2010年06月

2010年06月30日

100629_222417_M
政治に翻弄された郵便事業会社の小包部門と日本通運ペリカン便事業の統合は一時期、別会社設立統合との方向でしたが政府の経営介入により郵便事業会社への民間宅配便統合となり、システムなどはペリカン便のシステム・運用方式を導入し慣れ親しんだ郵便事業会社の小包部門の人々に混乱や戸惑いを起こしていますが逆に統合させられるペリカン便の末端では残酷な解雇、契約打ち切りなどが行なわれたようです。
IMGP4724
10年以上ペリカン便で山間部の配達を委託されて方でそこにはゴルフ場など宅配便が得意とする分野でありその地域で、二人でチームを組み一年365日ローテンションを組み働き、配達してきた請負人が日本郵便の宅配便統合に伴い契約をやはり打ち切られたという。ゴルフ場の方からの信頼は絶大で一手に請負人に任せてくれていてまた、ゴルフ場だけではなく山間部の配達は大変ですから地域の方からの信頼も厚かったようだ。ペリカンからJPEXに移ったときにすでにこれまでより収入が下がったが、地域の信頼もありやりがいもあり
これまで続けてきたそうです。 JPEX解散の報が流れ、日本郵便への異動の打診があるからと、そのときにはきちんとした説明と個々人から要望を聞く機会も与えられると、上からは言われていたとのことですが実際は統合前の5月になってようやく周知が始まったが、具体的な説明は何もなく、ただJPEX解散に伴い所属替えが行われると。委託労働者は一旦契約切りの上再度日本郵便と新たに契約を結ぶことになりその契約内容の説明はなく6月3日になって突然「選定外」と通知され 配達請負人が委託されている地域は委託地域からはずされるということだというのです。会社説明によると、日本郵便に異動の際はこれまでとは違う配達地域の契約となる。そのときに初めて説明された契約条件は、これまでの収入が半減する条件を提示された。小包は季節ごとの増減が激しく年間一定の収入が保障されているわけではないのでペリカン便は、閑散期の保障が出てわずかな金額1〜2万円ですが請負人などの信頼などをつなぎ貰えることより山間部の配達制度を守ってきました。守るほうの請負人なども「会社の気持ちがわかり嬉しかった」と言っていました。郵便事業会社の「ゆうパック維新」は民間宅配便の信頼をどのように統合し信頼を引き継いでいくのでしょうか。それは日本郵政の労働者でなく組織の信頼であることは言うまでもありません。
080606_200104_M
7月1日付で共同出資会社「JPエクスプレス」の「ペリカン便」事業と4100人の従業員を日本郵便が引き受けとあり、さらに非正規雇用の正規雇用化が話題になっています。民間宅配便統合の中で日本郵政が受け入れる「従業員」の中に、委託・請負労働者はどのくらい含まれているのでしょうか。ペリカン便はかねてより委託・請負労働者の割合が多い。日本郵便が彼らに示した契約条件は大幅な収入減を含むもので、業者によっては撤退を強いられ、一部は会社解散をも余儀なくされたペリカン便は33年の幕を下ろしました。

(23:58)

2010年06月29日

IMGP4707
今日は梅雨らしい空の下、帰宅時間帯の秋葉原で元総理大臣そして前自由民主党総裁が参議院選挙の候補者の応援演説を目撃しました。
あれから一年、彼の周りはメッキリと寂しくなったように
思えましたが。。。

選挙運動とは特定の選挙に、特定の候補者の当選をはかること又は当選させないことを目的に投票行為を勧めることで選挙運動は、公示日(告示日)に立候補の届け出をしてから投票日の前日までに限りすることができます。それ以外の期間、たとえば、立候補届出前にする選挙運動は事前運動として禁止されています

このあたりはタレント候補など選挙公示など
微妙な時期にやったりしますが政治活動として
動くそうなので合法になったりするそうです。
IMGP4720
雨が止みそうな演説中。。。元総理は支援を求めていました。
IMGP4731
▲ネットなどで有名になった口調・麻生節は変わっていませんでしたが
現職総理の頃に比べるとパワーが落ちたような。。。
右側にいるのはSPのようです。
IMGP4722
実は街宣車の周りは警備でギッシリでした。その横をゆっくりと都バスが
秋葉原駅中央ロータリーに入ってきました。

