2010年05月

2010年05月22日

IMGP2579
天皇皇后両陛下には22日「第61回全国植樹祭2010かながわ御臨場併せて地方事情ご視察」のため、神奈川県及び静岡県へ行幸啓になられました。
皇居正門は10時25分過ぎに自動車でお出ましとなり天皇皇后両陛下は二重橋周辺で奉迎される方々に笑顔で応えていました。
IMGP2584
天皇、皇后両陛下は神奈川県中井町を訪れ23日に同県秦野市の公園で開かれる式典などに出席するほか、福祉施設や24日には箱根町の箱根湿生花園などを訪れた後、静岡県御殿場市にあるハンセン病施設を視察し、三島から東海道新幹線で帰京するとのことです。
IMGP2623
箱根入りした天皇・皇后両陛下。
国道一号線箱根は「天下の嶮」
先導の警備車の視線の鋭さが光っていました。
IMGP2628
天皇旗も颯爽に走る皇7号車の窓からは対岸の奉迎される方々に
皇后陛下が手を振り出しお応えし、お天気にも恵まれ満足そうでした。
IMGP2651
今回の神奈川県行幸啓においては宿泊場所は「湯本冨士屋ホテル」
箱根湯本駅の前であり湯本大橋を渡り「早川」の対岸にあります。
今回の神奈川県行幸啓の際に連泊されます。


(23:53)

2010年05月21日

IMGP2530
5月21日,岡田外務大臣は,訪日中のクリントン国務長官と東京の飯倉公館で日米外相会談を行い1月,3月の日米外相会談に続き,二国間関係をはじめ,地域やグローバルな課題について,中身の濃い議論を行いたい,特に,本日は,韓国哨戒艦沈没事案や,中国の問題,イランの核問題に重点を置いて議論したい旨述べました。クリントン長官から,日米同盟が50周年を迎えることは米国及びオバマ政権にとって重要な事実であり,日米関係を更に強化し,今後50年に向けて更に高いレベルに引き上げたい旨述べました。外相会談後、クリントン氏は首相官邸にて鳩山首相とも会談したが、20分間とわすがな時間となりました。羽田空港に待機させた特別機の出発時刻の関係で、最初から時間延長が許されない日程が組まれていたそうです。
IMGP2540
今年は日米安保50年と節目の年となっています。さまざまな要因で次に来日されるときはどのような政治情勢になっているでしょうか。アメリカの政府専用機はさまざまにありC-32型機はアメリカ空軍が運用しているVIP輸送機でボーイング757の軍用機版であり、同型の航空機は6機が製造されていてまた大統領専用機は別にあるそうです。

(23:59)

2010年05月19日

IMGP2440
お散歩と言うか梅雨の前のお仕事の合間に来た「東大赤門」
修学旅行シーズンみたいでここも観光スポットの一部のようです。
最高学府と言うか広域避難場所のひとつとしてなじみのある場所です。
この赤門というのは江戸時代、大名家に嫁した将軍家の子女、あるいはその居住する奥御殿を御守殿あるいは御住居(おすまい)と称し、その御殿の門を丹塗(にぬ)りにしたところから俗に「赤門」とよばれました。
東京大学の代名詞となった東京都文京区本郷の赤門は現存する唯一のものでありもと加賀金沢前田家の上屋敷でありました。が1877年(明治10)東京大学に移管され、1961年(昭和36)に解体修理が行われた。現在は国の重要文化財に指定されています。
IMGP2442
遠いところからやってきたみたいですが東京は何度目になるのかなと
昨年はインフルエンザの広域流行などあり減少しましたが
今年は果たして。。。どんな場所でも仲間との印象が一番の思い出になるのは
いつの時代も変わってないようです。
IMGP2470
平成22年5月16日(日曜日)から20日(木曜日)までの間カンボジア王国国王ノロドム・シハモニ陛下は、随員と共に、、国賓として滞在されているようで迎賓館を中心に街頭などに歓迎の国旗が。。。

日本国旗と外国国旗を併揚する場合
国旗は、原則として自国旗に最優先権が与えられますが、今日、日本では、とくに外国に敬意を表わすという意味から、外国国旗をポールまたは壁に向かって左側(上位席)に、日本国旗を右側に掲揚するのが一般的な形となっています。(なお、アメリカ、フィリピンなど自国旗優先主義をつらぬいている国があります)。
東京に滞在する間にどの程度、意識していただけるかなと
国賓来日中はいつも気にしてしまいます。
滞在中は天皇皇后両陛下は、同国王陛下と御会見になるほか、宮中晩餐を催され翌日は国会を訪問し内閣総理大臣と午餐を催しました。
IMGP2451
迎賓館赤坂離宮は かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築物です。戦後、わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆくなかで外国の賓客を迎えることが多くなったため、「旧赤坂離宮」を改修して迎賓館とすることになりました。
昭和49年(1974)の開館以来、世界各国の国王、大統領、首相などの国賓、公賓がこの迎賓館に宿泊し、政財学界要人との会談やレセプション、天皇皇后両陛下によるご訪問など華々しい外交活動の舞台となっております。また、過去3回の先進国首脳会議や日本・東南アジア諸国連合特別首脳会議(平成15年)などの重要な国際会議の会場としても使用されています。
IMGP2445
迎賓館赤坂離宮では、国民の高い関心に応え、昭和50年から毎年接遇に支障のない時期を選び、館内を一般に公開する参観が行われています。
今年も5/25日までの必着で往復ハガキにて参観募集を行っています。
参観期間は 平成22年7月27日(火)から平成22年8月5日(木)の10日間で10時〜16時30分(受付は15時30分まで)となっています。
夏休みの予定が決められる人は今のうちに応募してみてはいかがでしょうか。
↓詳しくはこちらのアドレス
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/sankan.html
IMGP2463
▲橋63系統新橋駅〜市ヶ谷駅〜国立医療センター〜新大久保駅〜小滝橋車庫系統です。
都心の要人来日となると大幅な渋滞やダイヤ乱れが起きたのも今は昔。
地下鉄開通などにより官庁街と山手線内を走る路線利便性は低下し
運転本数も減ってしまいました。残念なことに唯一、赤坂見附地域を
走る都営バスにこの路線はバス停がありません。
東京の自然傾斜の厳しさを実感するとともに
首都高、迎賓館、永田町と交通規制を思い出す路線のひとつでもあります。

