてなければと思います。
20140831-02
自分たちが当たり前だった夜行列車が走っていた時代。
上野発の夜行列車が復活した今年の夏。
自分の世代の後始末とはなんだろうか?
そして残さなければならないものはなんだろうか?
語り継ぐことしか出来ない自分を恥じた。今年の夏、自分が接した若い人は、
自分が同世代だった頃より凄いと感じそして見習わなければいけないと
強く感じた夏でした。

(01:56)

2014年06月05日

梅雨入り201401
気象庁によると、5日は関東甲信と北陸、東北南部が梅雨入りしたとみられることを発表しました。気象庁は5日、関東甲信と北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年と比べ関東甲信は3日、北陸は7日早く、昨年よりも関東甲信で5日、早い梅雨入りとなりました。この日は前線を伴う低気圧が四国沖でほぼ停滞したため、5日は日本列島の広い範囲で雨が降った。気象庁は東海や関東甲信では6日昼すぎまで雷を伴う激しい雨が降る所があるとして、土砂災害などに注意を呼び掛けた。6日午後6時までの多い所で150ミリという24時間予想雨量とされています。
梅雨入り201405
梅雨になるかと空模様はどんよりとなっており雨が降り始め普段の日没の時間帯にはすっかりと梅雨の気配。傘が手放せなくなって日々が続くのかと・・・思う。
梅雨入り201402
午後になると雨脚は強まり、電車の雨樋からは多くの水が流れていました。

梅雨入り201403
梅雨の時期はあまり好きな方はいないようですが、
新宿御苑周辺は梅雨の聖地になりつつあるようです。
梅雨入り201406
中央線の快速電車で行ったり来たりした見かけたものがあった。
通り過ぎた時代は風だったのだろうか。
自分の目の前に現れたものは通り過ぎて行った。
方向性は違ってもベクトルが重なった瞬間があり光放った瞬間があった。
自分が意識したことと、守ったものは何だったんだろうか。
電車を見送り、ふと思った梅雨入りでした。
梅雨入り201407


(23:50)

2013年09月22日

秋の風04
暑さ寒さも彼岸まで・・・
と古くから言われているように、お彼岸の三連休を迎える
この頃は涼しくなってきました。
秋の風物詩として定着しつつある『ハロウィン』と
ススキが並べられるお店に今の秋を感じました。

秋の風07
この9月20日は『バスの日』
日本で始めてバスが走った日で恒例となっているバスのバンパに『バスの日』の幟が立っています。
秋の風06
高層ビルの町の新宿西口界隈では恒例の熊野神社のお祭りが開催。
コンクリートジャングルと揶揄される街ですが少し離れればまだまだ人情味溢れる街であります。
2013秋の風。03
大手家電ショップの周辺を神輿が巡幸します。
2013秋の風。02
東京オリンピックの開催も決まりました。
いろいろな意見がありますが開催する以上は成功して欲しいと思います。
IMGP5771
世界遺産に登録が決まり富士山観光で株価も上がった富士急行バス。
古い伝統の神輿と中央高速バスの街の伝統同士がすれ違います。
2013秋の風。05
今年の9/28から東京国体、『スポーツ祭2013』が開催されます。開会式の最寄り駅は京王線飛田給駅。
輸送メインはエコな鉄道ということで京王線では開会式当日などには
飛田給駅での特急・準特急の臨時停車が行われます。
2013秋の風。04
いつもと同じ秋、そして違う秋を感じながら秋の空を眺めてみると、
この街で迎えた秋に慣れたこと昨年の秋のことそして夢に向かって
走っていた頃を思い出していました。

(01:21)

2013年08月31日

今年の夏は。
横断歩道を渡りながら見上げた光景に夏を感じた。
暑い夏、節電から熱中症に注意と呼びかけられ
テレビのテロップには様々な情報が流れていました。
知らぬ間に歩き方を見失った大人になって流されるままに
生きてきたのは、いつの頃からだったのか。。。
『世代交代』という言葉がよぎり、なにかを思い起こした。
今年の夏は04
ゲリラ豪雨が襲う新宿の街の夜。
夕立と言う言葉からゲリラ豪雨という言葉が定着し突然イベントが
中止になることが定着した夏だったでしょうか?
新宿の街の夜は8月から法律改正で「高速ツアーバス」が路線バス化され
各旅行会社ツアーが各自バス停を設置し深夜の違法駐車車両が
メッキリ減りました。
今年の夏は03
今年の夏の考えた若い方々のこと。。。
そろそろ年功序列の階段を踊り場で足踏みして『語り継ぐ歳』になったかと
思いきや、年上の人から叩きつけられた課題。
人が助け合い繋がって生きていくには避けては通れない課題でありました。
正面から向き合う困難さ、まだ未熟な自分にも気がつきました。
今年の夏は02
歳月の流れは恐ろしいもので知らぬ間に引き継がれている考え方や行動力。
年下から見せ付けられることは安心して聞き入ることも出来たのは
自分が通ってきた道を確実にモノにしていると実感し
自分が同じ年頃の時はまだ未熟だったことに気がついた夏でもありました。
今年の夏は05
あれから16年目の秋が来ようとしています。
約束のない逢瀬、孤悲が消え去ることはないのですが
『こういう秋ならもう一度会いたい』と思いつつ
早く涼しくなって欲しいと夏をすごした自分はまだまだ未熟な人間と
教わった夏でありました。

(23:51)

2013年07月23日

この空の下。
自分の身の回りには明るい話題もあるのですが・・・
今日のゲリラ豪雨は大変でした。被災された方々にお見舞い申し上げます。

(23:02)