(02:22)

2010年06月28日

IMGP7475
浅草通りと三つ目通りの交差点にある本所吾妻橋駅です。
この駅の周辺は住宅街や最近話題の東京スカイツリーなど再開発なども
話題となっています。
また墨田区各地域を結ぶ路線バスはこの交差点に結合し
最寄には墨田区役所もあり墨田区の玄関的な駅ともなっています。
IMGP4695
都営浅草線では7月の17日の成田スカイアクセス開業に伴う時刻変更を実施します。浅草線であまり利用者の多くない本所吾妻橋駅ですが
通勤電車の利便向上や駅勢圏の変化は再開発とともにどのように
変化していくでしょうか。
東京の通勤電車でも朝の通勤時間帯の
都営浅草線の押上⇒本所吾妻橋は低い方となっています。
IMGP0359
試運転が続く「成田スカイアクセス」の通勤電車タイプの車両です。
大雨の中、安全のために試運転はどんな気象条件の中でも試されています。
都営浅草線では「アクセス特急」「エアポート快特」として運行される予定
となっています。
相互直通運転に伴う列車種別の変更や似たような種別、
似たような?行き先、列車種別や停車駅に
戸惑ってしまうこともあると思いますよね(笑)
IMGP4641
線路は続くよどこまでも〜と。
最後の新製車両が工場から運び出されてきました。
開業を告知するCMも始まりました。
空港という空をイメージした色がここでは海をイメージしてしまうのは
相互直通運転のなせる技!?!?

7月17日 成田スカイアクセス開業 !

〜都営浅草線・北総線の利便性も向上します〜


(03:36)

2010年06月25日

JPエクスプレスの宅配便事業(ペリカン便)は、
2010年7月1日、郵便事業株式会社に承継することとなりました。
あまり報道などされないまま夏の繁忙期を迎えることとなります。
IMGP8886
ペリカン便の引受けは業務は同年6月30日をもちまして終了させてとなります
が、事業承継先である郵便事業株式会社が提供している「ゆうパック」にサービスを引き継ぎますので、同日以降につきましては、「ゆうパック」として利用することになります。
100623_140823_M
このため現在、日本郵政やJPエクスプレスでは現場の混乱や
業務運行の訓練などの不足から不安の声が上がっているそうです。
7月1日というのは「お中元」という夏の繁忙期の始まりで
その日に業務が一気に拡大、人員移動、業務変更が実施されます。
6月30日の夕方から郵便ダイヤは「移行ダイヤ」となり
主に地域間移動を伴う運送便の時刻変更が実施されます。
全国に統括支店が49箇所、新設されるターミナルが21箇所
日通ペリカン便からの施設活用、航空搭載便の変更、
区分搭載方法の変更など大幅に業務が変わることになります。
IMGP4649
日本通運のペリカン便は民間宅配便の雄として早くから全国ネットワークを築いてきて多くの利用者がいました。
全国のさまざまなイベントの裏方として活躍していました。
昨年の12月の統合が決まり発表された内容を要約すると

◎両社は、お客様へのサービスレベルを維持し宅配便事業の強固な
経営基盤を構築するためにJPエクスプレス株式会社(以下、「JPEX」)
から日本郵便に承継する資産等について合意しました。
◎ 承継に当たっては、お客様にご迷惑をおかけしないこと及び従業員の雇用の確保に向けて 最善の努力を尽くすこととしております。
◎併せて、ペリカン便のお客様の日本郵便への円滑な移行、JPEXで働く従業員の雇用の 確保、及び、承継までの間のサービスを維持するためのJPEXへの支援等について、 引き続き、両社で協力していくことを確認しております。
◎商品サービス、移行手続等の具体的な内容については、今後、ご案内していく予定にして おります
IMGP1098
日通の宅配便としての商品はさまざまにあります。「ゆうパック」との統合で
果たして全国の配達までに訓練は行き届いているのでしょうか。
7月から一部の「ゆうパック」サービスの改変も実施されます。
この宅配便統合問題は昨年の夏に総務大臣が社員の訓練時間が余りに短いと
延期要請をしてストップをかけたのが始まりでした。
IMGP5744
政治の流れに翻弄された「ゆうパック」は
利用者に見えないまま7月1日新しいスタートが始まろうとしています。