(23:58)

2010年05月17日

IMGP1869
東武鉄道では浅草・三社祭のアピールを兼ねて一部の電車にヘッドマークを取り付けて5/12から運行しています。
半蔵門線の直通運転以来、起点となる浅草の集客能力が低下してしまい
東京スカイツリーの集客に浅草の街は必死になっています。
東武鉄道としても役に立てば幸いだと思います。
このヘッドマークは東武鉄道社員さんのデザインだそうです。
IMGP2364
都営バスではこの宮入の日に大幅な交通規制が実施されるため迂回運転などを実施します。この都08系統日暮里駅〜竜泉〜東武浅草駅〜錦糸町駅系統も臨時バス停を設置して運行確保していました。
大幅な渋滞であったようですが普段なら日暮里から15-20分程度の
所要時間でありますが。。。どの程度の所要時間であったのでしょうか。
IMGP2400
初夏を彩る東京・浅草の三社祭は最終日の16日、浅草神社から3基の本社神輿を担ぎ出す「宮出し」がありました「神輿乗り」を禁じることで復活して2年目で今年もおとなしくなっているかな?と眺めにいってきました。
街を練り歩く神輿の周りは多くの見物客でごった返し、
下町は夜まで熱気に包まれていました。
IMGP2403
18時過ぎ雷門前には多くの見物客が集まり宮入への二之宮の神輿を見送りました。祭り期間3日間の人出は計約160万人になったそうです。。


(04:20)

2010年05月16日

IMGP2286
雷門の提灯は三社祭で神輿が下を通る時は
持ち上げられるようになっています。
観光路線バス「S-1両国駅行」が浅草雷門の交差点を曲がってきました。
平成15年8月3日、江戸開府400年記念事業の一環として
新調された提灯は直径3.3m、高さ3.9m、重さ700kgと
以前のものより一回り大きくなりました。
今年も提灯が上がるときがやって来ました!近づく夏を意識させる
三社祭です。
IMGP2310
三社祭は、正和元年(1312)から三社の神話に基づき船祭が始められたと云われています。毎年5月に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭であります。
かつては観音祭・船祭・示現会に分かれていましたが、1872年から5月17・18日に行われていましたが現在では交通事情や各町の情勢変化で、慣例通りの5月17、18両日の大祭執行が不可能となり、昭和38年から17,18日に近い金曜日に神輿神霊入れを行うようになりました。土曜に氏子各町連合渡御、第三日曜日に本社神輿の各町渡御を行います。例大祭式典、びんざさら舞奉納などもそれに伴い日程が動くようになりました。現在の祭礼は3日間で毎年約150万人の人出が見込まれています。
IMGP2299
5月15日(土)の正午からは、町内神輿連合渡御が行われ浅草氏子44ヶ町・約百基の町内神輿が浅草寺本堂裏広場に参集した後、浅草神社で神輿一基ずつお祓いを受けて発進する様子は壮観であります。

浅草地域は都営バスの交通の要所でもあり各方面からバスがやってきます。
たどり着いたバスの車内は渋滞と言う遅延より神輿に驚いた表情と
ドライバーの安全確保の鋭い眼差しでありました。
IMGP2331
池袋からはるばるやってきた
草64系統池袋駅東口〜王子駅経由〜浅草雷門系統。
雷門の前で葛西ばやしがお出迎えとなりました。
「葛西囃子」は 葛飾方面に古るくから伝はる郷土芸術の一とつで享保の初年に葛西金町の鎮守香取神社の神主 能勢環氏の郷土の青少年の情操に思いをいたし和歌ばやしといふ一種のはやしを教え 次第に江戸近郷の祭礼に愛賞され神霊を慰めたのがその起因といわれています。
IMGP2318
尚、浅草寺本堂工事と浅草神社社務所新築工事のため、各行事で規制区域が設けられている。大勢の見物客であふれる町内神輿連合渡御を、境内で見物できる場所は狭く限られて16日の本社神輿の宮出し・宮入りの、境内での見物は入場が規制される見込みです。
IMGP2290
建設中の東京スカイツリーは日々順調に育っています。
ただいま368mとなりました。
写真の上23系統 平井駅〜十間橋〜浅草雷門〜上野松坂屋系統は
浅草、押上、八広などを経由し下町散策には適した路線のひとつで
あります。
都営浅草線浅草駅利用の場合、西馬込よりの階段A1口から
交差点を渡り比較的すいて雷門方面へ行くことができます。

(02:42)