郵便のシステムは運送便のほかに配達、取集や集荷などを
あります。使い慣れた組織のシステムは新しい組織を導入するうえで
とても熱い夏になりそうですね。

(23:58)

2010年06月24日

IMGP3920
朝夕を中心に利用者が定着しまたディズニーリゾート閉園時間帯は大混雑が
目立つようになってきた「環七シャトルバス」です。
バス停周辺は「環七シャトル」沿線たよりや行政のお知らせ掲示板などが
整備されてバス停の屋根もリニューアルされつつあります。
ディズニーリゾート発着便は混雑が目立ちますが
葛西臨海公園駅発着系統は概ねすいています。
この環七シャトルは「亀有駅・小岩駅⇔葛西駅⇔葛西臨海公園駅」の
区間でICカード一日乗車券で乗車利用することが出来ます。


京成バス・京成タウンバスでは、東京都区内路線で1日に何度でも
利用出来る「ICカード1日乗車券」を車内で付加発売しております。
大人用(500円)小児用(250円)ともにあります。
1日に3回以上のご乗車時には大変お得です。
(通常運賃は1乗車大人210円、小児110円)
葛飾区・江戸川区の南北交通が不便な地域にはバスの乗継が効率的となります。
この1日乗車券ICカードサービスは事前にICカード(Suica/Pasmo)や
モバイルSuica、ViewSuica、多機能一体型パスモを
用意する必要がありますのでご注意を。
車内でPasmoなどは発売していません。
※他社の1日乗車券が記録されているカード内に
新たに都内1日乗車券を記録した場合は
既に記録されている乗車券にデータが上書きされますので
ご注意くださいネ。

☆JR常磐線⇔北総線⇔京成線⇔JR総武線
☆JR総武線⇔都営新宿線⇔東西線

の短絡ルートなど検討してみたり観光の散策にいかがでしょうか。
IMGP4498
 6月6日(日曜日)から27日(日曜日)の小岩菖蒲園まつりに向けて、区内の路線をPR用ラッピングバスが走行してましてこのバス車両は、小岩菖蒲園まつりのイメージをラッピングしたバスで、まつり開催期間中の6/27日までの土曜・日曜には、JR小岩駅と小岩菖蒲園を結ぶシャトルバスとして運行しています。
IMGP4512
東京都区内路線が有効区間ですが例外もありまして葛飾区の水元5丁目〜埼玉県三郷市〜八潮市を走る「金61系統金町駅〜戸ケ崎操車場〜八潮駅」の
路線は全区間乗車できます。今年の4月より一日乗車券のIC化に
伴い始まったサービスであります。
八潮駅から金町駅系統は1時間に2本程度の運転ですが
金町駅〜戸ヶ崎操車場の間は頻繁に運転され
水元公園などの観光の足も担っています。
路線・系統で一日乗車券有効区間を設定しているため
京成バスの八潮駅〜戸ケ崎〜松戸駅系統には利用・乗車できません。
IMGP4488
小岩駅⇔金町駅を結ぶ「小55 小岩駅〜金町駅系統です」
柴又街道をメインに帝釈天・新柴又駅・鎌倉・京成小岩と地域の足として
頻繁に運行本数が確保されている路線で総武線と常磐線の間を
20分程度で結び鉄道短絡にも利用者は多くいます。
IMGP4509
京成金町線は7月5日に高砂駅高架化に伴う時刻変更を実施します。
日中運転本数は4本となりおおむね15分間隔の運転となります。
平日朝夕ラッシュ時間帯は6本程度の運行本数が確保されます。

柴又観光に遠路の方や花火大会輸送には活躍する
路線のひとつでもあります。
総武線と並行する本線(上野・日暮里・市川・八幡・中山・船橋)と
ドコまで需要が創出できるか期待したいところであります。

(23:57)